業務内容: 労務法務 に関する記事一覧

記事:大阪地裁「ホストの一気飲みは業務」、労災要件についてのイメージ画像
法務ニュース

大阪地裁「ホストの一気飲みは業務」、労災要件について

mhayashi (2019/06/20 09:03)

 大阪ミナミのホストクラブで2012年にホストの男性が一気飲みをして死亡したのは業務が原因であるとして遺族が労災認定を求めていた訴訟で先月29日、大阪地裁は労災であることを認めました。サービス業での飲酒に関する司法判断は初とのことです。今回は労災要件を見直していきます。

記事:朝日新聞に労働委が救済命令、不当労働行為と救済についてのイメージ画像
企業

朝日新聞に労働委が救済命令、不当労働行為と救済について

mhayashi (2019/06/11 13:40)

 東京都労働委員会は10日、労働組合への便宜供与を理由なく拒否したとして朝日新聞社に対し救済命令を出していたことがわかりました。不当労働行為に該当すると認定されたとのことです。今回は労働契約法が規制する不当労働行為とその救済について見なおしていきます。

記事:導入は1%、高度プロフェッショナル制度についてのイメージ画像
法務コラム

導入は1%、高度プロフェッショナル制度について

mhayashi (2019/05/08 11:11)

 産経新聞は5日、主要企業を対象としたアンケートで「高プロ」制度を導入する予定と回答した企業はわずか1%である旨報じました。新たな労働形態への慎重姿勢の現れと言えます。今回は今年4月から導入が可能となった高度プロフェッショナル制度について見直していきます。

記事:製菓会社に賠償命令、給与減額の可否のイメージ画像
法務ニュース

製菓会社に賠償命令、給与減額の可否

mhayashi (2019/04/24 18:19)

 製菓会社の男性従業員が一方的に給与を減額されたとして減給の無効確認や慰謝料の支払いを求めていた訴訟で15日、福岡地裁は減給を無効とし、慰謝料70万円の支払いを命じていたことがわかりました。同社社長は「裁判でもなんでもどうぞ」などと挑発していたとされます。今回は給与減額の可否について見ていきます。

記事:パナソニック子会社の解雇無効訴訟で成立、和解についてのイメージ画像
企業

パナソニック子会社の解雇無効訴訟で成立、和解について

mhayashi (2019/04/10 16:40)

 パナソニックの子会社の元男性従業員(53)が休職し復職後に解雇されたのは不当であるとして地位確認などを求めていた訴訟で和解が成立していたことがわかりました。同社は3200万円支払い、男性側はすべての訴訟を取り下げるとのことです。今回は和解とその種類について見ていきます。

記事:日産自動車に残業代支払い命令、労基法の管理監督者についてのイメージ画像
企業

日産自動車に残業代支払い命令、労基法の管理監督者について

mhayashi (2019/03/29 17:32)

 日産自動車で管理職として働いていた男性(当時42)の妻が未払い残業代の支払いを求めていた訴訟で26日、横浜地裁は約350万円の支払いを命じました。管理監督者には該当しないとのことです。今回は労働基準法の規定の一部が適用除外となる管理監督者について見直します。