【グーグル検索予測】今度は名誉毀損認めず
2013/05/31   法務相談一般, 民法・商法, IT

事案の概要

 検索サイト「グーグル」のサジェスト(検索予測)機能で、自分の名前を入力すると犯罪への関与を連想させる語句が表示され、精神的苦痛を被ったとして、男性が米国のグーグル本社と日本法人に200万円の慰謝料と、検索予測の表示差し止めなどを求めた訴訟の判決が30日、東京地裁であった。本多知成裁判長は、原告の請求を棄却した。

 訴状によれば、検索欄に男性の氏名を入力すると、自動的に男性の犯罪への関与を連想させる語句が表示され、クリックするとさらに、男性が事件に関与したとの記載のあるサイトが多数表示される。虚偽の事実により精神的苦痛を被ったと主張。
 これに対しグーグル側は、語句の組み合わせだけでは何の事実も示さず、名誉を毀損しないと反論していた。

 グーグルのサジェスト機能を巡っては、同様の訴訟で、同地裁の別の裁判部が4月に名誉毀損を認める判決を出しており、判断が分かれる格好となった。

コメント

 我々が日常使用している検索エンジン。有名人や組織名を入力すると、否定的なワードが表示されるのを目にすることも多いであろう。

 グーグルが主張するように、予測検索表示だけであれば、何の事実も示さない単なる語句の組み合わせと言えなくもない。しかし、そこからひとたびクリックすると、膨大な数のサイトが表示される。

 否定的ワードを予め削除するのは困難であるが、当事者から事実に反する名誉毀損的なワードの削除を申し立てた場合には、調査の上削除に応じるのが望ましいのではないだろうか。

シェアする

  • はてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • TKC
  • 法務人材の紹介 経験者・法科大学院修了生
  • 法務人材の派遣 登録者多数/高い法的素養

新着情報

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビの課題別ソリューション

企業法務人手不足を解消したい!

2007年創業以来、法務経験者・法科大学院修了生など
企業法務に特化した人材紹介・派遣を行っております。

業務を効率化したい!

企業法務業務を効率化したい!

契約法務、翻訳等、法務部門に関連する業務を
効率化するリーガルテック商材や、
アウトソーシングサービス等をご紹介しています。

企業法務の業務を効率化

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビに興味を持たれた法人様へ

企業法務ナビを活用して顧客開拓をされたい企業、弁護士の方はこちらからお問い合わせください。