取引先が倒産したときの対応まとめ

初めに

「老人福祉・介護事業」の倒産が急増(出典 東京商工リサーチ)したとの記事がありました。取引先が倒産すると多くの対応に追われることになります。
そこで取引先が倒産した場合、取引先への債権回収のためにどのような対応をすればいいのかまとめてみました。

相手先の情報の確認

まず相手先の倒産情報を入手した場合には、相手先の実情の確認を行います。具体的には、営業継続の有無と代表者の所在です。
相手先が営業を継続しているかでその後の対応が変わってきます。倒産には再生型と清算型の2種類があり、再生型であればその企業の営業は継続しますが、清算型だと営業が終了します。清算型と再建型 (出典 朝日中央グループ)
代表者の所在を確認するのは、相手先の状況を知るには代表者に直接話を聞くことが一番相手先の状況を知ることができるからです。営業継続していない場合は逃亡していることもあります。代表者が不在だと清算がなされず放置されるおそれがありますので、債権者が破産申し立てをすることも含めて対応します。
また、倒産会社に実際に出向き、速やかに現場確認を行うことも重要です。MCCライブラリーVol.9 緊急(倒産)対応(1) (出典 三井物産クレジットコンサルティング株式会社)

債権債務の確認

取引先が倒産した場合、その取引先との契約書を基に、債権の金額や種類を確認し、未回収債権をすべて把握することが必要です。
そのうえで取引先への商品出荷予定と納品済み商品の所在・転売先の確認、取引先に対する債務の有無、担保・保証人の有無、手形の有無、他の債権者の動向確認をします。
取引先が倒産した場合、どのような情報を収集するべきか(出典 BUSINESS LAWYERS)

倒産手続きが開始された場合

取引先の情報が得られずに、突然取引先が破産手続きや民事再生手続きを開始した場合には、個別の取り立てを行うことは原則禁止されます。債権届出期間内に債権届出、担保権の付されている個別財産について権利行使、取引先と債権債務が対立している場合に相殺を行うことが必要となります。
取引先が破産手続を開始 (出典  湊総合法律事務所)
取引先が民事再生手続を開始 (出典  湊総合法律事務所)
債権届をされる方へ (出典 裁判所)

平時に取れる対応策

平時の契約から相手方が倒産した時に対応できるような契約書・契約条項を作成するという対応策があげられます。取引先が倒産した/しそうである(出典 高根法律事務所)
具体的対応としては、相殺権の確保、相殺予約の合意、担保による回収、動産売買先取特権による回収などがあるので、平時からこれらの対応が取れるようにしておきます。取引先の倒産に備えるための平時の対応 (出典 弁護士法人阿部・楢原法律事務所)
取引先の信用不安や、倒産の情報は営業の方が初めに入手することが多いと思いますので、営業と法務で連携して対応することが重要です。営業部は情報を入手したら法務部へ第一報を入れ、情報収集を行います。これを受けて法務部は前述のような確認を行います。営業と法務の連携による債権の管理・回収 (出典 弁護士法人 栄光) 

最後に

取引先への債権回収をできるかぎり図るため、平時から対応策をとっておくこと、倒産の情報を入手した場合には営業と法務で連携して情報収集、情報分析をして対応をする必要があります。

企業法務ナビよりお知らせ
本記事は、約1年前に投稿された記事です。法律を内容とする記事の特性上、その改正や他の特別法の施行、経過措置期間の経過、関連判例の出現などによって内容が古くなり、現在は誤りとなる可能性がありますので、ご注意下さい。
関連業務タグ:
関連法律タグ:
 
[著者情報] ntakahashi

詳細情報はありません。

このニュースに関連するセミナー

法務NAVIまとめ 事業再生・倒産 倒産法
第93回MSサロン(名古屋会場)
2018年02月15日(木)
19:00 ~ 21:00
2,000円
名古屋市中区丸の内
講師情報
和田圭介
愛知県春日井市出身
京都大学法学部・Duke大学LLM卒業。
2005年弁護士登録。
2013年ニューヨーク州弁護士登録。
世界最大規模の国際法律事務所であるクリフォードチャンス法律事務所を経て、
2015年、IBS法律事務所を開設。
国内外の企業法務案件を主に扱っており、国際取引・英文契約を得意としている。
大手総合商社・外資系企業の法務部への出向経験があるため、企業法務の現場の問題意識にも通じている。
セミナー(60分)の後、交流会(60分)を行います。
今回のセミナー内容は、 「法務部員のための国際仲裁入門」です。
申込・詳細はコチラ
法務NAVIまとめ 事業再生・倒産 倒産法
第92回MSサロン(大阪会場)
2018年02月06日(火)
19:00 ~ 21:00
2,000円
大阪府大阪市北区
講師情報
山口昌之
2005(平成17)年10月
大阪弁護士会に弁護士登録
なにわ共同法律事務所入所
2015(平成27)年1月
山口法律会計事務所入所
セミナー(60分)の後、交流会(60分)を行います。
今回のセミナー内容は、 「社員の不祥事に対する会社としての対処法(第2回)」です。
申込・詳細はコチラ

あわせて抑えておきたい関連記事

【法務NAVIまとめ】リコールと製造物責任(PL)法... はじめに 今月21日、ダイハツ工業は、同社の軽乗用車「タント」の部品に腐食の恐れがあるとして、リコールを国土交通省に届け出ました。 自社製品について、販売後に欠陥が見つかった場合、企業はどのような責任を負うのでしょうか。 今回は、製造物責任(PL)法について検討します。 PL法の概要 PL...
【特集】第3回目 社員・役員を告訴する手続まとめ ... 第1 はじめに  こんにちは。企業法務ナビの企画編集部です。「社員が犯罪を行った場合の企業の対応」というテーマで特集記事をお送りしてきましたが、第3回目の今回が最終回となります。今回は、犯罪を犯した社員・役員を会社が刑事責任を追及する手続、いわゆる告訴の手続についてみていきたいと思います。 ...
【特集】第1回目 株主総会の招集通知について... 第1 はじめに  こんにちは。企業法務ナビの企画編集部です。先月、今年行われた株主総会における株主からの議案に対する、大手信託銀行(三井住友、三菱UFJ、みずほ)及び生命保険会社(第一生命、明治安田生命、住友生命、日本生命)計7社の議決権行使状況が公表され、その内の4社が前年度に比べて議案への...