全国初、裁判員として聴覚障害者が審理に参加
2012/01/31   訴訟対応, 民法・商法, その他

Ⅰ、概要

前橋地裁で30日に始まった裁判員裁判において、耳の不自由な男性が裁判員に選任された。これまでに奈良地裁において、聴覚障害者が補充裁判員に選ばれた例はあるが、審理に参加するのは全国で初である。宇都宮地裁で、視覚障害者が選任された例はある。

裁判員法によれば「心身の故障のため裁判員の職務の遂行に著しい障害がある者」(14条1項3号)は裁判員になれないと規定しているが、聴覚障害者でも選任される可能性があることが示された。

審理されたのは、2005年伊勢崎市内で、男性会社員の財布を奪い怪我をさせたとして、強盗致傷罪に問われている元少年(24)の裁判員裁判。

審理では、通訳者が男性と検察官の間に男性と向かい合う形で座り、手話で裁判官や証人のやりとりを伝えた。通訳者は男女4人で、15分交代で通訳にあたった。被告の弁護人は、通訳に配慮しゆっくり分かりやすく話すよう心掛けた、という。

過去に視覚障害者が裁判員に選任された例では、書類が点字にするなどの配慮がされた。

Ⅱ、コメント

聴覚障害者が裁判員に選任されたことは、障害者も健常者と変わらず、裁判を身近なものとして認識することを可能にする点で、裁判員制度の目的に適うものである。
しかし、証言に対する印象等は健常者と異なるであろうし、障害の度合い・サポートの内容によっては、円滑な裁判の進行に影響を及ぼすことも考えられる。
今後、公正・迅速な裁判を志向しつつ、障害者に対するサポートについて研究・議論を尽くし、障害の度合いに関わりなく広く障害者が参加できるような制度を作っていく努力が必要である。

シェアする

  • はてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • TKC
  • 法務人材の紹介 経験者・法科大学院修了生
  • 法務人材の派遣 登録者多数/高い法的素養

新着情報

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビの課題別ソリューション

企業法務人手不足を解消したい!

2007年創業以来、法務経験者・法科大学院修了生など
企業法務に特化した人材紹介・派遣を行っております。

業務を効率化したい!

企業法務業務を効率化したい!

契約法務、翻訳等、法務部門に関連する業務を
効率化するリーガルテック商材や、
アウトソーシングサービス等をご紹介しています。

企業法務の業務を効率化

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビに興味を持たれた法人様へ

企業法務ナビを活用して顧客開拓をされたい企業、弁護士の方はこちらからお問い合わせください。