業務内容: 商事法務 に関する記事一覧

記事:【特集】 第4回 社債の発行のイメージ画像
法務NAVIまとめ

【特集】 第4回 社債の発行

moriyama (2017/11/29 12:00)

企業法務ナビの企画編集部です。最終回になる今回は「社債の発行」についてをテーマにしてお送りしようと思います。社債とは、会社が行う割当によって発生する、会社に対する金銭債権(会社法2条23号)のこと、つまり、企業が資金調達のために発行する債券のことです。社債には、①普通社債、②劣後債、③永久債、④新株予約権付社債がありますが、投資家に定期的に利払いされるという点に変わりありません。では、社債の発行について見ていきましょう。

記事:【特集】第3回 種類株式の発行のイメージ画像
法務NAVIまとめ

【特集】第3回 種類株式の発行

moriyama (2017/11/28 12:00)

企業法務ナビの企画編集部です。今回も前回に引き続き、特集記事「企業による資金調達」をお送りします。株式会社では株式を発行して資本金として資金調達をすることができます。その際、発行する株式の内容を自由に設計できる種類株式というものがあります。そこで、第3回となる今回は「種類株式の発行」について、見ていきたいと思います。

記事:【特集】第2回 新株の発行についてのイメージ画像
法務NAVIまとめ

【特集】第2回 新株の発行について

moriyama (2017/11/24 12:00)

企業法務ナビの企画編集部です。今回も「企業による資金調達」をテーマに特集記事をお送りしたいと思います。第2回の今回は、新株発行についてまとめていきます。広い意味での新株発行は、株式分割(会社法183条)、株式の無償割当て(法185条)、新株予約権の行使(法280条)、吸収合併(法749条)、吸収分割(法757条)、株式交換(法767条)等の方法も含まれますが、今回は、スタンダードな手続についてまとめていきます。

記事:【特集】第1回 企業が資金調達をする手段のイメージ画像
法務NAVIまとめ

【特集】第1回 企業が資金調達をする手段

moriyama (2017/11/22 18:30)

企業法務ナビの企画編集部です。今回の特集記事は、企業が資金調達をする場合に、会社法上どのような手段があり、企業法務担当者はどのような点について注意する必要があるのかを見ていきたいと思います。第1回目の今回は、会社法上規定されている「企業が資金調達をする手段」について簡単に紹介したいと思います。

記事:アルプス電気の株式交換に投資家が反発、割当比率についてのイメージ画像
法務コラム

アルプス電気の株式交換に投資家が反発、割当比率について

mhayashi (2017/11/15 14:34)

株式交換により車載機器大手アルパインの完全子会社化を計画しているアルプス電気に対し、株式交換比率が適切でないとして同社株主であるオアシス・マネジメント・カンパニーが反発していることがわかりました。株式交換手続の中でも重要で部分である割当比率の決定。今回は株式交換比率について見ていきます。

記事:【特集】第5回 総会の議長の権限行使について のイメージ画像
法務NAVIまとめ

【特集】第5回 総会の議長の権限行使について 

moriyama (2017/10/25 12:00)

企業法務ナビの企画編集部です。「株主総会における企業の対応」というテーマで特集記事をお送りしてきましたが、第5回目の今回が最終回となります。今回は、株主総会の議事進行を務める議長の権限行使について、そもそも議長は誰がやるのか、どのような権限を持っているのか、といった観点からみていきたいと思います。

記事:【特集】第4回 株主の議決権行使についてのイメージ画像
法務NAVIまとめ

【特集】第4回 株主の議決権行使について

moriyama (2017/10/24 12:00)

企業法務ナビの企画編集部です。今回は株主総会における株主の議決権行使について紹介します。株式会社において、株主の議決権行使は、会社所有者たる株主が会社の経営や意思決定に参加できるほぼ唯一の機会です(会社法105条1項3号、308条以下)。特に近年においては、厳格なコーポレートガバナンスの保持が求められており、適正な議決権行使の徹底が会社評価に大きく影響を与えます。
会社に属する法務担当者として、議決権行使のいかなる点に注意しなければならないのか、取り上げていきたいと思います。