最高裁 ハンナン元会長の一部無罪を認定 高裁に差し戻し
2012/04/03   訴訟対応, 刑事法, その他

【記事の概要】
最高裁は2日、食品卸大手「ハンナン」の食肉偽装事件に関連し、同社の元会長で詐欺罪や補助金適正化法違反、証拠隠滅教唆罪の罪で起訴されている浅田満被告(73)に一部無罪を言い渡し、大阪高裁に差し戻した。
浅田被告は、元取締役2人に指示して経理書類を破棄したとして、証拠隠滅教唆罪で起訴され、有罪の判決を言い渡されていたが、第1審判決後に経理書類と見られる書類が発見されていた。
最高裁は、2審判決について、「被告の指示で書類を破棄したとする元取締役らの供述は信用出来ない。重大な事実の誤認をした疑いが顕著であり,これを破棄しなければ著しく正義に反する」として、証拠隠滅教唆罪の成立を認めた高裁判決を破棄し、一部無罪を言い渡した。
一方、浅田被告は他の詐欺罪及び補助金適正化法違反についても無罪を主張していたが、最高裁は上記2罪については上告を棄却した。
差し戻し審では、証拠隠滅教唆罪については無罪が言い渡され、詐欺罪及び補助金適正化法違反について改めて量刑についての判断がされる見通しだ。
【雑感】
証拠隠滅教唆罪について、下級審と最高裁で真っ向から違う判断が出たのは注目すべきところであろう。
一部無罪が言い渡されたといっても、ハンナンに対する信用が回復するまではまだ時間がかかるのではないだろうか。
今後の訴訟の行方だけでなく、ハンナンの今後にも注目したい。

シェアする

  • はてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • TKC
  • 法務人材の紹介 経験者・法科大学院修了生
  • 法務人材の派遣 登録者多数/高い法的素養

新着情報

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビの課題別ソリューション

企業法務人手不足を解消したい!

2007年創業以来、法務経験者・法科大学院修了生など
企業法務に特化した人材紹介・派遣を行っております。

業務を効率化したい!

企業法務業務を効率化したい!

契約法務、翻訳等、法務部門に関連する業務を
効率化するリーガルテック商材や、
アウトソーシングサービス等をご紹介しています。

企業法務の業務を効率化

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビに興味を持たれた法人様へ

企業法務ナビを活用して顧客開拓をされたい企業、弁護士の方はこちらからお問い合わせください。