取引先が倒産したときの対応まとめ

初めに

「老人福祉・介護事業」の倒産が急増(出典 東京商工リサーチ)したとの記事がありました。取引先が倒産すると多くの対応に追われることになります。
そこで取引先が倒産した場合、取引先への債権回収のためにどのような対応をすればいいのかまとめてみました。

相手先の情報の確認

まず相手先の倒産情報を入手した場合には、相手先の実情の確認を行います。具体的には、営業継続の有無と代表者の所在です。
相手先が営業を継続しているかでその後の対応が変わってきます。倒産には再生型と清算型の2種類があり、再生型であればその企業の営業は継続しますが、清算型だと営業が終了します。清算型と再建型 (出典 朝日中央グループ)
代表者の所在を確認するのは、相手先の状況を知るには代表者に直接話を聞くことが一番相手先の状況を知ることができるからです。営業継続していない場合は逃亡していることもあります。代表者が不在だと清算がなされず放置されるおそれがありますので、債権者が破産申し立てをすることも含めて対応します。
また、倒産会社に実際に出向き、速やかに現場確認を行うことも重要です。MCCライブラリーVol.9 緊急(倒産)対応(1) (出典 三井物産クレジットコンサルティング株式会社)

債権債務の確認

取引先が倒産した場合、その取引先との契約書を基に、債権の金額や種類を確認し、未回収債権をすべて把握することが必要です。
そのうえで取引先への商品出荷予定と納品済み商品の所在・転売先の確認、取引先に対する債務の有無、担保・保証人の有無、手形の有無、他の債権者の動向確認をします。
取引先が倒産した場合、どのような情報を収集するべきか(出典 BUSINESS LAWYERS)

倒産手続きが開始された場合

取引先の情報が得られずに、突然取引先が破産手続きや民事再生手続きを開始した場合には、個別の取り立てを行うことは原則禁止されます。債権届出期間内に債権届出、担保権の付されている個別財産について権利行使、取引先と債権債務が対立している場合に相殺を行うことが必要となります。
取引先が破産手続を開始 (出典  湊総合法律事務所)
取引先が民事再生手続を開始 (出典  湊総合法律事務所)
債権届をされる方へ (出典 裁判所)

平時に取れる対応策

平時の契約から相手方が倒産した時に対応できるような契約書・契約条項を作成するという対応策があげられます。取引先が倒産した/しそうである(出典 高根法律事務所)
具体的対応としては、相殺権の確保、相殺予約の合意、担保による回収、動産売買先取特権による回収などがあるので、平時からこれらの対応が取れるようにしておきます。取引先の倒産に備えるための平時の対応 (出典 弁護士法人阿部・楢原法律事務所)
取引先の信用不安や、倒産の情報は営業の方が初めに入手することが多いと思いますので、営業と法務で連携して対応することが重要です。営業部は情報を入手したら法務部へ第一報を入れ、情報収集を行います。これを受けて法務部は前述のような確認を行います。営業と法務の連携による債権の管理・回収 (出典 弁護士法人 栄光) 

最後に

取引先への債権回収をできるかぎり図るため、平時から対応策をとっておくこと、倒産の情報を入手した場合には営業と法務で連携して情報収集、情報分析をして対応をする必要があります。

関連業務タグ:
関連法律タグ:
 
[著者情報] ntakahashi

詳細情報はありません。

このニュースに関連するセミナー

法務NAVIまとめ 事業再生・倒産 倒産法
第91回MSサロン(東京会場)
2017年11月22日(水)
19:00 ~ 21:00
2,000円
東京都新宿区
講師情報
近内京太
2006年の弁護士登録以来、丸の内総合法律事務所にて、企業の法律顧問業務のほか、M&A、株主総会、危機管理、海外取引、企業関係訴訟、その他の企業法務全般を取り扱う。
2003年京都大学法学部、2016年ワシントン大学ロースクール(LLM)卒。2017年ワシントン州司法試験合格。2011年1月~2012年6月預金保険機構、2016年8月~2017年7月米国シアトルのShatz Law Group勤務。
趣味は、ロングトレイルを中心にランニング全般。
[近時の著作]
「自動運転自動車による交通事故の法的責任~米国における議論を踏まえた日本法の枠組みとその評価[上]・[下]」(国際商事法務44巻10号1449頁・11号1609頁) (2016)
American Bar Association, Section of International Law, Regional and Comparative Law: Asia Pacific, 51 The Year In Review 579 (2017)
セミナー(60分)の後、交流会(60分)を行います。
今回のセミナー内容は、 「民法(債権法)改正の概要と約款取引について企業のとるべき対応」です。
申込・詳細はコチラ

あわせて抑えておきたい関連記事

不当労働行為まとめ 1.はじめに  NHKが、受信料の集金スタッフでつくる日本放送受信料労働組合との団体交渉に応じなかったとの疑いを持たれていたことから、2016年12月22日に中央労働委員会がNHKのその団体交渉の拒否に不当労働行為を認定したことが明らかになりました。そこで、今回は不当労働行為についてまとめます...
【法務NAVIまとめ】英文契約書入門 ◆はじめに◆ 今回は、法務担当者に求められることの多い、英文契約書の作成、チェックに関する事項をまとめました。 これから英文契約書に携わる、という方のご参考になれば幸いです。 ◆英文契約書と日本語の契約書◆ 英文契約書のドラフト、レビューについても、日本語の契約書の場合と考え方はほぼ同じで...
職場におけるスモークハラスメントのまとめ... はじめに  2016年から注目が増している「スモークハラスメント」。通称スモハラは、職場での受動喫煙によるトラブルが増えています。スモハラが原因のトラブルが増えたことで、厚生労働省は、受動喫煙の対応に動き始めており、今後の企業に対する禁煙対策が注目されます。     1 職場におけるスモーク...