東洋製罐HDとホッカンHDの統合延期、完全子会社化について

はじめに

昨年4月に経営統合の方針を発表していた東洋製罐HDとホッカンHDは先月20日、公正取引委員会の企業結合審査が継続していることを理由に今年4月に予定していた株式交換を延期すると発表しました。今回は完全子会社化による経営統合の手法について見ていきます。

事案の概要

国内包装容器メーカーの老舗である東洋製罐HDとホッカンHDは昨年4月、株式交換による経営統合を行い、東洋製罐HDがホッカンHDを完全子会社化する旨の基本合意を締結したことを発表しました。飲料メーカーの業界再編やペットボトルの内製化、海外製品の増加等による経営環境の変化に対し両社のリソースを集約し対応することを目的としています。両社は統合推進委員会を設置し予定では昨年末に株式交換契約を締結し、今年2月に両社臨時株主総会によって承認決議を得ることとなっておりました。しかし公正取引委員会による事前の企業結合審査が現在も継続しており株式交換手続の延期を発表しました。

完全子会社化とは

ある株式会社が他の株式会社の株式の全部を保有することを完全子会社化と言います。吸収合併や新設合併同様経営統合の一形態です。完全子会社化することによってグループ企業として互いのリソースを活用し一体的な経営を行うことができます。親会社側から見ても少数株主が存在しないことから子会社のスムーズな運用ができます。子会社としても親会社の信用や評価を利用することができます。一方で完全子会社としては経営を100%親会社に握られることになり独自の経営できなくなり、また証券取引所から上場廃止になります。このような完全子会社化ですが、近年この方法による経営統合が増加しております。以下その手法を見ていきます。

完全子会社化の手法

(1)全部取得条項付種類株式による方法
完全子会社化したい会社の株式を100%取得するためには個別に株主と取引したり公開買付けを行うことも考えられます。しかしそれでは相当に時間がかかり、また応じてくれない株主も出てくることでしょう。そこで会社法ではいくつか強制的に株式を取得する方法が規定されております。その一つとして全部取得条項付種類株式があります(108条1項7号)。まず子会社側の定款変更を行い種類株式発行の旨を定めます。そして発行済株式の全てを全部取得条項付種類株式に変更し、最後に親会社の株式を対価として取得します。無償で取得し親会社に譲渡することもできます。これら一連の行為は全て株主総会の特別決議(309条2項)によって行うことができます。対価については分配可能額の範囲内でなくてはなりません(461条1項4号)。

(2)株式交換による方法
株式交換とは子会社側の株式を強制的に親会社に取得させる一種の会社間契約です(2条31号)。全部取得条項付種類株式による方法よりも簡便な手続で行うことができます。まず両社で株式交換契約を締結します(768条)。そして事前開示を行った上で株主総会の特別決議による承認を得ることになります(783条1項、795条1項、309条2項12号)。これにより子会社側の全株式は親会社に強制的に移転します。子会社株主への対価は親会社株式や金銭その他でよく、取得条項付種類株式の場合のような財源規制もありません。反面、反対株主保護のため株式買取請求に応じる必要もあります(785条、797条)。また会社債権者への通知・公告が必要となります(789条2項、799条2項)。

(3)株式移転による方法
株式移転とは株式会社の発行済株式の全部を新たに設立する株式会社に取得させることをいいます(2条32号)。この制度も株式交換と同様に煩雑な手続を必要とせずに完全親子会社関係を創設することを目的としています。株式交換は既存の会社が親会社となるのに対し、株式移転は親会社を新たに設立する点に違いがあります。親会社がまだ存在していないことから契約ではなく株式移転計画を策定します(773条)。その他は株式交換と同様に事前開示を経て承認決議を得ることになります(804条1項)。効力の発生は親会社の設立登記時となります(925条)。反対株主の保護(806条1項)や債権者への通知も同様です(810条2項)。

