B型肝炎の患者が全国15地裁で一斉追加提訴
2012/06/28   訴訟対応, 民事訴訟法, その他

概要

 乳幼児期の集団予防接種の注射器使い回しでB型肝炎に感染したとして、患者らが国に賠償を求めた訴訟で、患者675人が27日、全国15地裁で一斉に追加提訴した。同訴訟をめぐり原告は計5184人になったが、和解は470人にとどまっている。

 基本合意では、患者は裁判を起こし、血液検査などの書類で集団予防接種と感染の因果関係を証明して50万~3600万円の和解金を受け取る。

 北海道原告団副代表の清本太一さん(35)は「基本合意後、和解は提訴者の1割。早期救済を願って合意した我々の気持ちがないがしろにされている。国は早く救済してほしい」と述べた。

コメント

 合意当初、国は書類提出から1~2か月ほどで集団予防接種と感染の因果関係について判断できるとしていたが、実際は平均して6か月かかっている。和解の進みは遅いといわざるをえず、被害者の救済が実効的になされていない現実がある。

シェアする

  • はてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • TKC
  • 法務人材の紹介 経験者・法科大学院修了生
  • 法務人材の派遣 登録者多数/高い法的素養

新着情報

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビの課題別ソリューション

企業法務人手不足を解消したい!

2007年創業以来、法務経験者・法科大学院修了生など
企業法務に特化した人材紹介・派遣を行っております。

業務を効率化したい!

企業法務業務を効率化したい!

契約法務、翻訳等、法務部門に関連する業務を
効率化するリーガルテック商材や、
アウトソーシングサービス等をご紹介しています。

企業法務の業務を効率化

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビに興味を持たれた法人様へ

企業法務ナビを活用して顧客開拓をされたい企業、弁護士の方はこちらからお問い合わせください。