双日、サブサハラで海水淡水化事業を開始
2012/10/29   海外進出, 外国法, 商社

事案の概要

 双日はアフリカ中西部のガーナで海水淡水化事業を始める。スペインの水事業大手と共同でプラントの建設から運営までを手がける。2014年には首都アクラで生活用水の供給を始める予定だ。
 サブサハラ地域(アフリカのサハラ砂漠以南の地域)では、初の海水淡水化事業となる。この地域は北アフリカより事業リスクが高く、これまで造水設備の整備が進んでいなかった。
 事業を行うにあたり、スペインのアベンゴアウォーターが51%、双日が44%、現地企業が5%を出資して共同事業会社を設立し、ガーナ水道公社と25年間の水の長期売買契約を締結した。契約期間満了後は、同公社に事業を無償譲渡する。
 プラントの水処理能力は現状のガーナの水需要の7.5%にあたる1日あたり6万トンである。海水淡水化には逆浸透膜(ROM膜)を活用する。ROM膜では日系メーカーが高い技術を持っており、そのあたりに日本勢のビジネスチャンスがありそうだ。

コメント

 海外への進出には多くのリスクが伴う。リスクの中には、もちろん法的リスクも含まれる。許認可が非常に多かったり、法的手続の履践に時間がかかってしまったり、贈収賄リスクが潜んでいたり、といったことが考えられるだろう。また、海外の相手と取引を行うに際しては、お互いが常識ととらえている事柄が大きく異なっていることもありうる。
 リスクをゼロにすることはできないかもしれない。しかし、リスクがあるから海外取引を避けるというのは賢明とは言い難い。リスクが生じることを前提に、生じうるリスクを正確に見極めてとるべきリスクはとる覚悟をして、そのうえで海外取引を行っていくことが必要になってきているのだと感じる。そうするには、ビジネス展開をする予定の国・地域の法律・常識・国民性等あらゆる事への理解が不可欠となりそうだ。もはや、日本の状況を知っているだけでは、商売は成り立たないということか。

シェアする

  • はてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • TKC
  • 法務人材の紹介 経験者・法科大学院修了生
  • 法務人材の派遣 登録者多数/高い法的素養

新着情報

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビの課題別ソリューション

企業法務人手不足を解消したい!

2007年創業以来、法務経験者・法科大学院修了生など
企業法務に特化した人材紹介・派遣を行っております。

業務を効率化したい!

企業法務業務を効率化したい!

契約法務、翻訳等、法務部門に関連する業務を
効率化するリーガルテック商材や、
アウトソーシングサービス等をご紹介しています。

企業法務の業務を効率化

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビに興味を持たれた法人様へ

企業法務ナビを活用して顧客開拓をされたい企業、弁護士の方はこちらからお問い合わせください。