株主総会レポート GMOインターネット株式会社 その5

法務担当者が“法務”を語る新しいWEBメディアはコチラ
GMO

GMOインターネット株式会社 「すべての人にインターネット」

はじめに

引き続き、GMOインターネット株式会社 第21期定時株主総会のレポートを書いていきます。GMOインターネット株式会社第21期定時株主総会のレポートは今回で最後となります。

議案の採決

次に議案についての決議を行います。
賛成の方は拍手をお願いしますということでした。
ちなみに第2号議案の定款変更は、会社法株主総会の特別決議が必要となります。

第1号議案 資本準備金の額の減少の件については、会社法448条1項
第2号議案 定款一部変更の件については、会社法466条、309条2項11号
第3号議案 取締役15名選任の件については、会社法329条1項、341条
第4号議案 監査役2名選任の件については、会社法329条1項、341条
第5号議案 取締役の報酬額改定の件については、会社法361条が該当条文です。

それぞれの議案について、議決権行使書を含め普通決議、特別決議の要件を満たしているとして、原案通り承認、可決されたとのことです。

その後、新任取締役、新任監査役からご挨拶。

最後に、役員の方が全員起立し、閉会のお言葉です。
熊谷氏
「今後も、株主の皆様のご期待にお応えすべく、全グループ総力を挙げて邁進してまいりますので、引き続き、ご理解とご支援をどうぞよろしくお願い申し上げます。本日は、多数の株主の皆様にご出席いただき、誠にありがとうございました。」
役員の皆様
「ありがとうございました。」

その後、経営近況報告会、イベントへ

その後、経営近況報告会を見学させていただき、用意されていたイベントブースなどを回ってみました。
イベントブースには、Gゲーのブース、GMOクリック証券のブース、GMOとくとくBBのブース、KumagaiStyleのブースなどがありました。
また、株主総会の質問への回答で出てきたGMO Bears保育士常駐託児・キッズルームもあり、子供連れで参加されている株主の方にも配慮がされていました。
最後に、GMOクリック証券とラジオNIKKEIスペシャルトークショーを見学しました。
スペシャルゲストとして元AKBの小野恵令奈さんの登場、抽選会などもあり、とても盛り上がっていました。

株主総会及びイベント終了

予定通り14時にイベントも終了。
これにて、本日の株主総会及びイベントも終了です。

株主総会出席を終えて

今回はじめて株主総会に出席させて頂きましたが、素直に株主総会って楽しいと感じました。
今まで株主総会は堅苦しい場というイメージがありました。
ただ、今回参加させていただき、ちょっとしたお祭りに行ったような楽しさがありました(もちろん総会自体は厳粛な雰囲気でしたが)。
あらゆるブースや、トークショーイベントが株主総会終了後に用意されていたことが、そのように感じた要因の一つだと思います。
私は、今回株主総会に出席させていただいて、GMOインターネット株式会社に非常に好感を持ちました。
株主を大切にしているということが、熊谷氏の質問に対する回答、株主が楽しめるブースの設置など、あらゆる点から感じられました。事業についてもこれからの発展が楽しみなものが多くあります。
また、企業のトップの方のお話が聞けるという点でも、とてもよい勉強になりました。
トップの方がどのような方か、どのような理念を持って会社を経営しているのか、そのようなことを肌で感じられるいい機会だと思います。
是非、また参加したいです。

今回、株主総会に参加させていただき、違う企業の株主総会にも参加したいと思うようになりました。
また株主総会参加予定ですので、次回の株主総会レポートにご期待ください。

GMOインターネット株式会社の概要

GMOインターネット株式会社
設立日1991年5月24日
事業内容
WEBインフラ・EC事業
インターネットメディア事業
インターネット証券事業
ソーシャル・スマートフォン関連事業
資本金20億円(2011年3月31日現在)
株式東京証券取引所 第一部上場
株式コード9449
ホームページhttp://www.gmo.jp/

関連リンク

株主総会レポート GMOインターネット株式会社 その1はこちらから

株主総会レポート GMOインターネット株式会社 その2(質問前編)はこちら

株主総会レポート GMOインターネット株式会社 その3(質問中編)

株主総会レポート GMOインターネット株式会社 その4(質問後編)

企業法務ナビよりお知らせ
本記事は、約7年10ヶ月前に投稿された記事です。法律を内容とする記事の特性上、その改正や他の特別法の施行、経過措置期間の経過、関連判例の出現などによって内容が古くなり、現在は誤りとなる可能性がありますので、ご注意下さい。
 
[著者情報] shinohara

詳細情報はありません。