東洋製罐HDとホッカンHDの統合延期、完全子会社化について

はじめに

昨年4月に経営統合の方針を発表していた東洋製罐HDとホッカンHDは先月20日、公正取引委員会の企業結合審査が継続していることを理由に今年4月に予定していた株式交換を延期すると発表しました。今回は完全子会社化による経営統合の手法について見ていきます。

事案の概要

国内包装容器メーカーの老舗である東洋製罐HDとホッカンHDは昨年4月、株式交換による経営統合を行い、東洋製罐HDがホッカンHDを完全子会社化する旨の基本合意を締結したことを発表しました。飲料メーカーの業界再編やペットボトルの内製化、海外製品の増加等による経営環境の変化に対し両社のリソースを集約し対応することを目的としています。両社は統合推進委員会を設置し予定では昨年末に株式交換契約を締結し、今年2月に両社臨時株主総会によって承認決議を得ることとなっておりました。しかし公正取引委員会による事前の企業結合審査が現在も継続しており株式交換手続の延期を発表しました。

完全子会社化とは

ある株式会社が他の株式会社の株式の全部を保有することを完全子会社化と言います。吸収合併や新設合併同様経営統合の一形態です。完全子会社化することによってグループ企業として互いのリソースを活用し一体的な経営を行うことができます。親会社側から見ても少数株主が存在しないことから子会社のスムーズな運用ができます。子会社としても親会社の信用や評価を利用することができます。一方で完全子会社としては経営を100%親会社に握られることになり独自の経営できなくなり、また証券取引所から上場廃止になります。このような完全子会社化ですが、近年この方法による経営統合が増加しております。以下その手法を見ていきます。

完全子会社化の手法

(1)全部取得条項付種類株式による方法
完全子会社化したい会社の株式を100%取得するためには個別に株主と取引したり公開買付けを行うことも考えられます。しかしそれでは相当に時間がかかり、また応じてくれない株主も出てくることでしょう。そこで会社法ではいくつか強制的に株式を取得する方法が規定されております。その一つとして全部取得条項付種類株式があります(108条1項7号)。まず子会社側の定款変更を行い種類株式発行の旨を定めます。そして発行済株式の全てを全部取得条項付種類株式に変更し、最後に親会社の株式を対価として取得します。無償で取得し親会社に譲渡することもできます。これら一連の行為は全て株主総会の特別決議(309条2項)によって行うことができます。対価については分配可能額の範囲内でなくてはなりません(461条1項4号)。

(2)株式交換による方法
株式交換とは子会社側の株式を強制的に親会社に取得させる一種の会社間契約です(2条31号)。全部取得条項付種類株式による方法よりも簡便な手続で行うことができます。まず両社で株式交換契約を締結します(768条)。そして事前開示を行った上で株主総会の特別決議による承認を得ることになります(783条1項、795条1項、309条2項12号)。これにより子会社側の全株式は親会社に強制的に移転します。子会社株主への対価は親会社株式や金銭その他でよく、取得条項付種類株式の場合のような財源規制もありません。反面、反対株主保護のため株式買取請求に応じる必要もあります(785条、797条)。また会社債権者への通知・公告が必要となります(789条2項、799条2項)。

(3)株式移転による方法
株式移転とは株式会社の発行済株式の全部を新たに設立する株式会社に取得させることをいいます(2条32号)。この制度も株式交換と同様に煩雑な手続を必要とせずに完全親子会社関係を創設することを目的としています。株式交換は既存の会社が親会社となるのに対し、株式移転は親会社を新たに設立する点に違いがあります。親会社がまだ存在していないことから契約ではなく株式移転計画を策定します(773条)。その他は株式交換と同様に事前開示を経て承認決議を得ることになります(804条1項)。効力の発生は親会社の設立登記時となります(925条)。反対株主の保護(806条1項)や債権者への通知も同様です(810条2項)。

(4)特別支配株主の株式売渡請求による方法
子会社の株式を90%以上保有する親会社等は特別支配株主と言い、他の株主に全員に株式を売り渡すよう請求することができます(179条1項)。これは平成26年会社法改正で新設された制度で、少数株主からの株式取得(キャッシュアウト)を簡易迅速に行い柔軟な経営の実現を図ることを目的としています。特別支配株主は対象となる子会社に対し売渡請求の承認申立を行います(179条の3第1項)。そしてその旨株主に通知がなされると個別に売渡請求したことなり、特別支配株主は株式を取得することになります(179条の9)。この制度では他の方法と違い株主総会が関与しません。それ故に別途株主を保護するために差止請求(179条の7)や価格決定申立(179条の8)、取得無効の訴え(846条の2~9)が用意されております。

コメント

東洋製罐HDとホッカンHDは100年以上続く老舗であり過去にも統合がなされておりました。戦後のアメリカによる政策によって業界の過度な集中を防止するために分離がなされるほどのシェアを有していることから公取委による審査も難航しているものと思われます。審査が終了し次第具体的に株式交換契約の締結、承認決議、債権者と少数株主保護手続を経て完全親子会社となることになります。上記のように完全親子会社となる方法は各種あり、それぞれに必要な手続が異なります。迅速に経営統合したいが対価として支払う金銭をすぐには用意できない場合には株式交換による方法が適当と言えます。すでに9割以上取得しており残りの株主にはある程度支払っても迅速に完全子会社化したい場合は売渡請求によることが適当でしょう。市場におけるシェアによっては公取委による事前審査を要することもありますが、経営統合の方法は上記以外にも数多く存在します。市場や経営環境、財政状況、株主状況等に合わせて最も適当な手法を選択していくことが重要と言えるでしょう。