(4)特別支配株主の株式売渡請求による方法
子会社の株式を90%以上保有する親会社等は特別支配株主と言い、他の株主に全員に株式を売り渡すよう請求することができます(179条1項)。これは平成26年会社法改正で新設された制度で、少数株主からの株式取得(キャッシュアウト)を簡易迅速に行い柔軟な経営の実現を図ることを目的としています。特別支配株主は対象となる子会社に対し売渡請求の承認申立を行います(179条の3第1項)。そしてその旨株主に通知がなされると個別に売渡請求したことなり、特別支配株主は株式を取得することになります(179条の9)。この制度では他の方法と違い株主総会が関与しません。それ故に別途株主を保護するために差止請求(179条の7)や価格決定申立(179条の8)、取得無効の訴え(846条の2~9)が用意されております。

コメント

東洋製罐HDとホッカンHDは100年以上続く老舗であり過去にも統合がなされておりました。戦後のアメリカによる政策によって業界の過度な集中を防止するために分離がなされるほどのシェアを有していることから公取委による審査も難航しているものと思われます。審査が終了し次第具体的に株式交換契約の締結、承認決議、債権者と少数株主保護手続を経て完全親子会社となることになります。上記のように完全親子会社となる方法は各種あり、それぞれに必要な手続が異なります。迅速に経営統合したいが対価として支払う金銭をすぐには用意できない場合には株式交換による方法が適当と言えます。すでに9割以上取得しており残りの株主にはある程度支払っても迅速に完全子会社化したい場合は売渡請求によることが適当でしょう。市場におけるシェアによっては公取委による事前審査を要することもありますが、経営統合の方法は上記以外にも数多く存在します。市場や経営環境、財政状況、株主状況等に合わせて最も適当な手法を選択していくことが重要と言えるでしょう。

関連業務タグ:
関連法律タグ:
 
[著者情報] mhayashi

詳細情報はありません。

このニュースに関連するセミナー

企業 法務ニュース 戦略法務 会社法
第83回MSサロン(大阪会場)
2017年06月15日(木)
19:00 ~ 21:00
2,000円
大阪府大阪市北区
講師情報
浜田雄久弁護士 河端直弁護士
弁護士 浜田雄久
1995(平成7)年4月 大阪弁護士会に弁護士登録、なにわ共同法律事務所入所
2004(平成16)年8月 アメリカ合衆国Duke University School of Lawに留学(翌年法学修士号取得)
2005(平成17)年8月 シンガポール共和国 Rajah & Tann 法律事務所において研修開始
2006(平成18)年3月 ニューヨーク州弁護士登録
2006(平成18)年8月 なにわ共同法律事務所復帰

弁護士 河端直
2014(平成26)年12月
大阪弁護士会に弁護士登録 
なにわ共同法律事務所入所
セミナー(60分)の後、交流会(60分)を行います。
今回のセミナー内容は、 「契約書チェックポイント(業務委託系契約)」です。
申込・詳細はコチラ
企業 法務ニュース 戦略法務 会社法
第82回MSサロン(東京会場)
2017年05月24日(水)
19:00 ~ 21:00
2,000円
東京都新宿区
講師情報
伊藤 雅浩
1996年名古屋大学大学院工学研究科情報工学専攻修了
アンダーセンコンサルティング(現アクセンチュア)等にて,SAP R/3その他ERPパッケージソフトの導入,基幹系情報システムの企画,開発のプロジェクトマネジメントに従事。
2007年一橋大学法科大学院卒業
2008年弁護士登録,弁護士法人内田・鮫島法律事務所入所
2013年弁護士法人内田・鮫島法律事務所パートナーに就任
主にソフトウェア,ネット,システム開発に関する契約,紛争処理に従事している。
セミナー(60分)の後、交流会(60分)を行います。
今回のセミナー内容は、 「施行直前!知っておくべき改正個人情報保護法」です。
詳細はコチラ (申込は、終了しています。)
企業 法務ニュース 戦略法務 会社法
【国際法務入門】組織再編 会社分割
2017年06月21日(水)
19:00 ~ 22:00
25,000円(税込) ※平成29年2月15日開催のLBS体験講座に参加された方は10,000円減算した金額とさせていただきます。 なお、単回申込みを複数回される場合は、上記減算は初回分のみ適用となりますのでご了承ください。
東京都新宿区
講師情報
登島 和弘
インヴェンティヴ・ヘルス・ジャパン合同会社 アジア太平洋地域法務責任者
1961年神戸市生まれ
中央大学法学部法律学科卒
立命館大学法務研究科修了
スタンレー電気㈱総務部庶務課法務担当を皮切りに、
日本AT&T㈱(米系)契約課長、松下冷機株式会社法務室主事、
セジデム株式会社(仏系)コーポレートサービス部統括部長・法務部長兼任等、
を歴任し、現職。
*企業名は当時のまま。
※日本企業・外資系企業両方での国際法務経験が有り、両者の観点から国際法務
について指導を行います。
国際法務入門者向けの契約法務習得セミナーになります。
当日は、下記の流れで、こちらで用意したビジネスシチュエーションを題材に、
国際法務経験豊富な講師との双方向でのコミュニケーションを行い、
ときに、少人数のグループでのディスカッションを織り交ぜながら、
参加者が思考しアウトプットするプログラムとなっております。

