EUがアディダスの商標認めず、ロゴ商標の識別性について

はじめに

 欧州連合(EU)司法裁判所は先月19日、ドイツのスポーツ用品大手アディダスの3本線を商標と認めない判断を下していたことがわかりました。独自性が認められないとのことです。今回はロゴ(図形)商標における識別性要件について見ていきます。

事案の概要

 報道などによりますと、EUの知的財産庁は2016年にベルギーの企業によってアディダスの3本線商標の無効審判請求を受け無効としました。それに対しアディダスは審決取消訴訟を提起しましたがやはり無効との判決を下されたとのことです。2014年に登録されていたアディダスの商標は商品にどの向きに取り付けることも可能な、同じ太さで等間隔の3本の平行線というものです。シューズやスポーツウェア、その包装具などあらゆるアディダス製品に使用されております。このシンプルな3本線デザインについて商標としての識別性が主な争点となっておりました。

商標とその種類

 商標とは業務で扱う商品や役務を他社のものと区別するための標識です。「iPhone」や「プリウス」「コカ・コーラ」といった商品名やメーカー名が商標として登録されます。商標権として商標法の保護を受けるためには特許庁に登録してもらう必要があります。登録されますと、登録の日から10年間商標権が発生します(商標法19条)。他人による侵害に対しては差し止めや賠償請求が可能となります(36条、37条、38条)。登録できる商標の種類は現在では音商標や動きの商標など多様化しておりますが、基本的には文字商標とロゴ(図形)商標となります。また文字とロゴを合わせたものも多く登録されております。

商標登録の要件

 商標として登録されるための要件としてはまず自己の業務に係る商品または役務に使用するものでなくてはなりません(3条1項)。そして自己の商品または役務と他人のものとを識別できる必要があり、「塩」「砂糖」「アルミニウム」といった一般的名称や産地、品質といったもの、また氏名などに一般的に用いられるありふれたものは認められません(同項各号)。またロゴ(図形)の場合はたんなる仮名文字や数字、ローマ字、◯や△といったありふれた形なども識別性がないと言われております。

ロゴ商標における識別性

 特許庁のガイドラインによりますと、ロゴ(図形)において識別性がないとされているのは、1本の直線、波線、輪郭として一般的に用いられる△や◯、ハート型などのマークです。また立体の場合は球や立方体、直方体、円柱、三角柱などが挙げられております。またこれらの簡単な輪郭内に単純に仮名文字やローマ字を配したものも同様にありふれた標章として識別性がないとしています。ローマ時などの場合でも&で連結したり、複数の文字を重ねてモノグラムにするといった工夫をほどこせば、ありふれた標章には該当しないとされております。

コメント

 本件でアディダスが登録していた商標は同じ太さで等間隔な3本線というものでした。これには特に向きや角度の指定はなく、あらゆる商品に3本線が施されております。EU司法裁判所はこれを普通の図形であり識別性を証明できていないとして無効と判断しました。アディダスは現在日本でも多数の商標登録を行っておりますが、この3本線のロゴに関しては登録されておりません。日本の特許庁でもこのシンプルな3本線は識別性がないと判断される可能性はあると言えます。以上のように現在日本では文字だけでなく図形や文字と図形を複合させたものを商標として登録することができます。しかし登録されるためにはかなり複雑で微妙な要件があり、それなりの独自性と工夫が必要となってきます。商標登録を検討している場合はやはり弁理士などの専門家の意見を交えてデザインを考えていくことが重要と言えるでしょう。

関連業務タグ:,
関連法律タグ:
 
[著者情報] mhayashi

詳細情報はありません。

※記事コンテンツを掲載したい方は、コチラ

このニュースに関連するセミナー

法務ニュース 知的財産権 海外法務 知財ライセンス 商標法
《東京会場》少人数でも課題克服!総合的法務機能 アップ講座 第6回(全8回)不祥事・紛争対応
2019年11月20日(水)
15:00 ~ 18:00
22,000円(税込)※消費税10%
東京都港区
講師情報
田代 啓史郎
TMI総合法律事務所 パートナー弁護士

