業務内容: 商事法務 に関する記事一覧

記事:コーポレートガバナンス・コード改定への動きのイメージ画像
法務コラム

コーポレートガバナンス・コード改定への動き

mhayashi (2018/04/03 11:26)

金融庁は先月13日、企業統治指針(コーポレートガバナンス・コード)の改定案を発表しました。社外取締役の比率の増加や最高経営責任者(CEO)の選任手続きをわかりやすく明示することが新たに盛り込まれます。今回はコーポレートガバナンス・コードの概要と改正のポイントについて見ていきます。

記事:社外取締役制度のメリット・導入時の手続き等のイメージ画像
法務ニュース

社外取締役制度のメリット・導入時の手続き等

arai (2018/03/27 12:00)

上場企業の間で、社外取締役に他の企業での経営の経験を積んだ人材を登用する動きが広がっています。社外取締役制度の導入は大企業でこそ行われるようになってきましたが、中小企業にはまだまだ広がっていないのが実情です。そこで本稿では社外取締役のメリットをお伝えし、導入を検討される企業様においてすべきことや注意点等を解説したいと思います。

記事:【特集】 第4回 社債の発行のイメージ画像
法務NAVIまとめ

【特集】 第4回 社債の発行

moriyama (2017/11/29 12:00)

企業法務ナビの企画編集部です。最終回になる今回は「社債の発行」についてをテーマにしてお送りしようと思います。社債とは、会社が行う割当によって発生する、会社に対する金銭債権(会社法2条23号)のこと、つまり、企業が資金調達のために発行する債券のことです。社債には、①普通社債、②劣後債、③永久債、④新株予約権付社債がありますが、投資家に定期的に利払いされるという点に変わりありません。では、社債の発行について見ていきましょう。

記事:【特集】第3回 種類株式の発行のイメージ画像
法務NAVIまとめ

【特集】第3回 種類株式の発行

moriyama (2017/11/28 12:00)

企業法務ナビの企画編集部です。今回も前回に引き続き、特集記事「企業による資金調達」をお送りします。株式会社では株式を発行して資本金として資金調達をすることができます。その際、発行する株式の内容を自由に設計できる種類株式というものがあります。そこで、第3回となる今回は「種類株式の発行」について、見ていきたいと思います。

記事:【特集】第2回 新株の発行についてのイメージ画像
法務NAVIまとめ

【特集】第2回 新株の発行について

moriyama (2017/11/24 12:00)

企業法務ナビの企画編集部です。今回も「企業による資金調達」をテーマに特集記事をお送りしたいと思います。第2回の今回は、新株発行についてまとめていきます。広い意味での新株発行は、株式分割(会社法183条)、株式の無償割当て(法185条)、新株予約権の行使(法280条)、吸収合併(法749条)、吸収分割(法757条)、株式交換(法767条)等の方法も含まれますが、今回は、スタンダードな手続についてまとめていきます。

記事:【特集】第1回 企業が資金調達をする手段のイメージ画像
法務NAVIまとめ

【特集】第1回 企業が資金調達をする手段

moriyama (2017/11/22 18:30)

企業法務ナビの企画編集部です。今回の特集記事は、企業が資金調達をする場合に、会社法上どのような手段があり、企業法務担当者はどのような点について注意する必要があるのかを見ていきたいと思います。第1回目の今回は、会社法上規定されている「企業が資金調達をする手段」について簡単に紹介したいと思います。