米FRB、外国銀行規制強化 邦銀も対応を迫られる
2012/12/17   海外法務, 金融法務, 海外進出, 外国法, 金融・証券・保険

事案の概要

米連邦準備制度理事会(FRB)は14日、米国で事業を行う外国銀行に対する規制を強化すると発表した。

対象となるのは、国内外問わず全体で500億ドルを超える資産を保有する外銀で、今後、中間持ち株会社の設立を義務づけられるとともに、米国銀行同様に厳しい自己資本比率規制を受けることになる。
これまで、外国銀行は、米国国内には十分な自己資本がなくとも、本国の親会社に十分な自己資本があれば、米国内に現地法人や支店を設立して、事業を行うことができた。しかし、このたびの欧州経済危機を受け、FRBは、外国銀行であっても、資産規模の高い外国銀行が経営破綻した場合には、米国に深刻な影響を及ぼしうると判断し、規制を強化することとした。2015年7月1日に施行する予定。

コメント

三菱東京UFJ銀行など日本のメガバンク3行も、この規制強化を受けて、対応を余儀なくされる。中間持ち株会社設立に関する費用や、自己資本の強化など、米国内での事業展開に更なるコストがかかることが懸念される。

シェアする

  • はてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • TKC
  • 法務人材の紹介 経験者・法科大学院修了生
  • 法務人材の派遣 登録者多数/高い法的素養

新着情報

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビの課題別ソリューション

企業法務人手不足を解消したい!

2007年創業以来、法務経験者・法科大学院修了生など
企業法務に特化した人材紹介・派遣を行っております。

業務を効率化したい!

企業法務業務を効率化したい!

契約法務、翻訳等、法務部門に関連する業務を
効率化するリーガルテック商材や、
アウトソーシングサービス等をご紹介しています。

企業法務の業務を効率化

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビに興味を持たれた法人様へ

企業法務ナビを活用して顧客開拓をされたい企業、弁護士の方はこちらからお問い合わせください。