【法務NAVIまとめ】外国人労働者の雇用について
2016/01/22   労務法務, 外国人雇用, 労働法全般, その他

1 外国人雇用の現状

 外国人労働者の雇用は増加傾向にある。その背景には、労働力不足と国際化への対応がある。
外国人雇用の現状はどうなっているの?

 平成26年10月末現在、外国人雇用者を雇用している事業所数は、137,053箇所であり、外国人労働者は787,627人であり、前年より約8~10%の増加となった。
「外国人雇用状況」の届出状況(平成26年10月末現在)

2 外国人を雇うメリットとデメリット

 外国人を雇用することによって、事業の国際化に対応出来ることや新しい発想などが生まれるなどのメリットがある。
外国人を雇うメリットと留意点

 アルバイト雇用においては、外国人留学生が労働力として着目されている。
外国人留学生を採用するメリット

外国人雇用のデメリットとしては、言葉や文化が違うことによる意見の違い・衝突が生じることや、雇用手続が日本人と異なることなどがある。
外国人雇用のデメリット

3 外国人を雇用する場合のルール

 外国人を雇用する上では、以下のルールがある。特に外国人の在留資格を確認することが重要だ。
外国人を雇用する上でのルール
在留資格と就労適否の関係をみる
在留資格の区分により、働くことの出来る範囲も決まっている!

 外国人の不法就労が発覚した場合、雇用主は入管法違反で刑事責任を負う可能性がある。
外国人を雇う場合に想定される法的問題点

4 外国人雇用手続

 雇用手続については以下を参照して欲しい。

募集から入社後の労務管理ToDoリスト
外国人雇用の第一歩はビザ申請にあり
採用前に強く推奨される確認すべきこと

 外国人であっても、社会保険や労災保険等への加入手続きは日本人と同様に必要とされる。
外国人労働者と各種保険について
外国人雇用に関する質問に答えます

シェアする

  • はてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • TKC
  • 法務人材の紹介 経験者・法科大学院修了生
  • 法務人材の派遣 登録者多数/高い法的素養

新着情報

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビの課題別ソリューション

企業法務人手不足を解消したい!

2007年創業以来、法務経験者・法科大学院修了生など
企業法務に特化した人材紹介・派遣を行っております。

業務を効率化したい!

企業法務業務を効率化したい!

契約法務、翻訳等、法務部門に関連する業務を
効率化するリーガルテック商材や、
アウトソーシングサービス等をご紹介しています。

企業法務の業務を効率化

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビに興味を持たれた法人様へ

企業法務ナビを活用して顧客開拓をされたい企業、弁護士の方はこちらからお問い合わせください。