音楽権利者団体 新技術による違法音楽配信対策を推進
2012/06/06   知財・ライセンス, 著作権法, エンターテイメント

事案の概要

日本音楽著作権協会(JASRAC)や日本レコード協会(RIAJ)などの音楽権利者6団体2社は4日、新たな違法音楽配信対策を進めていくと発表した。インターネット上の違法音楽ファイルを特定するというモジュールを、インターネットサービスプロバイダ(ISP)に対して導入するよう共同で働きかける。

このモジュールは著作権情報集中処理機構(CDC)が運用している正規音楽配信の利用楽曲報告データ処理のためのDBとシステムを活用して、違法音楽ファイルを特定することができる。これを無料レンタル掲示板サービス事業者などのISPが導入することにより、事業者は違法音楽ファイルのアップロード直後に特定し、削除が可能になる。

JASRACによれば、これまでの違法音楽配信対策は、権利者が違法音楽ファイルを個別に特定した上で、事業者に通知して削除を依頼する手続きが必要だったため、違法音楽ファイルがアップロードされてから削除するまでに多大な時間がかかり、事後的な対策とならざるを得なかったという。一方、このモジュールを導入した事業者は、自らの判断で違法音楽ファイルかどうかを判断し、利用規約に基づいて削除を行えるのが特徴だ。
音楽権利者とISP双方の負担が軽減されることが見込まれる、このモジュールの導入の推進・拡大が違法音楽配信根絶に向けた大きな前進になるものと期待される、としている。

コメント

違法音楽ファイルは、違法であることがわからないまま一般人にダウンロードされている恐れも考えられるため、違法音楽ファイルそのものがインターネット上に存在しないという状態になることが望ましいと言える。よって、削除にもスピード感が求められると考えられる。本モジュールはこのスピード感を上げられ、関係者の負担も減らせるという点で優れていると言え、情報発信によって導入拡大が進むことを望みたい。

シェアする

  • はてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • TKC
  • 法務人材の紹介 経験者・法科大学院修了生
  • 法務人材の派遣 登録者多数/高い法的素養

新着情報

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビの課題別ソリューション

企業法務人手不足を解消したい!

2007年創業以来、法務経験者・法科大学院修了生など
企業法務に特化した人材紹介・派遣を行っております。

業務を効率化したい!

企業法務業務を効率化したい!

契約法務、翻訳等、法務部門に関連する業務を
効率化するリーガルテック商材や、
アウトソーシングサービス等をご紹介しています。

企業法務の業務を効率化

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビに興味を持たれた法人様へ

企業法務ナビを活用して顧客開拓をされたい企業、弁護士の方はこちらからお問い合わせください。