2003年 一橋大学法学部法律学科卒業
2004年 最高裁判所司法研修所入所
2005年 第一東京弁護士会登録 TMI総合法律事務所勤務
2013年 デューク大学ロースクール卒業(LL.M.)
2013年 ロサンゼルスのクイン・エマニュエル・アークハート・サリバン法律事務所勤務
2014年 ニューヨーク州弁護士資格取得
2014年 TMI総合法律事務所復帰
2017年 パートナー就任

主催・協力
レクシスネクシス・ジャパン株式会社/ビジネスロー・ジャーナル
技術革新やグローバル化が進み、ビジネスを取り巻く環境や法規制が大きく変わってきています。
部員が1人ないし数人というような中小規模の法務部では、この流れを常にフォローアップするには人的に限界があるため、各法分野の専門家とのネットワークを作り、タイムリーに外部に依頼できる体制を構築することが不可欠です。
本講座は、そのような法務部の方を対象に、最新の法律実務を解説するとともに、どのように法務機能を充実していったらよいかを一緒に議論していく講座です。
詳細はコチラ (申込は、終了しています。)
海外法務
《東京会場》少人数でも課題克服!総合的法務機能 アップ講座 第7回(全8回)海外展開・進出
2020年01月15日(水)
15:00 ~ 18:00
22,000円(税込)※消費税10%
東京都港区
講師情報
淵邊 善彦
ベンチャーラボ法律事務所 代表弁護士

1987年 東京大学法学部卒業
1989年 弁護士登録
1995年 ロンドン大学UCL(LL.M.)卒業
2000年よりTMI総合法律事務所にパートナーとして参画
2008年より中央大学ビジネススクール客員講師(13年より同客員教授)
2016年より2018年まで東京大学大学院法学政治学研究科教授
2019年ベンチャーラボ法律事務所開設

主にベンチャー・スタートアップ支援、M&A、国際取引、一般企業法務を取り扱う。

主著として、『業務委託契約書作成のポイント』(共著)、『契約書の見方・つくり方(第2版)』、『ビジネス法律力トレーニング』、『ビジネス常識としての法律(第2版)』(共著)、『シチュエーション別 提携契約の実務(第3版)』(共著)、『会社役員のための法務ハンドブック(第2版)』(共著)などがある。

主催・協力
レクシスネクシス・ジャパン株式会社/ビジネスロー・ジャーナル
技術革新やグローバル化が進み、ビジネスを取り巻く環境や法規制が大きく変わってきています。
部員が1人ないし数人というような中小規模の法務部では、この流れを常にフォローアップするには人的に限界があるため、各法分野の専門家とのネットワークを作り、タイムリーに外部に依頼できる体制を構築することが不可欠です。
本講座は、そのような法務部の方を対象に、最新の法律実務を解説するとともに、どのように法務機能を充実していったらよいかを一緒に議論していく講座です。
申込・詳細はコチラ
海外法務
《大阪会場》<午前>基礎から学ぶ英文契約書の読み方(初心者向け) <午後>今さら聞けない英文契約書作成・交渉(中級向け)※書籍付
2019年12月17日(火)
10:00 ~ 16:00
・午前の部(読み方):税込13,200円 ・午後の部(作成・交渉):税込15,400円※書籍代込み ・午後の部(作成・交渉):税込13,200円※書籍持参 ・午前/午後の部(読み方/作成・交渉): 税込25,300円※書籍代込み ・午前/午後の部(読み方/作成・交渉):税込23,100円※書籍持参
大阪府大阪市北区
講師情報
吉川 達夫
ニューヨーク州弁護士/米国IT会社法務部Contract Attorney

