法務経験者の採用

法務経験者の中途採用は他職種と比較し、
判断が難しいという声をよく聞きますので、下記にまとめました。

法務経験者採用時に注意すべき点

  • 経験を具体的に深く確認する
  •  経験年数、経験業務内容について、
     具体的な内容、業務量、業務の進め方等を、
     深くヒアリングする必要があります。
     会社によって法務の役割、業務内容、業務の進め方がが違いますので、
     これまでの法務経験が転職先でスムーズに生かせるかどうか把握する事が重要です。

  • 入社後の業務範囲について確認する
  •  法務専任、法務兼任、総務担当で法務業務も一部担当等、
     法務担当といっても会社によって業務範囲が違います。
     法務経験者の場合、法務以外の仕事を兼任する事に難色を示す方も多いため、
     ミスマッチとならないように、入社後の業務内容について事前に正しく伝え、
     理解してもらう事が重要です。

  • 経験企業の事業内容、業界との相性に気を付ける
  •  事業内容、業界によって業務内容、関連法令が大きく違うケースが多くございます。
     違う業界から転職し、過去の経験が全く生かせず、
     戦力になるまでに時間がかかるという声もよく聞きますので、
     経験してきた企業と転職先の企業の違いを認識し、
     入社後活躍できるかどうか、事前に考える事が重要です。

上記注意すべき点を、これまでの事例、経験から判断し、
ミスマッチとならないご紹介を心掛けております。
採用ニーズのある企業様は、下記からご連絡ください。

お問い合わせはこちらから

※当社の個人情報保護方針に同意していただいたうえでお申込ください。

例)鈴木 一郎
必須
例)すずき いちろう
任意
例)株式会社鈴木商事
必須
例)03-1234-5678
必須
例)t-suzuki@example.com
※メールアドレスとして正しい形式で入力する必要があります。
必須
例)t-suzuki@example.com
※入力間違いの確認のため、上記に入力したアドレスを再度ご入力ください。
必須
任意
※不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をご登録アドレスにメールにてお知らせしております。
必須
※記事コンテンツを掲載したい方は、コチラ