業務内容: 商事法務 に関する記事一覧

記事:3割超が株式報酬を導入、役員報酬についてのイメージ画像
法務コラム

3割超が株式報酬を導入、役員報酬について

mhayashi (2017/07/11 14:56)

日経新聞電子版は10日、上場会社の3分の1が役員への報酬として株式報酬を導入した旨報じました。固定の基本報酬に加えて中・長期の業績連動型報酬制度の導入が進んでいるようです。株主と同じ目線で業績アップを目指す経営が期待されているとのことです。今回は業績連動型報酬と会社法上の規制について見ていきます。

記事:タカタが中国系企業に主力事業を譲り渡し、事業譲渡についてのイメージ画像
企業

タカタが中国系企業に主力事業を譲り渡し、事業譲渡について

mhayashi (2017/06/27 16:40)

26日に東京地裁に民事再生法適用の申請を行ったタカタがエアバッグ組み立てなどの主力事業を中国・寧波均勝電子の系列企業に譲渡する計画であることがわかりました。対価をリコール債務などに当てるとのことです。今回は会社法上の事業譲渡の手続について見ていきます。

記事:オリンパス元役員に590億円の賠償命令、違法配当の責任についてのイメージ画像
法務ニュース

オリンパス元役員に590億円の賠償命令、違法配当の責任について

mhayashi (2017/05/23 15:00)

巨額の粉飾決算と違法配当が行われていたことについてのオリンパス旧経営陣に対する株主代表訴訟で先月27日、東京地裁は総額約590億円の賠償を命じました。相当長期間にわたる粉飾とそれに基づく違法配当により過去2番目に高額な賠償額となっております。今回は違法配当の責任について見ていきます。

記事:東京地裁がロッテ創業者解任を有効と判断、取締役会決議の瑕疵についてのイメージ画像
法務ニュース

東京地裁がロッテ創業者解任を有効と判断、取締役会決議の瑕疵について

mhayashi (2017/04/18 15:56)

ロッテグループ創業者の重光武雄氏が取締役会で代表権を剥奪されたことを不服として決議無効確認を求めていた訴訟で東京地裁は13日、決議は有効として棄却していました。取締役会の決議に法令の定める手続違反等がある場合の有効性はどうなるのでしょうか。今回は取締役会決議の瑕疵について見ていきます。

記事:東芝 臨時株主総会で責任追及 経営判断の原則とはのイメージ画像
法務ニュース

東芝 臨時株主総会で責任追及 経営判断の原則とは

moriyama (2017/04/14 12:30)

経営再建中の株式会社東芝(本社:東京都港区)は2017年3月29日、千葉県千葉市にある幕張メッセで臨時株主総会を開きました。株主総会に参加した株主からは2006年に経営判断について、「誤りだったのではないか」との厳しい意見が相次ぎました。
そこで、今回は企業がどのような場合に経営責任を追及されるのかを見ていきたいと思います。

記事:三井住友トラストがガバナンス体制刷新へ、指名委員会等設置会社とはのイメージ画像
企業

三井住友トラストがガバナンス体制刷新へ、指名委員会等設置会社とは

mhayashi (2017/03/15 09:21)

三井住友トラスト・ホールディングスは先月14日、6月開催予定の定時株主総会をもって指名委員会等設置会社に移行する旨発表しました。コーポレート・ガバナンス体制を強化し迅速な業務執行と、それに対する監査・監督機能を充実させることが狙いです。今回は会社法の定める指名委員会等設置会社について見ていきます。