来秋で終了、特定労働者派遣事業とは

はじめに

日経新聞電子版は20日、改正労働者派遣法に基づき来年2018年9月に特定労働者派遣事業が廃止されることを控え、派遣事業者が新たに許可を取得する動きが出ている旨報じました。新たな許可基準の厳格さから、許可取得件数は廃業件数の4分の1程度とのことです。今回は派遣業許可の新基準について見ていきます。

労働者派遣法の改正点

労働者派遣法は2015年9月30日に改正法が施行されました。これにより派遣事業者は、自社の従業員に教育や訓練、コンサルティングなどを行うキャリアアップ措置が義務付けられ、従来、研究や通訳といった特定の業種(いわゆる26業種)以外は派遣期間制限が設けられておりましたが、それも大幅に緩和されました。また派遣労働者と派遣先の同種業務従事者との均衡待遇の確保義務に加え、派遣労働者からの求めにより賃金水準の決定、福利厚生の実施、教育訓練の実施義務が課されました。そして従来は特定労働者派遣事業と一般労働者派遣事業に分かれており、前者については届出のみで事業を営むことが可能となっていたところを廃止とし、許可制による一本化がなされることとなりました。

特定労働者派遣業とは

特定労働者派遣業とは、派遣元に常時雇用されている社員を他社に派遣する業態の派遣業を言います。一般的には派遣元に正社員として雇用されております。主にITや機械系の技術者が多く、派遣先企業からの依頼によって派遣し、派遣先の指揮の下に労働を行ないます。いわゆるアウトソーシングとも呼ばれ、旧法では届出のみで開業することができておりました(旧16条)。これに対し一般労働者派遣業とは、労働者が派遣元に常時雇用されておらず、非正規雇用や登録型の雇用形態となっており、そのような労働者を派遣する形態となっております。一般に派遣業といえばこちらを指すことが多く、日雇い労働もこちらに含まれます。この場合、特定労働者派遣業と異なり、届出では足りず、厚生労働大臣による許可を受ける必要があります。本改正によりこれらは一本化され、2018年9月30日をもって前者は廃止となります。それ以降は許可受けなければ営むことはできなくなります。以下新基準を示します。

新しい許可基準

(1)専ら労働者派遣の役務を特定の者に提供することを目的としていないこと。
(2)派遣労働者に係る雇用管理を適正に行うに足りる能力を有するものとして以下に適合すること。
 ①派遣労働者のキャリア形成支援制度を有すること。
 ②教育訓練等の情報を管理した資料を労働契約終了後3年間保存していること。
 ③派遣契約の終了のみを理由として解雇できる旨の規定を置いていないこと。
 ④派遣契約終了後、派遣元の責任により次の派遣先が見つけられない場合の手当の規定があること。
 ⑤派遣労働者に対し、安全衛生教育の実施体制を整備していること。
 ⑥雇用安定措置の義務違反により指導を受け、是正していない者でないこと。
(3)個人情報を適正に管理し、派遣労働者等の秘密を守るために必要な措置が講じられていること。
(4)事業を的確に遂行するに足りる能力を有するものであることして以下の基準をみたすこと。
 ①資産から負債を控除した額が2,000万円✕事業所数、現預金額が1,500万円✕事業所数以上であること。
 ②事業所の面積がおおむね20平方メートル以上であること。

コメント

以上のように派遣事業の新許可基準は全体的に見て、旧法時代のものよりも要件が強化されております。特に(2)の各要件は今回新しく追加されたもので、これがかなりの関門になっていると言えるでしょう。しかしその反面要件が緩和されている部分もあります。(4)の資産要件に関しては、当分の間は事業所が一つで派遣労働者が10人以下である小規模事業者の場合は1,000万円(現預金額は800万円)、派遣労働者が5人以下の場合は500万円(現預金額は400万円)で良いとされております。2015年のピークの頃には7万件程度あった特定派遣事業所は現在約5万5000となっておりますが、来年の10月からはそれら全てが廃止となります。また昨今、派遣ではなく主に請負の形で派遣している事業者でも、コンプライアンス意識の向上により、派遣先企業から派遣業の許可の取得が求められるとの声も上がっております。これまでの届出制と比べると、今回の許可基準はかなりの負担となると言えますが、上記基準を踏まえて余裕をもって許可申請を行っていくことが重要と言えるでしょう。

企業法務ナビよりお知らせ
本記事は、約1年3ヶ月前に投稿された記事です。法律を内容とする記事の特性上、その改正や他の特別法の施行、経過措置期間の経過、関連判例の出現などによって内容が古くなり、現在は誤りとなる可能性がありますので、ご注意下さい。
関連法律タグ:
 