外資系法務本部長、駒澤大学法科大学院、国士舘大学21世紀アジア学部非常勤講師
元Apple Japan法務本部長、元伊藤忠商事法務部、元Temple Law School日本校客員教授。上智大学法学部、Georgetown Univ. Law Center卒

編著:『ライセンス契約のすべて 実務応用編』(編著、第一法規、2018年)、『ライセンス契約のすべて 基礎編』(編著、第一法規、2018年)、『ダウンロードできる 英文契約書の作成実務』(編著、中央経済社、2018年)など、著作・論文多数

主催・協力
レクシスネクシス・ジャパン株式会社/ビジネスロー・ジャーナル
ニューヨーク州弁護士、法科大学院非常勤講師、数々の著書を執筆し、Apple, VMware, WeWork3社の外資系法務部長を経て、現在は米国IT会社法務部のContract Attorneyである吉川達夫氏を講師にお招きし、過去数年間にわたり毎年多くの方から東京ならびに大阪でご参加を頂いております「今さら聞けない英文契約書セミナー」を、 今回新たに午前に初心者向け「基礎から学ぶ英文契約書の読み方」と、午後に中級者向け「今さら聞けない英文契約書作成・交渉」として開催いたします。

午前の「基礎から学ぶ英文契約書の読み方」は、英文契約書を読んでみたい方、国際法務にこれから携わる方や弁護士の方、携わっているが改めて基礎を確認されたい方などご参加ください。
講義は英文契約書の読み方中心とします。
契約書プリントで代理店契約(Distributor Agreement)を使用します。

午後の「今さら聞けない英文契約書作成・交渉」は、国際法務の実務を担当されている方、多少の基礎知識はあるが自己流で勉強された方、弁護士の方、発展的な学習をされたい方などご参加ください。

このセミナーでは過去の「今更聞けない」シリーズの発展版となります。
なお、午後の部は講師著書の国際ビジネス法務(第2版)(第一法規株式会社/2018年3月発売/2,800円+税)を教科書として使用します。

午前、午後通しで参加ももちろん可能です。
申込・詳細はコチラ
海外法務
《東京会場》英国法弁護士と日本法弁護士から学ぶ ここだけは押さえたい 英文契約書の交渉・作成のポイント
2019年12月10日(火)
13:30 ~ 16:00
19,800円(税込)
東京都港区
講師情報
淵邊 善彦 アーロン・ペイシェンス
■淵邊 善彦
ベンチャーラボ法律事務所 代表弁護士

1987年 東京大学法学部卒業
1989年 弁護士登録
1995年 ロンドン大学UCL(LL.M.)卒業
2000年よりTMI総合法律事務所にパートナーとして参画
2008年より中央大学ビジネススクール客員講師(13年より同客員教授)
2016年より2018年まで東京大学大学院法学政治学研究科教授
2019年ベンチャーラボ法律事務所開設

主にベンチャー・スタートアップ支援、M&A、国際取引、一般企業法務を取り扱う。

主著として、『業務委託契約書作成のポイント』(共著)、『契約書の見方・つくり方(第2版)』、『ビジネス法律力トレーニング』、『ビジネス常識としての法律(第2版)』(共著)、『シチュエーション別 提携契約の実務(第3版)』(共著)、『会社役員のための法務ハンドブック(第2版)』(共著)などがある。

■アーロン・ペイシェンス
シモンズ&シモンズ外国法事務弁護士事務所代表 パートナー 外国法事務弁護士(英国法・ニュージーランド法)

10年以上日本に滞在、日本語が堪能で、TMT、ヘルスケア・ライフサイエンスを含む幅広い分野の、売却、買収、提携など、クロスボーダーM&Aを数多く手がけ、株式譲渡、事業譲渡、株主間契約、業務提携など、販売契約及びIPライセンスに関する契約書作成においても多数の案件実績を有する。
日本国内外の企業に対して、広範囲な法分野にわたる法的サービスを提供するチームのパートナーであり、TMT(テクノロジー、メディア及びテレコミュニ―ケーション)およびライフ・サイエンス分野のグループメンバー。

