ドラッグストアで逮捕、店舗での業務妨害行為について

法務担当者が“法務”を語る新しいWEBメディアはコチラ

はじめに

 名古屋市内のドラッグストアで3月25日、「俺、コロナなんだけど」などと叫び咳をした男が威力業務妨害罪の容疑で逮捕されていたことがわかりました。マスクが売り切れていたことに腹を立てたとのことです。今回は店舗や営業所などで居座りや迷惑行為が行われた場合に成立し得る犯罪について見ていきます。

事案の概要

 報道などによりますと、名古屋市天白区のドラッグストアで25日午後1時頃、来店した男が女性店員にマスクの売り場をたずねたところ既に売り切れていると言われ、腹を立て「俺、コロナなんだけど」などと叫び咳をしたりして営業を妨害したとのことです。男が立ち去った後に店員からの通報を受けて防護服を身に着けた警察官10人が出動し、防犯カメラの映像などから男を特定し威力業務妨害罪の容疑で逮捕したとされます。その後の検査で男は新型コロナウィルスには感染していないことが判明しました。男は容疑を認めているとのことです。

威力業務妨害とは

 刑法234条によりますと、威力を用いて人の業務を妨害した者は3年以下の懲役または50万円以下の罰金が科されることとなります。ここに言う「威力」とは、「犯人の威勢、人数および四囲の情勢からみて、被害者の自由意志を制圧するにたりる勢力」を言うとされております(最判昭和28年1月30日)。相手を怯えさせたり、嫌悪感を覚えさせるような行為が該当すると言えます。なお従業員が労働争議として行う同盟罷業行為などは形式的には「威力」に該当しますが、労働組合法によって認められた正当な行為として違法性が否定されることとなります。

業務妨害の具体例

 実際にあった威力業務妨害の事例としては次のようなものがあります。満員の食堂内に20匹の蛇を撒き散らし大混乱に陥れた事例(最判昭和7年10月10日)。スーパーマーケットの店内にゴキブリ十数匹を撒き散らして大混乱に陥れた事例(神戸簡裁平成28年7月12日)。消防職員が上司の執務室の引き出しに赤く染めた猫の死体を入れておいた事例(最決平成4年11月27日)。市役所に爆発物を仕掛けたとメールを送った事例。普天間飛行場で米軍機にレーザー光線を当てた事例。このように相手に畏怖や嫌悪感などを覚えさせるあらゆる行為が該当することとなります。

その他問題となり得る犯罪

 その他問題となり得る犯罪としてはまず脅迫罪が挙げられます。相手または相手の親族の生命、身体、自由、名誉、財産に対して害を加える旨を告知した場合は脅迫罪となり2年以下の懲役または30万円以下の罰金となります(222条1項、2項)。次に店側から退去を命じられたにもかかわらず居座り続けた場合には不退去罪にも該当し得ることとなります。不退去罪では3年以下の懲役または10万円以下の罰金となります(130条後段)。実際多くの場合で不退去罪に抵触する行為が行われていると言われております。

コメント

 本件で容疑者の男はマスクが売り切れていると言われたことに腹を立て、「俺、コロナなんだけど」「陽性だから」などと叫びながら女性店員に向かって咳をしたとされております。このような行為は外形的に相手方に畏怖や嫌悪感を与えるような行為にあたり威力業務妨害罪に該当する可能性が高いと言えます。また本件ではすぐに立ち去ったとされますが、通常の場合店舗で迷惑行為を行う者は店舗側から退去を求められても退去せず、酷い場合には数時間にも及んで居座ることも多いとされます。このような場合は不退去罪にも該当することとなります。店舗や事務所などで迷惑行為を行った場合はどのような法令違反に該当するのかを把握し、実際に発生した場合に迅速に対処できるよう備えておくことが重要と言えるでしょう。

関連業務タグ:
関連法律タグ:
 
[著者情報] mhayashi

詳細情報はありません。

日々の法務業務を効率化したい方はコチラ

このニュースに関連するセミナー

コンプライアンス
《大阪会場》第125回MSサロン(企業法務研究会)「弁護士との付き合い方:顧問弁護士編」
2020年02月25日(火)
19:00 ~ 21:00
2,000円
大阪府大阪市北区
講師情報
溝上 絢子
大阪教育大学附属高等学校池田校舎卒業
大阪大学法学部卒業
大阪大学大学院法学研究科修士課程修了

2003(平成15)年04月
司法研修所入所(57期)
2004(平成16)年10月
大阪弁護士会に弁護士登録 当事務所入所
2008(平成20)年04月 - 2010(平成22)年9月
大阪大学高等司法研究科(ロースクール)非常勤講師
2011(平成23)年04月 - 2012(平成24)年03月
大阪弁護士会 常議員
2017(平成29)年07月 - 現在
吹田市立男女共同参画センター運営審議会委員
大阪弁護士会 高齢者・障害者総合支援センター運営委員会委員
大阪弁護士会 男女共同参画推進本部委員
セミナー(60分)の後、交流会(60分)を行います。
セミナー部分では法務担当者のための意見交換会を行いたく考えています。
今回のテーマは「弁護士との付き合い方:顧問弁護士編」です。
詳細はコチラ (申込は、終了しています。)
コンプライアンス
《東京会場》2020年の注目すべき法改正と法務トピック
2020年02月25日(火)
13:30 ~ 16:30
22,000円(税込)
東京都港区
講師情報
淵邊 善彦
ベンチャーラボ法律事務所 代表弁護士

1987年 東京大学法学部卒業
1989年 弁護士登録
1995年 ロンドン大学UCL(LL.M.)卒業
2000年よりTMI総合法律事務所にパートナーとして参画
2008年より中央大学ビジネススクール客員講師(13年より同客員教授)
2016年より2018年まで東京大学大学院法学政治学研究科教授
2019年ベンチャーラボ法律事務所開設

主にベンチャー・スタートアップ支援、M&A、国際取引、一般企業法務を取り扱う。

主著として、『業務委託契約書作成のポイント』(共著)、『契約書の見方・つくり方(第2版)』、『ビジネス法律力トレーニング』、『ビジネス常識としての法律(第2版)』(共著)、『シチュエーション別 提携契約の実務(第3版)』(共著)、『会社役員のための法務ハンドブック(第2版)』(共著)などがある。
2020年は改正民法、改正独禁法、働き方改革関連法など重要な法改正が施行され、個人情報保護法などの改正も予定されています。

本セミナーは、これらの法改正の概要とそれがビジネスにどのような影響を与えるかを具体的に解説します。

重要な法改正の動きを俯瞰的に把握するとともに、各法改正が実務に与えるインパクトを理解することにより、社内においてメリハリがついた対応策を検討したり、社内研修を行ったりするための参考にしていただきたいと思います。

また、今年特に話題になりそうな法務トピックを取り上げ、その最新の状況をご紹介し、自社の法務部門の今後を考えるきっかけとしてもご活用いただける内容になっています。
詳細はコチラ (申込は、終了しています。)
※セミナー広告を掲載したい方は、コチラ