原子力損害賠償支援機構法を考える。

明かり

原子力賠償支援機構法が成立

東京電力福島第1原子力発電所事故の賠償を進めるための原子力損害賠償支援機構法が、3日成立した。
同法は5日にも施行され、巨額の賠償金を抱える東電の資金繰りを支えるための原子力損害賠償支援機構が今月中にも設立される見通しだ。
同法では、第1義的な賠償責任を負う東電を破綻させないよう、新設される機構を通じて資本注入や資金援助を行い、被害者への賠償金を支払う仕組みを整える。

賠償の仕組み

原子力損害賠償支援機構には、東電や原発を持つ他の電力会社などが負担金を拠出する。また、政府は、同機構に必要に応じて換金できる最大2兆円分の国債を交付して、同機構に必要な資金を調達させる。その他、金融機関は追加融資を行う。
機構は、これらの資金を基に、優先株の配当と引き換えに東京電力へ資本を注入する。
東京電力は、注入された資本・東京電力内でのリストラ等の自助努力・毎年の利益から被害者への賠償金を捻出し、賠償に充てる。なお、東京電力が同機構から受け取った資金は、最終的には全て返済することになっている。

現状

東京電力はこれまで、約16万人を対象に生活費や営業被害など総額690億円の仮払いを実施してきた。事故収束の見通しは依然不透明さを拭えず、また、最近では原発周辺地域のみならずかなりの広範囲にわたり、農業・漁業・牧畜業をはじめとして影響が拡大していることから、今後も最終的な賠償額決定までには長い年月を要するとみられる。
東京電力では、リストラ、約6000億円規模の資産売却を進める方針で、保有株式の売却なども検討中だが、買い叩きへの懸念もあり、慎重に進める構えだ。
機構らによる資本注入が行われた場合でも、東京電力の経営難に変わりはない。事故収束への費用も収益を圧迫するため、料金値上げも検討する。

評価

成立した法案に対する評価は様々であるが、全部あるいは一部について批判的見解を持つ人が少なくないように思われる。今回の事故は、“想定外”の“特殊”な事故であるため、対応も“想定外”で“特殊”なものになることは致し方なかろう。すなわち、本来的には、株式会社たる東京電力は、保有資産を売却する等して負担する莫大な賠償金支払いを行い、それが不可能となれば倒産、株主が有限責任を負い、東京電力の債権者が債権放棄するというプロセスを踏むはずであるが、その影響が大きすぎるため、機構の設立による東京電力存続を選ばざるをえないということであろう。
ただし、電力事業そのものが他の事業と比べて本来的に特殊性を持っている訳ではなく、電力事業の在り方・電力供給の方法が、電力事業を特殊ならしめてきたことに鑑みれば、例外的措置に飛びつく前に、もう一度原則論に立ち戻り、なぜ電力事業に原則論が適用できなくなってしまったのかを考える必要があるように思われる。

【関連リンク】

企業法務ナビよりお知らせ
本記事は、約6年19日前に投稿された記事です。法律を内容とする記事の特性上、その改正や他の特別法の施行、経過措置期間の経過、関連判例の出現などによって内容が古くなり、現在は誤りとなる可能性がありますので、ご注意下さい。
 
[著者情報] xxxxxxx

詳細情報はありません。

このニュースに関連するセミナー

法務コラム
第87回MSサロン(名古屋会場)
2017年09月13日(水)
19:00 ~ 21:00
2,000円
名古屋市中区丸の内
講師情報
和田圭介
愛知県春日井市出身
京都大学法学部・Duke大学LLM卒業。
2005年弁護士登録。
2013年ニューヨーク州弁護士登録。
世界最大規模の国際法律事務所であるクリフォードチャンス法律事務所を経て、
2015年、IBS法律事務所を開設。
国内外の企業法務案件を主に扱っており、国際取引・英文契約を得意としている。
大手総合商社・外資系企業の法務部への出向経験があるため、企業法務の現場の問題意識にも通じている。
セミナー(60分)の後、交流会(60分)を行います。
今回のセミナー内容は、 「製造業のための民法(債権法)改正実務対応」です。
申込・詳細はコチラ
法務コラム
第86回MSサロン(大阪会場)
2017年09月06日(水)
19:00 ~ 21:00
2,000円
大阪府大阪市北区
講師情報
溝上絢子
2004(平成16)年10月
大阪弁護士会に弁護士登録、なにわ共同事務所入所

2008(平成20)年4月~2011(平成23)年9月
大阪大学高等司法研究科(ロー スクール) 非常勤講師
セミナー(60分)の後、交流会(60分)を行います。
今回のセミナー内容は、 「取引基本契約を締結する際の下請法をめぐる留意点」です。
詳細はコチラ (申込は、終了しています。)
法務コラム
第88回MSサロン(東京会場)
2017年09月26日(火)
19:00 ~ 21:00
2,000円
東京都新宿区
講師情報
田中 誠
キリンホールディングス株式会社グループ法務担当主幹
兼キリン株式会社法務部主幹

1985年3月 中央大学法学部法律学科 卒業
1985年4月 麒麟麦酒株式会社(現キリンホールディングス㈱)入社
1990年10月~2004年3月 同社総務部法務課2004年4月~2012年4月 同社不動産事業部門配属後、同社不動産関連子会社に出向
2012年4月 キリンホールディングス株式会社グループ法務担当 兼 キリン株式会社法務部に異動、現在に至る
セミナー(60分)の後、交流会(60分)を行います。
今回のセミナー内容は、 「上場会社株主総会の最近の実務」です。
申込・詳細はコチラ

あわせて抑えておきたい関連記事

「オワハラ」 初の実態調査へ 文科省... 事案の概要  企業が内々定を出した学生に対し以降の就職活動を終えるよう働きかける行為や、内定を出す際の条件として長期的に学生を拘束する行為等のうち過剰なものが「就活終われハラスメント(オワハラ)」と呼ばれ問題視されている。文部科学省は、今年度、大学の就職支援担当部署などを対象に、初の実態調査に乗り...
ビッグデータの利用はどうなる?個人情報保護法改正原案が明らかに!... 個人情報保護法改正案が明らかに 今月18日、政府が今国会での成立を目指す個人情報保護法改正案の「原案」が明らかになりました。昨年12月に同法改正の「骨子」が示されていましたが、今回の「原案」は、「骨子」に盛り込まれた諸々の改正点につき消費者団体及び経済団体からの批判、そして要望に配慮した内容となっ...
竹島の所有権問題 国際司法裁判所への訴訟手続に... 事案の概要  政府は今月17日、韓国の李明博(イ・ミョンバク)大統領の竹島訪問への対抗措置として、国際司法裁判所(ICJ)への訴訟手続きに入ると発表した。領有権問題の平和的な解決を目指すとともに、竹島は日本固有の領土だという立場を国際社会に訴えるのが狙いである。  ICJでの裁判の開廷には、両...