[著者情報] mhayashi

詳細情報はありません。

※記事コンテンツを掲載したい方は、コチラ

このニュースに関連するセミナー

法務コラム 法務ニュース コンプライアンス 労務法務 労働者派遣法
《名古屋会場》第109回MSサロン
2019年04月03日(水)
19:00 ~ 21:00
2,000円
名古屋市中区丸の内
講師情報
和田 圭介
略歴:
愛知県春日井市出身
愛知県立旭丘高校卒業
2004年 京都大学法学部卒業
2005年 弁護士登録(58期 第二東京弁護士会)
クリフォードチャンス法律事務所外国法共同事業入所
2008年 フランス系ラグジュアリーブランド日本支社(出向)
2010年 アメリカ、Duke University School of Law(法学部)LLM卒業
2010年 クリフォードチャンス香港オフィス(出向)
2011年 日系の大手財閥系総合商社のイギリス子会社の法務部(出向)
2013年 ニューヨーク州弁護士登録
2015年 IBS法律事務所開設(愛知県弁護士会に登録換え)
2017年 オリンピア法律事務所 パートナー
セミナー(60分)の後、交流会(60分)を行います。
今回のセミナー内容は、「基礎からわかる人工知能(AI)に関する法律問題」です。
申込・詳細はコチラ
法務コラム 法務ニュース コンプライアンス 労務法務 労働者派遣法
《札幌初開催》第111回MSサロン
2019年04月18日(木)
18:30 ~ 20:30
2,000円
札幌市中央区
講師情報
岡崎 拓也
平成13年3月 早稲田大学法学部卒業
平成13年10月 司法試験合格
平成15年10月 弁護士登録(56期/札幌弁護士会)
       田中敏滋法律事務所(現在「札幌英和法律事務所」)
平成23年7月 岡崎拓也法律事務所設立
平成23年9月 社会福祉法人北海道光生会・評議員(現在、評議員のみ現任)
平成25年11月 株式会社ホクリヨウ監査役(現任)
平成27年4月 札幌弁護士会常議員会副議長
平成27年6月 フルテック株式会社監査役
平成28年4月 札幌弁護士会副会長
平成28年6月 フルテック株式会社監査等委員取締役(現任)
セミナー(60分)の後、交流会(60分)を行います。
今回のセミナー内容は、「スタートライン企業法務」です。
申込・詳細はコチラ
法務コラム 法務ニュース コンプライアンス 労務法務 労働者派遣法
《東京開催》AIによる英文契約翻訳システム T4OO事例セミナー
2019年04月03日(水)
15:45 ~ 17:15
無料
東京都新宿区
講師情報
登島 和弘
サイネオス・ヘルス合同会社
アジア太平洋地域法務責任者

1961年神戸市生まれ
中央大学法学部法律学科卒
立命館大学法務研究科修了
スタンレー電気㈱総務部庶務課法務担当を皮切りに、日本AT&T㈱(米系)契約課長、松下冷機株式会社法務室主事、
セジデム株式会社(仏系)コーポレートサービス部統括部長・法務部長兼任等、を歴任し、現職。
*企業名は当時のまま。
※日本企業・外資系企業双方で通算30年以上の企業法務・国際法務の経験を有する現役の企業法務責任者です。
AIによる英文契約翻訳システム T4OOを導入している企業の法務担当者が講師を務め、実際の活用事例をご紹介いたします。
申込・詳細はコチラ
法務コラム 法務ニュース コンプライアンス 労務法務 労働者派遣法
《東京開催》少人数法務の為の企業法務研究会
2019年03月27日(水)
19:30 ~ 20:30
無料
東京都渋谷区
講師情報
舩山 達
株式会社フルスピード(東証二部上場)
法務・総務部 部長
慶応義塾大学法学部法律学科卒
大阪市立大学大学院法学研究科法曹養成専攻修了
従業員5人のベンチャー企業に就職。2回の転職を経て現職。
少人数やノウハウの蓄積のないために業務の進め方に不安を持っている法務担当者のための意見交換会です。
今回のテーマは「契約書レビューの手法」です。
詳細はコチラ (申込は、終了しています。)
※セミナー広告を掲載したい方は、コチラ

あわせて抑えておきたい関連記事

TV番組海外転送、2社の上告を棄却 サービス停止、賠償を命じた判決確定... 概要 インターネットを通じて海外で日本のテレビ番組を視聴できるサービスを巡る2件の訴訟の差し戻し上告審で、最高裁第2小法廷(小貫芳信裁判長)は13日付で、サービスしている2社の上告を棄却する決定を出した。サービス提供は著作権法違反に当たるとした上でサービス停止と損害賠償などを命じた知財高裁の差し戻...
株式を1番高い値段で譲渡しなかったとしても役員としての注意義務違反はなし=国際興業の株主代表訴訟... 概要 会社が保有する帝国ホテル株を不当に安く売却し損害を与えたなどとして、国際興業ホールディングス(HD)が、米投資会社サーベラスグループから国際興業に派遣された現旧役員3人に計約260億円の損害賠償を求めた株主代表訴訟の判決が28日、東京地裁であった。谷口安史裁判長は、役員としての注意義務違反は...
中国の知財訴訟が急増!ーその背景と日本企業の対応... 事案の概要  中国において、知的財産に関する訴訟の件数が急増している。2011年において7819件と2006年と比較して約2、4倍である。特許出願数も2011年において、52万件を超え世界一となり、2012年には70万件を突破しておいる。また、商標出願数も150万件を超えており、米国を上回るペース...