住民訴訟と企業について

はじめに

繊維大手「ユニチカ」(大阪市)が愛知県豊橋市から無償提供されていた工場跡地を市に返還せずに売却したのは不当だとして、住民130人が市に返還請求するよう求めていた訴訟で名古屋地裁は8日、請求を認め全額の返還請求を市に命じました。今回は住民訴訟と企業の関係について見ていきます。

事案の概要

報道などによりますと、豊橋市は1951年にユニチカの前身会社に対し、市の所有する旧軍用地約27万平方メートルを工場用地として無償提供しました。ユニチカは2015年に同地の工場を閉鎖し、跡地を積水ハウスに約63億円で売却したとのことです。市がユニチカに工場用地を無償提供した際の契約書には「将来、敷地内で使用計画を放棄した部分は市に返還する」との記載があったとされ、同市の住民は工場跡地を市に返還せず売却した行為は不当であるとして、市に対し売却額につき返還請求するよう監査請求を行っておりました。その後監査請求の棄却を受けて住民訴訟の提訴に踏み切ったとのことです。

住民訴訟とは

地方公共団体の執行機関や職員が違法・不当な行為により公共団体に損害を生じさせ、または生じさせるおそれのある場合、住民が同公共団体に対し差止や損害賠償の請求をすることを求める訴訟を住民訴訟と言います。たとえば市が特定の業者に不当に安く市有地を売却したなどの場合に、住民が市に対して業者に不当利得返還請求や損害賠償請求をするように求めるといったものです。地方自治の本旨にのっとり、住民に司法的統制権を与えたものと言えます。

監査請求前置主義

公共団体の執行機関や職員が違法または不当な財務会計上の行為を行った場合に、住民が監査委員に対して、防止、是正、損害の補填など必要な措置を求めることができます(地方自治法242条)。これを住民監査請求と言います。その公共団体の住民であれば1人でも行うことができますが、違法・不当な行為から1年以内に請求する必要があります(同2項)。そしてこの監査請求で棄却された場合に住民訴訟に移行することになります。つまり住民訴訟を提起するためにはまず監査請求を行わなくてはならず、監査請求を行った住民だけが提起することができます(242条の2第1項)。

住民訴訟の手続き

住民訴訟で請求できる内容は①差止請求(242条の2第1項1号)、無効確認(同2号)、怠る事実の違法確認(同3号)、そして賠償請求、不当利得返還請求を相手方にすることを請求することができます(同4号)。一般的にはもっぱら4号請求によることになると言えます。住民訴訟はあくまで住民が市などの公共団体に対して提起するものであって、訴訟当事者は住民と公共団体ということになります。つまり違法・不当とされる行為の相手方は当事者とはなりません。しかし訴訟が提起された場合、その相手方に対しても訴訟告知がなされることになります(同7項)。そしてその相手方は当該訴訟に補助参加することが可能となります(民訴42条)。相手企業等は行政側について訴訟で戦うことができるというわけです。ここで参加しなかった場合でも行政側が敗訴した場合には敗訴の効果が及ぶことになります(民訴53条4項、46条)。

コメント

本件では主に豊橋市が工場用地を提供した際の返還条項の解釈が争点となりました。名古屋地裁は一部の土地を放棄した場合には返還し、全部の土地を放棄した場合には返還義務が無いと解することは不合理であるとして住民側の主張を認めました。これにより以後豊橋市はユニチカに対して不当利得返還請求を提起していくことになります。以上のように自治体と企業が契約等を行った際に、それについて住民が違法・不当であると考えた場合にこのような住民訴訟が提起されることになります。地方自治法の2002年改正以前は住民は直接企業を訴えることができていました。しかし現行法上はあくまで行政と住民の訴訟となります。企業は直接の当事者ではありませんが、最も利害関係を有しており補助参加することによって違法性は無いこと、または違法であったとしても行政側に過失等があり過失相殺ができるなど攻撃防御を尽くす必要があります。自治体等の行政を相手として取引等を行う場合には、このような住民からの訴訟提起もあり得るということを念頭に対策を準備しておくことが重要と言えるでしょう。

関連業務タグ:,
関連法律タグ:
 