売買契約・共同開発契約の審査や作成に必要な「知識」を習得するのはもちろんのこと、
一方的に話を聞くセミナーとは異なり、各契約を検討する上での「思考法・仕事術」などの
実践的な能力を習得出来るのが特徴です。

【講師からケースの説明】→【グループディスカッション】→【各グループの発表】→【講師レビュー】

★「体験講座」(2月15日開催)の参加者の声★
・書籍等では実務に近い情報が無い為、講座で具体的なケースを想定し仕事の進め方を理解出来てる内容がとてもよかったです。
・少人数で法務業務を担当している為、自分自身の経験、知識、感覚で仕事をしてしまう事が多く、
法務業務をする上で大事な思考のフレームワークを学べて良かったです。
・講義内容はもちろんですが、他社の法務担当の意見を聞く事が出来て、とても参考になりました。

★今回のテーマ★
「組織再編 会社分割」
・債務超過の状態にある、米国の職業紹介会社の日本法人が、事業許可の更新のために充足すべき資産要件について、いかなる方法でこれを充たすかを、組織再編の手法を用いて検討します。
・上記事案をベースに、組織再編を進めるための、法務部門の関連ファンクション(社長室・経理財務部・人事部・広報部等)との協力体制の築き方・動き方について検討します。
※ こちらで事前課題を用意し、受講前にケース理解を深めていただきます。
※ 本講座は「リーガルビジネススクール 国際法務担当者育成コース(全六回)」の第四回講座を兼ねております。そのため、そちらの申込者と一緒に本講座を受講いただく形となります。
申込・詳細はコチラ

あわせて抑えておきたい関連記事

記者が選ぶ今年の3大企業法務ニュース!!!...  今年の総まとめとして、3大企業法務ニュースを選んでみました。 ニュース1 法科大学院は失敗?(記事投稿日:2011-11-25) 法科大学院の乱立・定員数の削減・志願者の減少といった法科大学院制度の現状をレポートした記事。 世間一般にはあまり知られていない法科大学院の現状を分かりやすく伝えて...
独禁法の課徴金算定方法、見直しへ はじめに  公正取引委員会は23日、独禁法違反者に対する課徴金の算定方法を見直す方針を固めました。現行法では課徴金の算定率は業種によって異なっていますが、それを統一し公取委の判断で柔軟に額を決定できる方向で検討されています。 課徴金制度  課徴金とは一定の独禁法違反行為に対して課される金銭...
【無印良品インド進出】海外進出と人事... 従来の対応  海外進出して法人を新たに設立する場合、2種類の従業員が以前から存在していた。1つは本社従業員を出向させるもので、「駐在員」と呼ばれる。もう1つは、現地にいる日本人を雇う「現地採用」と呼ばれる。  まず「駐在員」について説明する。海外で法人を設立すれば、その国の法規に服することにな...