Google、履歴追跡問題で17億6000万円支払いへ
2012/08/10   海外法務, 外国法, IT

事案の概要

 米グーグル社がWebブラウザ「サファリ」の履歴を追跡していた問題で、米連邦取引委員会(FTC)は9日、同社が消費者に事実と異なる説明をしていたと発表した。グーグルは2250万ドル(約17億6000万円)の民事制裁金を支払うことに同意し、FTCと和解した。
 この問題は、米グーグル社が米アップル社のスマートファン「iPhone」などに標準装備されているネット閲覧ソフト「サファリ」に向けて、利用者の閲覧履歴を追跡できるようにする特殊なプログラムを送り込んだというもの。アップル社のパソコン「Mac」やスマートフォン「iPhone」などに標準装備されている「サファリ」では、初期設定では第三者による履歴追跡を拒否できる設定になっている。しかし、今年2月、スタンフォード大学セキュリティ研究所の学生の公表した調査結果により、グーグルは特定の条件下でこの設定を迂回する方法を利用して、ユーザーのWeb履歴に関する情報を収集していたことが発覚した。グーグル社は、サファリユーザーに対して、初期設定ではユーザーのWeb履歴を追跡することはないと説明していたが、FTCはこの説明は事実と異なるとして問題視。さらにグーグルの行為は、昨年10月にFTCと合意した和解条件に違反すると判断し、今回の和解金の支払いに至った。

コメント

 和解金2250万ドルの支払いは、一つの企業がFTCに対して行うものとしては過去最高額である。昨年378億ドルの売り上げを誇ったグーグル社にとっては直ちに痛手となるものではない。しかし、FTCには消費者のプライバシーを保護する姿勢があることを、内外の企業に対して強く伝えるメッセージとなったと捉えることができる。スマートフォンなど情報端末が行き渡ると、企業や組織が個人情報を収集することがより容易になる。ユーザーのプライバシーを保護するための制度的担保が迫られている。

【関連リンク】
FTCの発表

グーグルの情報収集は是か非か「日経新聞」

シェアする

  • はてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • TKC
  • 法務人材の紹介 経験者・法科大学院修了生
  • 法務人材の派遣 登録者多数/高い法的素養

新着情報

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビの課題別ソリューション

企業法務人手不足を解消したい!

2007年創業以来、法務経験者・法科大学院修了生など
企業法務に特化した人材紹介・派遣を行っております。

業務を効率化したい!

企業法務業務を効率化したい!

契約法務、翻訳等、法務部門に関連する業務を
効率化するリーガルテック商材や、
アウトソーシングサービス等をご紹介しています。

企業法務の業務を効率化

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビに興味を持たれた法人様へ

企業法務ナビを活用して顧客開拓をされたい企業、弁護士の方はこちらからお問い合わせください。