法律名: 個人情報保護法 に関する記事一覧

記事:【個人情報漏えい】不正アクセス発覚後の対応【初動対応】のイメージ画像
法務ニュース

【個人情報漏えい】不正アクセス発覚後の対応【初動対応】

gamo (2016/06/28 10:00)

 株式会社ジェイティービー(以下、JTBといいます)は、14日、グループ会社のサーバーが外部から不正にアクセスされ、個人情報が漏えいした可能性があることを発表しました。観光庁は、15日、公表の遅さなどを問題視してJTBに不正アクセス発覚後の対応措置などについて報告書の提出を指示しています。不正アクセス発覚後にいかなる対応策をとるかはその後の企業イメージにも大きく影響します。
 そこで今回は、法務担当者はいかなる対応を検討しておくべきかについて見ていきたいと思います。

記事:【法務NAVIまとめ】日本型クラスアクション(消費者の企業に対する集団訴訟の提起)についてのイメージ画像
法務NAVIまとめ

【法務NAVIまとめ】日本型クラスアクション(消費者の企業に対する集団訴訟の提起)について

arima (2016/06/23 12:00)

今年の6月17日、自動車の燃費偽装が問題となった三菱自動車が、燃費偽装の対象となった
自動車の所有者に対して、一律10万円の補償金を支払うことを表明しました。
しかし、顧客・消費者にとって、自動車という高い買い物に対する不正行為の代償が
10万円にとどまってしまうことに早速不満が出ている模様です。
また、上記のような企業の対策も相手側である消費者がこれに同意しなければ成立しません。
そうすると、三菱自動車の上記対策に対して納得しない消費者が集まり、
企業に対して集団訴訟を提起するリスクが発生します。
そこで、今回は日本型集団訴訟について検討していきます。

記事:三菱東京UFJ銀行が独自の仮想通貨を開発中!?【仮想通貨利用にあたっての法的リスク】のイメージ画像
法務ニュース

三菱東京UFJ銀行が独自の仮想通貨を開発中!?【仮想通貨利用にあたっての法的リスク】

arima (2016/06/13 20:06)

平成28年6月10日、大手銀行の1つである三菱東京UFJ銀行が独自の仮想通貨を開発した上、近い将来銀行実務で活用する予定であることが分かった。
そこで、第一にそもそも仮想通貨とは何か、第二に仮想通貨を用いることのメリットとデメリットについて、第三に仮想通貨を利用するにあったての法的なリスクについて、最後に仮想通貨活用に対する今後の企業側の対策について検討していきます。