九大・成人約100人分の致死量ヒ素紛失。管理体制は…
2011/10/06   コンプライアンス, 民法・商法, その他

概要

九州大学生物環境利用推進センターにおいて、10月4日、実験に使用していたヒ素化合物15.06グラムを紛失したことが判明した。
准教授は、9月29日の実験において使用したヒ素化合物を実験室のテーブルに置いたまま部屋を施錠せず退出してしまった。2時間半後に実験室に戻って実験を継続したものの、紛失に気付かずにいた。
10月4日、准教授が紛失に気付き、学内を探したが発見できず、5日警察に紛失を届け出た。施錠せずにいた2時間半の間に何者かが侵入し、盗難された可能性がある。

参考

毒物及び劇物取締法
(事故の際の措置)
第16条の2第2項  毒物劇物営業者及び特定毒物研究者は、その取扱いに係る毒物又は劇物が盗難にあい、又は紛失したときは、直ちに、その旨を警察署に届け出なければならない。

雑感

本件で、実験室のある建物は平日は出入自由であり、一般の人も入れる状況であったそうだ。その状況は、管理者としても把握していたであろうと推測される。
准教授は、2時間半であれば大丈夫であろうと油断していたのであろうが、数分で空き巣が可能であることを考えると、2時間半は窃盗に十分な時間である。
九大は今後、管理方法の見直しをするとしているが、毒物が悪用される可能性を考えると、大学がより大きな責任追及を受けうる。自社の有するリスク要因を把握し、未然の防止策を万全にしたいところだ。

また、今回は6日未明に紛失を発表したとのことであるが、致死量のヒ素の紛失ということもあり、警察への届出後比較的速やかに発表がなされているといえる。
ただ、発表に際しては、迅速で正確な情報公開と、情報の受け手の視点に立った表現など適切なものでないと、より大きな社会的影響を引き起こしかねない。ただ不安を煽る結果となっては、発表した情報自体の信用を害する。
迅速・正確・受け手の視点を常に持ちつつ、情報収集を心がけたいと考える。

シェアする

  • はてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • TKC
  • 法務人材の紹介 経験者・法科大学院修了生
  • 法務人材の派遣 登録者多数/高い法的素養

新着情報

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビの課題別ソリューション

企業法務人手不足を解消したい!

2007年創業以来、法務経験者・法科大学院修了生など
企業法務に特化した人材紹介・派遣を行っております。

業務を効率化したい!

企業法務業務を効率化したい!

契約法務、翻訳等、法務部門に関連する業務を
効率化するリーガルテック商材や、
アウトソーシングサービス等をご紹介しています。

企業法務の業務を効率化

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビに興味を持たれた法人様へ

企業法務ナビを活用して顧客開拓をされたい企業、弁護士の方はこちらからお問い合わせください。