主催・協力
レクシスネクシス・ジャパン株式会社/ビジネスロー・ジャーナル
英国法弁護士と日本法弁護士のそれぞれの立場から、英文契約書の基本的な考え方と実際の検討ポイントについて解説します。

英文契約書をレビューするためには、英米法の基本的な考え方とキーになる条項の理解が不可欠です。

本セミナーでは、日本法準拠の契約書と比較することによって、日本企業が陥りがちな問題点を解説するとともに、日本企業が苦手とする契約交渉において留意すべき点についても検討します。
申込・詳細はコチラ
海外法務
《東京会場》カリフォルニア州消費者プライバシー法への実務対応 ~10月公表の規則案の解説を含む~
2019年11月27日(水)
13:30 ~ 16:30
22,000円(税込)
東京都港区
講師情報
石川 智也
西村あさひ法律事務所 パートナー弁護士

2005年東京大学法学部第一類卒業
2006年弁護士登録(第一東京弁護士会)
2015年バージニア大学ロースクール卒業(LL.M.)
2016年Max Planck Institute for Innovation and Competitionにある
ミュンヘン知的財産法センター修了(LL.M.)、同年Noerr法律事務所ミュンヘンオフィス勤務
2017年米国ニューヨーク州弁護士登録

日本における知的財産法、営業秘密保護、個人情報保護法のほか、
EUにおける知的財産制度・競争法、GDPRをはじめとするグローバルベースでのデータ規制について詳しい。

主催
レクシスネクシス・ジャパン株式会社/ビジネスロー・ジャーナル
カリフォルニア州消費者プライバシー法(CCPA)は、個人情報の定義と域外適用のスコープが広く、かつ、クラスアクションによる多額の損害賠償リスクを伴うため、多くの日本企業にとってグループレベルでの対応が必須といえます。

本セミナーでは、単に条文の内容を日本語にして伝えるだけではなく、日本企業が経験したGDPR対応・日本の個人情報保護法の下での態勢整備との差も意識しながら、ポイントを押さえる形でCCPAの内容を説明し、具体的な作業手順を示します。

また、CCPAの最終版の条文を前提に、10/11公表の規則案の内容も含む形で解説します。
他の州で進んでいるCCPAを参考にした類似の法制度の導入に向けた検討状況と、連邦レベルでのプライバシー法制の導入の動きについても、その概要を説明する予定です。
詳細はコチラ (申込は、終了しています。)
※セミナー広告を掲載したい方は、コチラ

あわせて抑えておきたい関連記事

女性管理職6.2%、女性役員8.4% 帝国データバンク発表... 発表要旨 帝国データバンクは2014年8月14日、「女性登用に関する意識調査」の結果(参考サイト1参照)を公表した。調査対象は全国の23485社で、有効回答企業数は11017社である。 それによると管理職のうち女性が占める割合は6.2%、役員のうち女性が占める割合は8.4%に留まることがわかっ...
サイバー攻撃~狙われた防衛関連企業~... 概要 防衛関連の業界団体「日本航空宇宙工業会」(SJAC)のパソコンが情報を盗み取る不正プログラムに感染していたことがわかった。 そして、SJACの職員から「三菱重工業」や「川崎重工業」に送信されたメールの情報が盗まれ、それを基に作られた標的型ウイルスメールが、左記二社を含むSJACの加盟企業...
労基署がゴムロール会社を書類送検、労働安全衛生法について... はじめに 大津労基署は13日、労働安全衛生法違反の疑いでゴムロール製造会社「金陽社」(東京都品川区)と滋賀工場の係長を書類送検していたことがわかりました。機械清掃の際に従業員が機械に巻き込まれ腕を切断したとのことです。今回は労働安全衛生法による安全規制について見ていきます。 事案の概要 報...