[著者情報] mhayashi

詳細情報はありません。

このニュースに関連するセミナー

法務ニュース 訴訟・行政 行政対応 訴訟対応 民事訴訟法
第93回MSサロン(名古屋会場)
2018年02月15日(木)
19:00 ~ 21:00
2,000円
名古屋市中区丸の内
講師情報
和田圭介
愛知県春日井市出身
京都大学法学部・Duke大学LLM卒業。
2005年弁護士登録。
2013年ニューヨーク州弁護士登録。
世界最大規模の国際法律事務所であるクリフォードチャンス法律事務所を経て、
2015年、IBS法律事務所を開設。
国内外の企業法務案件を主に扱っており、国際取引・英文契約を得意としている。
大手総合商社・外資系企業の法務部への出向経験があるため、企業法務の現場の問題意識にも通じている。
セミナー(60分)の後、交流会(60分)を行います。
今回のセミナー内容は、 「法務部員のための国際仲裁入門」です。
詳細はコチラ (申込は、終了しています。)
法務ニュース 訴訟・行政 行政対応 訴訟対応 民事訴訟法
第94回MSサロン(東京会場)
2018年02月23日(金)
19:00 ~ 21:00
2,000円
東京都新宿区
講師情報
登島 和弘
インヴェンティヴ・ヘルス・ジャパン合同会社
アジア太平洋地域法務責任者
1961年神戸市生まれ
中央大学法学部法律学科卒
立命館大学法務研究科修了
スタンレー電気㈱総務部庶務課法務担当を皮切りに、日本AT&T㈱(米系)契約課長、松下冷機株式会社法務室主事、
セジデム株式会社(仏系)コーポレートサービス部統括部長・法務部長兼任等、を歴任し、現職。
*企業名は当時のまま。
※日本企業・外資系企業双方で通算30年以上の企業法務・国際法務の経験を有する現役の企業法務責任者です。
セミナー(60分)の後、交流会(60分)を行います。
今回のセミナー内容は、 「事例で考える-国際取引交渉の戦略とポイント」です。
申込・詳細はコチラ
法務ニュース 訴訟・行政 行政対応 訴訟対応 民事訴訟法
第92回MSサロン(大阪会場)
2018年02月06日(火)
19:00 ~ 21:00
2,000円
大阪府大阪市北区
講師情報
山口昌之
2005(平成17)年10月
大阪弁護士会に弁護士登録
なにわ共同法律事務所入所
2015(平成27)年1月
山口法律会計事務所入所
セミナー(60分)の後、交流会(60分)を行います。
今回のセミナー内容は、 「社員の不祥事に対する会社としての対処法(第2回)」です。
詳細はコチラ (申込は、終了しています。)
法務ニュース 訴訟・行政 行政対応 訴訟対応 民事訴訟法
「無料セミナー」資金調達手段としての香港株式上場の戦略的アドバンテージ、弁護士の役割と諸問題への実務対応 ―日清食品有限公司の上場例を中心に―
2018年3月6日(火) 13:00~16:00(受付:12:45~)
無料
東京都港区
講師情報
講師(予定)
虎門中央法律事務所
弁護士 今井 和男
同 鈴木 隆弘
同 山本 一生

世澤律師事務所
中国/NY州弁護士 姫 軍
中国弁護士 諸韜韜
同弁護士/外国法事務弁護士 陳 軼凡
中国弁護士 殷 宏亮

CFN Lawyers in association with Broad & Bright(CFNローヤーズ・世澤共同経営法律事務所)
香港弁護士 Bowie Fung、同Jenny Chen
(1) 日本企業が香港証券取引所に上場するメリット
(2) 日本企業が香港証券取引所に上場することによる、香港及び中国大陸事業に与える影響と意義
(3) 香港証券取引所上場の基本的な流れ・手続とその注意点
申込・詳細はコチラ
※セミナー広告を掲載したい方は、コチラ

あわせて抑えておきたい関連記事

職場に求める働きやすさ、男女間で明らかな意識の違い... 働きやすさ、男女間で意識の違い  連合(日本労働組合総連合会)は、就業経験のある18歳~59歳の男女1000人を対象に労働環境に対する意識調査を行った。 《働き続けるために必要と思う支援・環境》という質問については、男女ともに「仕事のやりがい」が最多であった。しかし、女性の19%が「配偶者の...
東京高裁が労災受給者の解雇を認容、「打切補償」とは... はじめに 労災保険の休業補償受給者に一定の賃金分をまとめて支払うことによって解雇が可能かが争われた訴訟の差し戻し控訴審で12日、東京高裁は解雇が有効との判決を言い渡しました。業務に関連する疾病で休業中の従業員の解雇を可能にする打切補償、労災受給者にも当てはまるのかを見ていきます。 事件の概要...
違反件数5980件で過去最多、下請法違反について... はじめに 公正取引委員会は1日、2015年度の下請法違反による指導件数が5980件で過去最多となったことを発表しました。厳しい経済状況が続く下請け業者ですが、下請法によってどのように保護されているのか見ていきたいと思います。 下請法とは 下請法とは、正式名称を「下請代金支払遅延等防止法」と...