業務内容: 広告法務 に関する記事一覧

記事:ジャパネットたかたに対する景品表示法に基づく措置についてのイメージ画像
法務ニュース

ジャパネットたかたに対する景品表示法に基づく措置について

sawada (2018/10/26 12:00)

10月18日、消費者庁は、株式会社ジャパネットたかたに対し、広告に不当な表示があったとして再発防止を求める命令を行いました。広告の表示には法律上の規制があり、この規制に違反した者には措置命令という、広告の差止め等の命令が行われます。この命令に違反した場合には、事業者の懲役や罰金等の重い罰則が科されることもあり、法務としては慎重に対応していく必要があります。

記事:アフィリエイト広告使用に関する問題点についてのイメージ画像
法務コラム

アフィリエイト広告使用に関する問題点について

mhayashi (2018/10/03 10:02)

 日経新聞電子版は1日、消費者庁がアフィリエイト広告を使用している場合に広告主側にも景表法上の責任を問い始めた旨報じました。今年6月に出された通販会社への措置命令でアフィリエイトサイトへの対応を命じていたとのことです。今回はアフィリエイト使用に関する問題点を見ていきます。

記事:キリン堂に措置命令、処分例から見る「優良誤認」のイメージ画像
企業

キリン堂に措置命令、処分例から見る「優良誤認」

mhayashi (2018/09/07 17:05)

消費者庁は4日、サプリメントを飲むだけで痩せられると宣伝して販売していた「キリン堂」(大阪市)に対し景表法違反で措置命令を出していたことがわかりました。提出された資料からは痩身効果の根拠が認められなかったとのことです。今回はサプリメント等の優良誤認を処分例から見ていきます。

記事:広告作成時に気を付けたい景表法上のポイントのイメージ画像
法務ニュース

広告作成時に気を付けたい景表法上のポイント

arai (2018/05/11 12:00)

消費者庁は、商品やサービスの広告について、景品表示法上の不当表示にあたる広告を作成したと判断した企業に対し、措置命令を発令します。17年度の措置命令は同庁発足後最多の50件を記録しており、同庁表示対策課は、今後も違反が疑われる事例について、積極的に調査していく方針です。措置命令が発せられた場合、企業イメージが悪化することは避けられません。そこで今回は、①表示該当制②不当表示該当制③その他の注意事項④コンプライアンス体制という観点から、広告作成時に気を付けたいポイントについて検討していきます。

記事:不当表示の摘発についてのイメージ画像
法務ニュース

不当表示の摘発について

arai (2018/05/10 12:00)

商品や役務を取引する際、企業は広告に当該商品や役務に関する情報を載せます。一般消費者の合理的な選択の妨げとならないよう、表示は適切に行う必要があります。景品表示法は、広告の不当表示を禁止しています。
近年、消費者庁は不当表示の摘発を加速しており、17年度の措置命令件数(50件)は前年の2倍近くに達しています。そこで今回は、①不当表示の類型②不当表示認定のリスクについて③打ち消し表示について④企業における今後の方針について検討していきます。

記事:湯迫温泉に対する措置命令、景品表示法について のイメージ画像
法務ニュース

湯迫温泉に対する措置命令、景品表示法について 

fujisawa (2018/03/05 12:00)

多くの商品やサービスに囲まれる中で、それらをどのようにアピールするかは重要となっているといえるでしょう。良いものであっても適切なアピールをしなければ、市場の中で埋もれてしまいます。もっとも、どんな内容のアピールであってもいいというものではなく、その表示の方法や内容については景品表示法による規律がなされています。今回は、湯迫(ゆば)温泉に対する景品表示法に基づく措置命令を題材に、景品表示法の規制について、本事件で問題となった優良誤認(以下、詳述します。)について見ていきます。