司法試験経験者(法科大学院修了生、予備試験受験生)の採用

近年、企業法務の業務量が増え、人員構成、長期視点等から、若手の法務担当者の採用を検討し、
司法試験経験者(法科大学院修了生、予備試験受験生)を採用する企業が増えております。

司法試験経験者の適性

司法試験経験者は、早期に法務業務に対応できる法的素養を備え、論理的思考力、文章力、粘り強さに秀でた方が多く、人物面も真面目で誠実な方が多いため、若手法務担当者採用に適した人材です。

企業ニーズと司法試験経験者採用理由

事例1 事例2 事例3
企業ニーズ

若手の法務担当者を増員したい。

採用理由

年齢が若く法律をしっかり学んできているので、教育をする事で早期に戦力になると判断。年収350万円前後で採用出来る事も理由。

企業ニーズ

法務以外の総務業務も兼任してもらいたい。

採用理由

縁の下の力持ちタイプの方が多く、法務に拘らず積極的に総務業務にも取組む人材が多いと判断。

企業ニーズ

社風や、求める人物像に合う方を採用したい。

採用理由

法務経験者が売り手市場で候補者が少ない為、法科大学院修了生も対象にする事で、法務適性のある候補者を増やし、多くの候補者から厳選出来ると判断。

お問い合わせはこちらから

※当社の個人情報保護方針に同意していただいたうえでお申込ください。

例)鈴木 一郎
必須
例)すずき いちろう
任意
例)株式会社鈴木商事
必須
例)03-1234-5678
必須
例)t-suzuki@example.com
※メールアドレスとして正しい形式で入力する必要があります。
必須
例)t-suzuki@example.com
※入力間違いの確認のため、上記に入力したアドレスを再度ご入力ください。
必須
任意
※不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をご登録アドレスにメールにてお知らせしております。
必須