シャープ、掃除機広告で過大表示
2012/11/29   広告法務, 景品表示法, メーカー

事案の概要

シャープは28日、電気掃除機の広告の一部が景品表示法違反(優良誤認)にあたるとして消費者庁から再発防止を求める措置命令を受けたと発表した。独自の空気浄化技術「プラズマクラスター」を搭載した掃除機が排気口から放出されるイオンによって部屋全体に浄化効果があると誤解を与える表現になっていた。シャープは掃除機など白物家電を中心にプラズマクラスター搭載品を増やしている。液晶と並ぶ技術として経営の根幹に据えてきただけに販売面への影響が懸念される。
 消費者庁は外部機関に調査を委託し、シャープ製品の広告にうたわれた性能などを調べたという。だが、表示されたような性能は確認できず、室内に浮遊するダニ由来の物質を取り除くと誤認される可能性があると判断したもようだ。
 過去、家電製品で消費者庁や公正取引委員会から景品表示法違反にあたるとして行政処分を受けた例では2009年に日立アプライアンスが発売した冷蔵庫9品がある。同社は幹部社員の減俸処分を含む再発防止策などをすぐに発表。年間の販売台数には影響がなかった。

コメント

今回の措置は業績不振の続くシャープにさらなる追い討ちが加わった格好となった。もっとも業績が不振だからこそ、疑わしい広告で目先の利益を追うのではなく、誠実な態度で顧客と向き合うことが肝要なのではないだろうか。

シェアする

  • はてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • TKC
  • 法務人材の紹介 経験者・法科大学院修了生
  • 法務人材の派遣 登録者多数/高い法的素養

新着情報

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビの課題別ソリューション

企業法務人手不足を解消したい!

2007年創業以来、法務経験者・法科大学院修了生など
企業法務に特化した人材紹介・派遣を行っております。

業務を効率化したい!

企業法務業務を効率化したい!

契約法務、翻訳等、法務部門に関連する業務を
効率化するリーガルテック商材や、
アウトソーシングサービス等をご紹介しています。

企業法務の業務を効率化

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビに興味を持たれた法人様へ

企業法務ナビを活用して顧客開拓をされたい企業、弁護士の方はこちらからお問い合わせください。