業務内容: 契約法務 に関する記事一覧

記事:下請法違反でファミリーマートに勧告のイメージ画像
法務ニュース

下請法違反でファミリーマートに勧告

yamazaki (2016/09/06 12:00)

 コンビニ大手のファミリーマートが、売れ残った商品の代金を負担させるなどのいわゆる「下請けいじめ」を繰り返し、納入業者20社に対して合わせて6億5000万円を不当に支払わせていたとして、公正取引委員会から8月25日、勧告を受けました。そこで、今回は下請法について取り上げたいと思います。

記事:【法務NAVIまとめ】契約書に不備があった場合の対処についてのイメージ画像
法務NAVIまとめ

【法務NAVIまとめ】契約書に不備があった場合の対処について

kamishima (2016/08/15 12:00)

企業が当事者になる契約の場合、契約書を作成するのが一般的です。もっとも、信頼取引という立場から契約書を作成しなかったり、契約書自体は作成したものの記載事項に不備があるという事態は少なからず存在します。そこで、このような事態が生じた場合の対処方法についてまとめたいと思います。

記事:特定商取引法の平成28年改正についてのイメージ画像
法務ニュース

特定商取引法の平成28年改正について

gamo (2016/06/17 19:59)

 「特定商取引に関する法律の一部を改正する法律案」が、5月25日、参議院本会議で全会一致で可決成立し、特定商取引法が改正されました。来年にも施行される予定です。客観的な事実を説明することに対する罰金刑の上限が大幅に引き上げられるなど、厳格な方向への改正のため、改正内容の検討が必要です。

記事:三菱東京UFJ銀行が独自の仮想通貨を開発中!?【仮想通貨利用にあたっての法的リスク】のイメージ画像
法務ニュース

三菱東京UFJ銀行が独自の仮想通貨を開発中!?【仮想通貨利用にあたっての法的リスク】

arima (2016/06/13 20:06)

平成28年6月10日、大手銀行の1つである三菱東京UFJ銀行が独自の仮想通貨を開発した上、近い将来銀行実務で活用する予定であることが分かった。
そこで、第一にそもそも仮想通貨とは何か、第二に仮想通貨を用いることのメリットとデメリットについて、第三に仮想通貨を利用するにあったての法的なリスクについて、最後に仮想通貨活用に対する今後の企業側の対策について検討していきます。