また過労でうつ病自殺。大阪地裁、賠償認める。
2013/03/07   労務法務, 労働法全般, その他

事案の概要

 旧農林漁業金融公庫(現日本政策金融公庫)に勤務していた男性(当時38)が自殺したのは、過重労働によるうつ病が原因として、妻(43)らが約1億8千万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、大阪地裁は6日、「うつ病となった原因は業務にある」と判断し、公庫に約8900万円の支払いを命じた。

 判決理由では「公庫は男性が相当な残業をしても業務が遅れがちだったのを認識していたのに、健康状態が悪化しないよう適切な措置を取らなかった」と指摘された。

 判決によると、男性は2005年4月、高松から長崎支店に転勤。転勤直前は残業時間が月100時間近くになり、疲労を解消しないまま長崎で業務を始めた。同年5月下旬までにうつ病を発症し、7月に自殺した。高松労働基準監督署は労災認定をしている。

コメント

 『またか。』という判決である。近年、若年者のSE(システムエンジニア)に関して加重労働によるうつ病を原因とした自殺が認定され、労災認定に加え、損害賠償請求が認められる事案が多い。

 そんな中で、旧農林漁業金融公庫(現日本政策金融公庫)という特殊法人(日本政策金融公庫については特殊会社)についても加重労働によるうつ病を原因とした自殺に対する損害賠償請求が認められるのは珍しいことではないだろう。

 どの企業においても加重労働からくる社員の『うつ病』の発症、それを原因とする『社員の自殺』の危険性をはらんでいる。うつ病の発症にはそれなりの兆候が必ず存在するので、企業側はそれを早期に発見し、適切な精神の健康状態を維持できるように労務管理をしてほしいものである。

厚生労働省のメンタルヘルスについての指針はこちらのリンクへ。
こころの耳
平成19年労働者健康状況調査結果の概況

シェアする

  • はてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • TKC
  • 法務人材の紹介 経験者・法科大学院修了生
  • 法務人材の派遣 登録者多数/高い法的素養

新着情報

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビの課題別ソリューション

企業法務人手不足を解消したい!

2007年創業以来、法務経験者・法科大学院修了生など
企業法務に特化した人材紹介・派遣を行っております。

業務を効率化したい!

企業法務業務を効率化したい!

契約法務、翻訳等、法務部門に関連する業務を
効率化するリーガルテック商材や、
アウトソーシングサービス等をご紹介しています。

企業法務の業務を効率化

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビに興味を持たれた法人様へ

企業法務ナビを活用して顧客開拓をされたい企業、弁護士の方はこちらからお問い合わせください。