関連業務タグ:
関連法律タグ:
 
[著者情報] mhayashi

詳細情報はありません。

このニュースに関連するセミナー

企業
《緊急セミナー:名古開催》改正債権法に基づく契約書作成実務
2017年11月24日(金)
14:30 ~ 17:30
15,000円(資料代・消費税を含む)
名古屋市中区栄
講師情報
滝川 宜信
(行政書士滝川ビジネス契約コンサルティング代表〔特定行政書士〕・明治学院大学非常勤講師)
◆中央大学大学院法学研究科博士後期課程中退
◆㈱デンソー法務部課長~部長および名古屋大学大学院法学研究科客員教授、明治学院大学法科大学院教授(会社法・商法担当)、株式会社トーカン顧問を歴任。
・この間、中部経済連合会法規委員会専門委員長、経団連経済法規委員会企画部会委員・消費者部会委員、名古屋工業大学・名城大学法学部・中京大学法学部・南山大学法学部・法科大学院の非常勤講師を歴任。
◆日本私法学会会員、金融法学会会員
◆主な著書
『取引基本契約書の作成と審査の実務(第5版)』(単著・㈱民事法研究会)、『実践企業法務入門(第5版)』(単著・㈱民事法研究会)、『業務委託(アウトソーシング)契約書の作成と審査の実務』(単著・㈱民事法研究会)、『M&A・アライアンス契約書の作成と審査の実務』(単著・㈱民事法研究会)
『内部統制対応版企業コンプライアンス態勢のすべて〔新訂版〕』(共著・きんざい)、『リーディング会社法〔第2版〕』(単著・㈱民事法研究会)、『企業法務戦略』(共著・㈱中央経済社)、『社外取締役のすべて』(共著・東洋経済新聞社)など
改正民法施行は、2020年1月または4月と見込まれていますが、今から契約書の準備をすることが必要です。
本セミナーでは、『取引基本契約書の作成と審査の実務』など契約書の審査と実務シリーズ(民事法研究会・刊)の著者が、企業法務の担当者を対象に、直接、わかり易く丁寧に解説します。
滝川宜信・著『業務委託(アウトソーシング)契約書の作成と審査の実務』(民事法研究会・刊)に掲載の請負契約書ひな型・委任契約書ひな型に基づき具体的に条文の変更例を示し解説します。
東京開催(10月)の満員の盛況を受け、このたび名古屋開催を決定しました。
※変更例および主旨は、他の契約にも応用が可能です。
※本セミナーは、本年7月19日に、名古屋・愛知県弁護士会ホールで行った内容をバージョンアップし、3時間で解説するものです。
申込・詳細はコチラ
企業 法務ニュース 戦略法務 会社法
第91回MSサロン(東京会場)
2017年11月22日(水)
19:00 ~ 21:00
2,000円
東京都新宿区
講師情報
近内京太
2006年の弁護士登録以来、丸の内総合法律事務所にて、企業の法律顧問業務のほか、M&A、株主総会、危機管理、海外取引、企業関係訴訟、その他の企業法務全般を取り扱う。
2003年京都大学法学部、2016年ワシントン大学ロースクール(LLM)卒。2017年ワシントン州司法試験合格。2011年1月~2012年6月預金保険機構、2016年8月~2017年7月米国シアトルのShatz Law Group勤務。
趣味は、ロングトレイルを中心にランニング全般。
[近時の著作]
「自動運転自動車による交通事故の法的責任~米国における議論を踏まえた日本法の枠組みとその評価[上]・[下]」(国際商事法務44巻10号1449頁・11号1609頁) (2016)
American Bar Association, Section of International Law, Regional and Comparative Law: Asia Pacific, 51 The Year In Review 579 (2017)
セミナー(60分)の後、交流会(60分)を行います。
今回のセミナー内容は、 「民法(債権法)改正の概要と約款取引について企業のとるべき対応」です。
申込・詳細はコチラ

あわせて抑えておきたい関連記事

ゲーム機の貸出しって違法なの? 事実 ACCS(社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会)によると、兵庫県警生活経済課と生田署は、平成23年2月1日、神戸市内のホテルにおいて、客室のテレビにゲームを無断上映し、客に利用させていたとして、同ホテルを経営する神戸市の会社の役員男性(23歳)を、著作権法違反(上映権の侵害)の疑いで逮...
企業の法務担当者需要と司法試験受験生の希望... 企業における法務担当者需要 近年、企業内における法的素養を持った人材に対する需要が増してきている。1日、日本年金機構の個人情報の漏洩が発覚したが、個人情報の漏洩は公的機関だけでなく、一般企業においても度々取り上げられており、情報漏洩防止のためのコンプライアンス強化が強く望まれている。また、国内の慣...
サントリーとアサヒのノンアルコールビール訴訟に見る特許要件... はじめに ノンアルコールビールに関する特許を侵害されたとして、サントリーがアサヒビールに対し「ドライゼロ」の販売差止及び廃棄を求めていた訴訟の控訴審で20日和解が成立しました。両社はノンアルコールビールに関する製法特許の有効性について争っていました。今回は特許要件である新規性と進歩性について見...