加速化する企業買収

法務担当者が“法務”を語る新しいWEBメディアはコチラ
加速化する企業買収記事のイメージ

オーストラリアからの進出

 2011年8月29日、豪州金融大手のオーストラリア・ニュージーランド銀行(ANZ、本店:メルボルン)が、あおぞら銀行または東京スター銀行の買収を検討していることが判明した。ANZはアジア戦略の一環として日本での営業強化を目指しているとみられ、今回のANZの動向は、日本の金融業界に多方面で影響を与えそうだ。

相次ぐ企業結合

 これまでも、メガバンクをはじめとする日本国内における銀行の合併・買収は行われてきた。今後はグローバル化に伴い、海外の銀行との企業結合も増えていくと予想され、日本の銀行は国外の企業の動向にもより一層注視していかなければならない。

経営統合の行方

 企業買収は最近では日常的な出来事となったが、必ずしもお互いにとってプラスに働くとは限らない。2008年4月に経営統合した三越伊勢丹ホールディングスにおいては、両陣営の組織融和が進んでおらず、現場では混乱が生じているという(2011年8月29日、日経流通新聞5面)。その一因は経営統合前における社員の組織風土や働き方、待遇の違いにあるようだが、相手が海外の企業である場合にはさらに言葉や国民性の違いという、新たな問題が生じることになる。
 
 買収や経営統合を模索している企業は、今後単なる利潤追求という視点からではなく、企業結合を実施した後に生じ得る様々な問題点をも見据えて将来の方針を決定すべきである。

関連リンク

  • 読売オンライン記事(リンク切れ)
  • 毎日jp記事(リンク切れ)
企業法務ナビよりお知らせ
本記事は、約8年5ヶ月前に投稿された記事です。法律を内容とする記事の特性上、その改正や他の特別法の施行、経過措置期間の経過、関連判例の出現などによって内容が古くなり、現在は誤りとなる可能性がありますので、ご注意下さい。
 
[著者情報] y-mishima

詳細情報はありません。

※記事コンテンツを掲載したい方は、コチラ

あわせて抑えておきたい関連記事

東洋製罐HDとホッカンHDの統合延期、完全子会社化について... はじめに 昨年4月に経営統合の方針を発表していた東洋製罐HDとホッカンHDは先月20日、公正取引委員会の企業結合審査が継続していることを理由に今年4月に予定していた株式交換を延期すると発表しました。今回は完全子会社化による経営統合の手法について見ていきます。 事案の概要 国内包装容器メーカ...
フーズ社ユッケ食中毒問題 遺族・被害者説明会開催 被害者の会設立へ... 概要 今月18日に、フーズ社は福井市で遺族や被害者向け説明会を初めて開催し、19日は金沢市、射水市で開催した。フーズ社の元社長は18、19日両日とも現れなかった。説明会は、フーズ社代理人弁護士による専門的な話が中心で、具体的な賠償額の明示もなかった。代理人弁護士は、フーズ社にユッケ用生肉を納入...
JALとCA女性の間、マタハラ訴訟で和解成立... はじめに  今日、安倍内閣では、「すべての女性が輝く社会づくり」をスローガンとして掲げています。このような状況のもと、ますます女性が企業において活躍する機会が多くなると思われます。そこで、今回は、女性が企業で活躍するうえでたびたび問題となるマタハラについて、JALと客室乗務員との間で成立した和...