水素水の賞味期限?食品ネット販売と企業の情報提供

法務担当者が“法務”を語る新しいWEBメディアはコチラ

はじめに

 消費者庁は、23日、4月28日に行われた第5回「食品のインターネット販売における情報提供のあり方懇談会」の議事録を公開した。五回目の開催となる本会では、食品のネット販売を利用する際に必要としている情報、必要な情報をどのように提供してもらいたいかについて、消費者6名による意見のヒアリングがされた。
 現時点では、食品のインターネット販売における情報提供につき食品表示法上の規制はなく、なんらかの法制度やガイドラインが示される可能性があるため、注目される。

食品のインターネット販売における情報提供のあり方懇談会とは

 容器包装入りの食品については、平成27年4月1日に食品表示法が施行され、表示内容の量・質ともにこれまで以上に充実した食品表示制度が始まった。購入時に食品自体が遠隔地にある場合、消費者は当該食品を手に取って、その表示を確認することができない。しかし、食品表示法は、「食品を摂取する際の安全性の確保」及び「一般消費者の自主的かつ合理的な食品の選択の機会の確保」を実現することを目的として、食品表示基準を定めて食品関連事業者等に表示義務を課している。その趣旨を踏まえれば、食品に表示されている情報がインターネットでの購入時にも消費者に提供されることが望ましい。購入時に食品自体が遠隔地にある業態の中で、インタ ーネット販売は、近年急成長してきた業態であり、今後も成長が見込まれる。
 そこで、これらを踏まえ、インターネット販売における情報提供の促進を図っていく観点から、消費者に必要な情報の内容、その提供方法、事業者にとって実行可能性のある情報提供を促進するための方策を、幅広く検討する趣旨で開催されている会合が食品のインターネット販売における情報提供のあり方懇談会である(食品のインターネット販売における情報提供の在り方懇談会開催要領http://www.caa.go.jp/foods/pdf/151204_shiryou1.pdfより)
 計9回の懇談会の後、今秋には報告書が公表される予定である。

今回のヒアリングで提出された意見

 ある消費者は、インターネット販売においては、購入してから手元に来るまでに時間的なギャップがあるため、賞味期限や消費期限が消費者に必要な情報として重要であるとの意見を提出した。また、他の消費者も、容器包装には製造から2,3日が浅漬け3から5日が食べごろで深漬けとして食べられる旨の表示があるのに、ネットでは載っていなかったため、浅漬けの時に食べることができなかったとの経験を指摘していた。

コメント

 食品のインターネット販売では、店舗から持って帰る手間がないため、またまとめ買いで割引となることが多いため、大量に購入することも多い。そうすると、賞味期限や消費期限内に消費できるか否かが重要である。
 また、賞味期限や消費期限を積極的に表示することで、消費者に安心を提供することができる。
 このように顧客の満足の向上に資するため、法改正がなされる前でも、法務担当者は商品ページの担当者に賞味期限等の表示を提案してみても良いだろう。

企業法務ナビよりお知らせ
本記事は、約4年2ヶ月前に投稿された記事です。法律に関連する記事の特性上、法改正や特別法の施行、経過措置期間の経過、新たな条文解釈を示唆する判例の登場などにより、記事の内容と現在の法律運用・解釈との間に齟齬が生じている可能性もございます。何卒、ご注意ください。
関連業務タグ:
関連法律タグ:
 
[著者情報] gamo

詳細情報はありません。

日々の法務業務を効率化したい方はコチラ

このニュースに関連するセミナー

コンプライアンス
《大阪会場》第125回MSサロン(企業法務研究会)「弁護士との付き合い方:顧問弁護士編」
2020年02月25日(火)
19:00 ~ 21:00
2,000円
大阪府大阪市北区
講師情報
溝上 絢子
大阪教育大学附属高等学校池田校舎卒業
大阪大学法学部卒業
大阪大学大学院法学研究科修士課程修了

2003(平成15)年04月
司法研修所入所(57期)
2004(平成16)年10月
大阪弁護士会に弁護士登録 当事務所入所
2008(平成20)年04月 - 2010(平成22)年9月
大阪大学高等司法研究科(ロースクール)非常勤講師
2011(平成23)年04月 - 2012(平成24)年03月
大阪弁護士会 常議員
2017(平成29)年07月 - 現在
吹田市立男女共同参画センター運営審議会委員
大阪弁護士会 高齢者・障害者総合支援センター運営委員会委員
大阪弁護士会 男女共同参画推進本部委員
セミナー(60分)の後、交流会(60分)を行います。
セミナー部分では法務担当者のための意見交換会を行いたく考えています。
今回のテーマは「弁護士との付き合い方:顧問弁護士編」です。
詳細はコチラ (申込は、終了しています。)
コンプライアンス
《東京会場》2020年の注目すべき法改正と法務トピック
2020年02月25日(火)
13:30 ~ 16:30
22,000円(税込)
東京都港区
講師情報
淵邊 善彦
ベンチャーラボ法律事務所 代表弁護士

1987年 東京大学法学部卒業
1989年 弁護士登録
1995年 ロンドン大学UCL(LL.M.)卒業
2000年よりTMI総合法律事務所にパートナーとして参画
2008年より中央大学ビジネススクール客員講師(13年より同客員教授)
2016年より2018年まで東京大学大学院法学政治学研究科教授
2019年ベンチャーラボ法律事務所開設

主にベンチャー・スタートアップ支援、M&A、国際取引、一般企業法務を取り扱う。

主著として、『業務委託契約書作成のポイント』(共著)、『契約書の見方・つくり方(第2版)』、『ビジネス法律力トレーニング』、『ビジネス常識としての法律(第2版)』(共著)、『シチュエーション別 提携契約の実務(第3版)』(共著)、『会社役員のための法務ハンドブック(第2版)』(共著)などがある。
2020年は改正民法、改正独禁法、働き方改革関連法など重要な法改正が施行され、個人情報保護法などの改正も予定されています。

本セミナーは、これらの法改正の概要とそれがビジネスにどのような影響を与えるかを具体的に解説します。

重要な法改正の動きを俯瞰的に把握するとともに、各法改正が実務に与えるインパクトを理解することにより、社内においてメリハリがついた対応策を検討したり、社内研修を行ったりするための参考にしていただきたいと思います。

また、今年特に話題になりそうな法務トピックを取り上げ、その最新の状況をご紹介し、自社の法務部門の今後を考えるきっかけとしてもご活用いただける内容になっています。
詳細はコチラ (申込は、終了しています。)
※セミナー広告を掲載したい方は、コチラ