東京地裁が課徴金取り消し、インサイダー取引と取消訴訟について

法務担当者が“法務”を語る新しいWEBメディアはコチラ

はじめに

 国際石油開発帝石(INPEX)株のインサイダー取引をしたとして金融庁から課徴金納付命令を受けていた投資運用会社「スタッツインベストメントマネジメント」が国に取り消しを求めていた訴訟で28日、東京地裁は課徴金命令を取り消していたことがわかりました。裁判所によって課徴金が取り消されるのは3例目とのことです。今回はインサイダー取引と取消訴訟を見ていきます。

事案の概要

 報道などによりますと、2010年7月までにINPEXの公募増資の情報を野村證券の機関投資家営業部社員から入手したスタッツが保有していたINPEX株を売り抜けたとして金融庁は2014年に54万円の課徴金納付命令を出しました。スタッツの運用担当者と野村證券の社員との間で「まだかなあ」「もうなくなったんですかね」などといったチャットがかわされていたとのことです。スタッツ側はこれを不服として国に対し納付命令の処分取り消しを求め提訴していました。

インサイダー取引とは

 株式発行会社の内部の人間が、いまだ公表されていない情報を利用して自己または第三者に株取引を行わせる行為をインサイダー取引(内部者取引)と言います。一般の投資家が知り得ない情報に基づいて取引を行うことから、一般の投資家に比べて著しく有利に取引を進めることができ株式取引の公平性と公正性を損なうとされております。そこで金融商品取引法ではインサイダー取引を禁止し(166条)、違反した場合には5年以下の懲役、500万円以下の罰金またはこれらの併科となります(197条の2)。法人にも両罰規定として5億円以下の罰金となり(207条1項2号)、利益も没収・追徴されます(198条の2)。また別途課徴金納付命令が出されることもあります(175条)。

インサイダー取引の要件

 インサイダー取引の要件は①会社関係者が、②上場会社等の業務等に関する重要事項を、③職務等に関して知りながら、④その重要事実が公表される前に、⑤その上場会社等の株式等の取引を行うことと言われております。会社関係者とは役員や帳簿閲覧権者、契約交渉中の取引相手、許認可等を行う公務員などです。重要事項とは公募増資や資本金減少、無償割当、剰余金配当、組織再編、新製品等の開発、災害等による損害や売上高など株価などに影響するあらゆる事項が含まれます。そしてそれらの情報が2以上の情報機関に公開され12時間経過する前に取引を行うとインサイダー取引に該当することとなります。

行政不服と取消訴訟

 一般に国の機関や自治体などの行政庁によって処分がなされた場合、審査請求などの不服申立てを行い、それでも覆らなければ取消訴訟などの抗告訴訟を行うことになります。しかし行政処分によっては特別法により格別に不服手続きが規定されている場合があります。インサイダー取引の課徴金納付命令についても金商法では行政事件手続法は適用除外となっており(185条の20)、審判手続で課徴金が決定してしまえば効力発生日から30日以内に取消訴訟を提起することとなります(185条の18)。

コメント

 本件で東京地裁は、野村證券の担当者の供述を極めて曖昧で重要事実の伝達を直接的に裏付ける証拠とは言えないとし、スタッツのINPEX株の売却を投資担当者としての判断に基づく取引として不自然とは言えないと判断しました。今回は常に投資先の情報を収集して運用している投資運用会社の運用担当者が行っていたことから、それを超えたインサイダー情報による取引かどうかの判断が微妙なものだったと考えられます。以上のようにインサイダー取引はその要件が多く、取引態様も多岐にわたります。インサイダー取引に該当するかも微妙な判断が求められる場合が多いと言えます。インサイダー取引の疑いが生じた場合には、その要件を正確に踏まえた上で適切に争っていくことが重要と言えるでしょう。

関連業務タグ:
関連法律タグ:
 
[著者情報] mhayashi

詳細情報はありません。

このニュースに関連するセミナー

コンプライアンス
《大阪会場》第125回MSサロン(企業法務研究会)「弁護士との付き合い方:顧問弁護士編」
2020年02月25日(火)
19:00 ~ 21:00
2,000円
大阪府大阪市北区
講師情報
溝上 絢子
大阪教育大学附属高等学校池田校舎卒業
大阪大学法学部卒業
大阪大学大学院法学研究科修士課程修了

2003(平成15)年04月
司法研修所入所(57期)
2004(平成16)年10月
大阪弁護士会に弁護士登録 当事務所入所
2008(平成20)年04月 - 2010(平成22)年9月
大阪大学高等司法研究科(ロースクール)非常勤講師
2011(平成23)年04月 - 2012(平成24)年03月
大阪弁護士会 常議員
2017(平成29)年07月 - 現在
吹田市立男女共同参画センター運営審議会委員
大阪弁護士会 高齢者・障害者総合支援センター運営委員会委員
大阪弁護士会 男女共同参画推進本部委員
セミナー(60分)の後、交流会(60分)を行います。
セミナー部分では法務担当者のための意見交換会を行いたく考えています。
今回のテーマは「弁護士との付き合い方:顧問弁護士編」です。
詳細はコチラ (申込は、終了しています。)
コンプライアンス
《東京会場》2020年の注目すべき法改正と法務トピック
2020年02月25日(火)
13:30 ~ 16:30
22,000円(税込)
東京都港区
講師情報
淵邊 善彦
ベンチャーラボ法律事務所 代表弁護士

1987年 東京大学法学部卒業
1989年 弁護士登録
1995年 ロンドン大学UCL(LL.M.)卒業
2000年よりTMI総合法律事務所にパートナーとして参画
2008年より中央大学ビジネススクール客員講師(13年より同客員教授)
2016年より2018年まで東京大学大学院法学政治学研究科教授
2019年ベンチャーラボ法律事務所開設

主にベンチャー・スタートアップ支援、M&A、国際取引、一般企業法務を取り扱う。

主著として、『業務委託契約書作成のポイント』(共著)、『契約書の見方・つくり方(第2版)』、『ビジネス法律力トレーニング』、『ビジネス常識としての法律(第2版)』(共著)、『シチュエーション別 提携契約の実務(第3版)』(共著)、『会社役員のための法務ハンドブック(第2版)』(共著)などがある。
2020年は改正民法、改正独禁法、働き方改革関連法など重要な法改正が施行され、個人情報保護法などの改正も予定されています。

本セミナーは、これらの法改正の概要とそれがビジネスにどのような影響を与えるかを具体的に解説します。

重要な法改正の動きを俯瞰的に把握するとともに、各法改正が実務に与えるインパクトを理解することにより、社内においてメリハリがついた対応策を検討したり、社内研修を行ったりするための参考にしていただきたいと思います。

また、今年特に話題になりそうな法務トピックを取り上げ、その最新の状況をご紹介し、自社の法務部門の今後を考えるきっかけとしてもご活用いただける内容になっています。
詳細はコチラ (申込は、終了しています。)
※セミナー広告を掲載したい方は、コチラ