京アニ事件で労働局が対応準備、労災認定基準について

法務担当者が“法務”を語る新しいWEBメディアはコチラ

はじめに

 京都労働局長は先月30日の定例会見で、アニメ制作会社「京都アニメーション」の放火殺人事件で亡くなられた従業員が労災の対象となる可能性が高いとして調査に着手したと発表しました。本人や遺族からの請求があれば迅速に対応するとしています。今回は労災認定の要件について見ていきます。

事件の概要

 報道などによりますと、7月18日の午前10時半ごろ、京都アニメーション第一スタジオに男(41)が侵入しガソリンを建物の1階にかけライターで着火したとされます。それにより爆発、火災が生じ当時現地で作業をしていた従業員74名のうち33名が死亡し35名が病院に搬送され、その後さらに2名が亡くなったとのことです。死因は4名が一酸化炭素中毒、2名が窒息、それ以外は焼死と言われております。京都市消防局は建物の防火対策は適切だったとしています。

労災保険制度とは

 労災保険とは雇用保険と並んで事業者に加入が義務付けられている労働保険の一種です。労働者が安心して働けるように各種保険給付を行う制度と言えます。就業中の負傷や疾病、死亡などの際に療養補償給付、休業補償給付、障害補償給付、遺族補償給付などが支給されることとなります。それではどのような場合に「労災」と認定されるのでしょうか。以下具体的に見ていきます。

労災認定基準

(1)業務遂行性
 労災認定の要件としてはまず業務遂行性が挙げられます。業務遂行性とは労働者が労働契約に基づいて事業者の支配下にある状態であったかということです。事業場内で仕事をしている場合だけでなく、事業場内で休憩している場合も同様に支配下にあるとされております。また事業場外で運送や配達などの業務を行っている場合や出張中も同様に認められます。

(2)業務起因性
 そしてもう一つの基準として業務起因性があります。これは怪我や疾病と業務との間に相当因果関係があることを言います。事業場内で業務中に負傷したとしても、それが他の従業員との私的な喧嘩による場合や、業務とは関係がない自然災害などの偶発的な事故による場合は原則として業務起因性が無く労災認定はされないと言われております。しかしそのような場合でも、その業務に内在する危険が具体化して発生した事故と言える場合には業務起因性が認められる場合があります。たとえば鉄塔や電線といった自然災害を受けやすい場所での業務といった場合には認められる可能性が出てきます。また休憩時間中でも業務との関連性や事業主の関与の程度、拘束性などを考慮して業務起因性が認められる場合があります。

コメント

 本件で被害にあった京都アニメーションの従業員は第一スタジオ内で業務を行っていたため業務遂行性は認められるものと思われます。しかし被災の原因が第三者による異常な行為であるため業務起因性が認められるかがポイントになると考えられます。一部過激なファンなどによる嫌がらせや脅迫まがいの行為もあったとされており、業務に内在する危険が具体化したと言えるかが調査されていくのではないでしょうか。このように労災認定がされるかどうかは事案によってかなり微妙な判断を要します。会社側は労災には当たらないと判断しても労基署では労災認定する場合もあります。労災を認める認めないの紛争から、損害賠償などの民事事件に発展する例も多いと言えます。従業員の怪我や疾病が労災に当たるか判断しにくい場合には独自に判断せず、労基署の労災課などの専門家に相談することが重要と言えるでしょう。

関連業務タグ:
関連法律タグ:
 
[著者情報] mhayashi

詳細情報はありません。

このニュースに関連するセミナー

労務法務 労働法
《東京会場》2020年の注目すべき法改正と法務トピック
2020年02月25日(火)
13:30 ~ 16:30
22,000円(税込)
東京都港区
講師情報
淵邊 善彦
ベンチャーラボ法律事務所 代表弁護士

1987年 東京大学法学部卒業
1989年 弁護士登録
1995年 ロンドン大学UCL(LL.M.)卒業
2000年よりTMI総合法律事務所にパートナーとして参画
2008年より中央大学ビジネススクール客員講師(13年より同客員教授)
2016年より2018年まで東京大学大学院法学政治学研究科教授
2019年ベンチャーラボ法律事務所開設

主にベンチャー・スタートアップ支援、M&A、国際取引、一般企業法務を取り扱う。

主著として、『業務委託契約書作成のポイント』(共著)、『契約書の見方・つくり方(第2版)』、『ビジネス法律力トレーニング』、『ビジネス常識としての法律(第2版)』(共著)、『シチュエーション別 提携契約の実務(第3版)』(共著)、『会社役員のための法務ハンドブック(第2版)』(共著)などがある。
2020年は改正民法、改正独禁法、働き方改革関連法など重要な法改正が施行され、個人情報保護法などの改正も予定されています。

本セミナーは、これらの法改正の概要とそれがビジネスにどのような影響を与えるかを具体的に解説します。

重要な法改正の動きを俯瞰的に把握するとともに、各法改正が実務に与えるインパクトを理解することにより、社内においてメリハリがついた対応策を検討したり、社内研修を行ったりするための参考にしていただきたいと思います。

また、今年特に話題になりそうな法務トピックを取り上げ、その最新の状況をご紹介し、自社の法務部門の今後を考えるきっかけとしてもご活用いただける内容になっています。
申込・詳細はコチラ
※セミナー広告を掲載したい方は、コチラ

あわせて抑えておきたい関連記事

弁護士運営のベンチャー企業、「日本版クラスアクション」を通して消費者救済を増やせるか... 1.はじめに  契約トラブルなどの消費者被害の救済を求める手段の一つとして存在する集団訴訟、いわゆる「クラスアクション」に新たな波が生じています。消費者被害を解決するため、インターネット上で被害者を募り、弁護士につなげるITサービス「enjin」が2018年5月に登場しました。運営するのは弁護...
縫製会社を書類送検、労基法の強制貯金規制について... はじめに  青森県十和田市の縫製会社「昭和ドレストワダ研究所」が外国人実習生の賃金の一部を強制的に貯蓄させていたとして26日、十和田労基署は労基法違反の疑いで書類送検していたことがわかりました。逃亡阻止が目的だったとのことです。今回は労基法が禁止する強制貯金について見ていきます。 事件の概要...
弁護士のモラルは低下しているのか? 大阪弁護士会は、今月3日、花村哲男弁護士に対して退会命令を出した。理由としては、弁護士業務をまともに遂行する意思がないとのことだ。 今回の事件は、花村弁護士が依頼人から自己破産の手続きを受任したが、着手金を受け取りながら業務を遂行せず放置した。そのため、依頼人は領収書を提示して着手金の返還を求めた...