在住外国人に対する無料法律相談が開催されます。

法務担当者が“法務”を語る新しいWEBメディアはコチラ

東京パブリック法律事務所が、2010年10月31日に外国人向け無料法律相談会を行う。 対応言語は、日本語、英語、韓国語、フランス語、スペイン語、ポルトガル語、インドネシア語、ベンガル語、タイ語、フィリピン語、ベトナム語、ビルマ語など。

この他にも各弁護士会が外国人に対して、無料の法律相談をおこなっている。日本に在住する外国人の法律問題には、婚姻・離婚、入国・在留、労働問題などがある。

東京パブリック法律事務所は、2002年に弁護士会の支援・協力により開設された法律事務所で、様々な公益活動を行うことを目的としている。所属弁護士は、2010年10月1日現在で15名。

企業法務ナビよりお知らせ
本記事は、約9年3ヶ月前に投稿された記事です。法律を内容とする記事の特性上、その改正や他の特別法の施行、経過措置期間の経過、関連判例の出現などによって内容が古くなり、現在は誤りとなる可能性がありますので、ご注意下さい。
 
[著者情報] xxxxxxx

詳細情報はありません。