欧州委員、パナ、東芝などに制裁金
2012/12/06   独禁法対応, 独占禁止法, メーカー

事案の概要

欧州連合(EU)欧州委員会は五日、パナソニック、東芝を含む欧州、アジアの家電大手七社がテレビ、コンピューター画面用のブラウン管の生産・販売で世界的なカルテルを結びEU競争法に違反したと発表した。うち六社に総額約十四億七千五十一万ユーロ(約千六百億円)の制裁金を科した。欧州委がカルテルに対して科した制裁金としては過去最大規模という。
 欧州委は、各社の経営幹部も関与し、約十年にわたり世界のブラウン管市場を支配してきた「最も悪質で、典型的なカルテル」とし、欧州の消費者に多大な被害を与えたと厳しく批判した。 制裁を受けたのは日本の二社のほか、韓国のサムスンSDIとLG電子、欧州のフィリップスとテクニカラー。台湾企業一社はカルテルの存在を欧州委に通告したことが評価され制裁金を免れた。パナソニックは約一億五千七百四十七万ユーロ(約百七十億円)、東芝は約二千八百四万ユーロ(約三十億円)の制裁金をそれぞれ単独で科された。
 欧州委の発表によると、各社は一九九六~二〇〇六年、テレビ画面用ブラウン管とコンピューター画面用ブラウン管に関し個別カルテル二件を結び、談合の上、価格操作や市場の分割、生産調整などを実施した。パナソニックと東芝はテレビ用ブラウン管カルテルに参加した。各社は頻繁に日本を含むアジアや欧州各国の都市で会合を開いたという。テレビやコンピューターの画面は現在、液晶画面やプラズマ画面に取って代わられ、ブラウン管の生産はほぼ終了した。

コメント

談合やら、ブラウン管やらと何やら時代を感じさせるニュースである。苦戦が続く昨今の日本企業にしてみれば、古き良き時代の苦い思い出というところであろうか。制裁にめげることなく、いま一度世界に日本企業ここにありというところを見せて欲しいものである。 

シェアする

  • はてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • TKC
  • 法務人材の紹介 経験者・法科大学院修了生
  • 法務人材の派遣 登録者多数/高い法的素養

新着情報

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビの課題別ソリューション

企業法務人手不足を解消したい!

2007年創業以来、法務経験者・法科大学院修了生など
企業法務に特化した人材紹介・派遣を行っております。

業務を効率化したい!

企業法務業務を効率化したい!

契約法務、翻訳等、法務部門に関連する業務を
効率化するリーガルテック商材や、
アウトソーシングサービス等をご紹介しています。

企業法務の業務を効率化

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビに興味を持たれた法人様へ

企業法務ナビを活用して顧客開拓をされたい企業、弁護士の方はこちらからお問い合わせください。