著作権法改正 そのダウンロードは適法? 違法?
2012/10/02   知財・ライセンス, 著作権法, その他

事案の概要

 日本は米国に次ぐ世界第2位の音楽市場だが、配信サイトからのダウンロードのうち、合法的な購入はわずか1割にすぎないと推定されている。海賊版の配信を巡っては米国と欧州連合(EU)でも対策法が検討されたが、いずれも個人の自由やプライバシーの侵害だとして反発を呼んでいる。

 日本レコード協会によれば、国内の音楽配信市場は昨年16%減と、2年連続で縮小した。そこで、日本の音楽業界が目標とするのは、2007年から違法ダウンロードの取り締まりに乗り出した韓国のケースだ。韓国の法律はネットのプロバイダーに、違法ダウンロードをしたユーザーへの警告を義務付けている。初回の警告で7割が違法行為を中止するといった効果が上がっているという。

コメント

 これまで海賊版のダウンロード配信により、本来著作権者が受けられるべき利益が侵害されてきたことは確かである。著作権というとすぐさま頭に浮かぶのは書籍の類だろうが、記事の内容のように音楽や映像作品ももちろん保護されることになる。
 
 あくまで、刑罰が科されるダウンロードは『違法と知りながら』なされたものに限られているが、合法的な公式配信サイトには「エルマーク」が表示されているはずである。これが無いサイトからのダウンロードをした場合には、違法であることを知っていたもしくは知っていた可能性があるという、いわゆる『未必の故意』が認められる可能性がある。

 音楽等をダウンロードするときには「エルマーク」の有無には気をつけよう。

関連サイト

CNN.co.jp

シェアする

  • はてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • TKC
  • 法務人材の紹介 経験者・法科大学院修了生
  • 法務人材の派遣 登録者多数/高い法的素養

新着情報

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビの課題別ソリューション

企業法務人手不足を解消したい!

2007年創業以来、法務経験者・法科大学院修了生など
企業法務に特化した人材紹介・派遣を行っております。

業務を効率化したい!

企業法務業務を効率化したい!

契約法務、翻訳等、法務部門に関連する業務を
効率化するリーガルテック商材や、
アウトソーシングサービス等をご紹介しています。

企業法務の業務を効率化

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビに興味を持たれた法人様へ

企業法務ナビを活用して顧客開拓をされたい企業、弁護士の方はこちらからお問い合わせください。