【イレッサ訴訟】原告敗訴は妥当だったのか?

記事「【イレッサ訴訟】原告敗訴は妥当だったのか? 」のイメージ

イレッサ訴訟の概要

抗がん剤「イレッサ」の副作用として間質性肺炎を発症し、延べ800人以上の肺がん患者が死亡している。遺族らは国と輸入販売会社であるアストラゼネカを相手取り、東京と大阪それぞれで裁判を2004年に起こしたが、和解には至らなかった。2011年、東京では一審で国と会社の責任を認めたものの、二審で国と会社の責任は否定された。大阪に関しては2011年、一審で「薬の添付文書の不備」により、国と会社への責任を認めていた。

すれすれの敗訴

今月25日、大阪高裁は一審での判決を退け、国と会社の責任はないとした。高裁によれば、「添付文書の不備」はなく、「記載を読み取れなかった医師の問題」であるとした。(「」は筆者)この敗訴によって、国とア社から遺族二人への1760万円の賠償支払い判決は退けられた形になった。

抗議集会へ

原告と弁護団は29日、抗議集会を開いた。弱者への視点が欠けていること、行政そのものを変革するという意見が、国会議員らを巻き込んで交わされた。また全日本民医連や全国保険医団体連合会など各団体も今回の判決に対して抗議声明を出している。

コメント

添付文書の不備云々はすれすれの判断だ。原告は最高裁に持ち込む考えであり、裁判所側は高度な司法判断が問われる。800名以上の死者が出ている深刻な事件であり、歴史に残る裁判なのは間違いない。いずれにせよ、慎重を期した司法判断を望むところである。

関連リンク

  • イレッサ訴訟「救済の投げ捨ては許せない」-原告・弁護団が抗議集会(リンク切れ)
  • イレッサ訴訟、大阪も原告全面敗訴…高裁判決(リンク切れ)
  • 薬害イレッサ弁護団
企業法務ナビよりお知らせ
本記事は、約5年2ヶ月前に投稿された記事です。法律を内容とする記事の特性上、その改正や他の特別法の施行、経過措置期間の経過、関連判例の出現などによって内容が古くなり、現在は誤りとなる可能性がありますので、ご注意下さい。
 
[著者情報] komatsuda

詳細情報はありません。

このニュースに関連するセミナー

訴訟・行政
第87回MSサロン(名古屋会場)
2017年09月13日(水)
19:00 ~ 21:00
2,000円
名古屋市中区丸の内
講師情報
和田圭介
愛知県春日井市出身
京都大学法学部・Duke大学LLM卒業。
2005年弁護士登録。
2013年ニューヨーク州弁護士登録。
世界最大規模の国際法律事務所であるクリフォードチャンス法律事務所を経て、
2015年、IBS法律事務所を開設。
国内外の企業法務案件を主に扱っており、国際取引・英文契約を得意としている。
大手総合商社・外資系企業の法務部への出向経験があるため、企業法務の現場の問題意識にも通じている。
セミナー(60分)の後、交流会(60分)を行います。
今回のセミナー内容は、 「製造業のための民法(債権法)改正実務対応」です。
申込・詳細はコチラ
訴訟・行政
第86回MSサロン(大阪会場)
2017年09月06日(水)
19:00 ~ 21:00
2,000円
大阪府大阪市北区
講師情報
溝上絢子
2004(平成16)年10月
大阪弁護士会に弁護士登録、なにわ共同事務所入所

2008(平成20)年4月~2011(平成23)年9月
大阪大学高等司法研究科(ロー スクール) 非常勤講師
セミナー(60分)の後、交流会(60分)を行います。
今回のセミナー内容は、 「取引基本契約を締結する際の下請法をめぐる留意点」です。
詳細はコチラ (申込は、終了しています。)
訴訟・行政
第88回MSサロン(東京会場)
2017年09月26日(火)
19:00 ~ 21:00
2,000円
東京都新宿区
講師情報
田中 誠
キリンホールディングス株式会社グループ法務担当主幹
兼キリン株式会社法務部主幹

1985年3月 中央大学法学部法律学科 卒業
1985年4月 麒麟麦酒株式会社(現キリンホールディングス㈱)入社
1990年10月~2004年3月 同社総務部法務課2004年4月~2012年4月 同社不動産事業部門配属後、同社不動産関連子会社に出向
2012年4月 キリンホールディングス株式会社グループ法務担当 兼 キリン株式会社法務部に異動、現在に至る
セミナー(60分)の後、交流会(60分)を行います。
今回のセミナー内容は、 「上場会社株主総会の最近の実務」です。
申込・詳細はコチラ

あわせて抑えておきたい関連記事

神鋼商事、大阪国税局から14億円の申告漏れを指摘される... 事案の概要 神戸製鋼グループで大阪に本社を置く神鋼商事が、大阪国税局から子会社の増資をめぐる約14億円の申告漏れを指摘されていたことが分かった。追徴税額は過少申告加算税など約6億4千万円。同社は全額を納付したが、課税処分を不服として、国税不服審判所に審査請求する見通し。 申告漏れが指摘されたのは...
派遣社員、受入期間制限を事実上廃止... 事案の概要 厚生労働省は12日、企業が派遣労働者を受け入れる期間について、一定の場合には、事実上何年でも受け入れ続けることができるようにする案を提示した。 具体的には、これまで企業が派遣労働者を受け入れることができる期間を一つの業務で最長3年としてきた点に関して、派遣会社と無期契約を結んだ派遣労...
米apple社と島野製作所の訴訟から見る国際裁判管轄... はじめに  米apple社に対し、部品下請けの島野製作所が約100億円の賠償を求めていた訴訟で、2月15日東京地裁は、両者間の米国裁判所での管轄合意は無効との中間判決を言い渡しました。海外企業との紛争が生じた場合、日本の裁判所で訴訟ができるのか、いわゆる国際裁判管轄について見ていきたいと思いま...