業務内容: 労務法務 に関する記事一覧

記事:リクナビがジャパンビバレッジ求人掲載停止、求人情報適正化ガイドラインについてのイメージ画像
企業

リクナビがジャパンビバレッジ求人掲載停止、求人情報適正化ガイドラインについて

mhayashi (2018/10/16 12:02)

 大手求人サイト「リクナビ」がジャパンビバレッジ東京の求人掲載を今月10日から停止していたことがわかりました。同社労働組合などからの要請に基づくものとされております。今回は厚生労働省が策定した求人情報提供ガイドラインについて見ていきます。

記事:「はれのひ」賃金不払いで不起訴、最低賃金法の規制についてのイメージ画像
企業

「はれのひ」賃金不払いで不起訴、最低賃金法の規制について

mhayashi (2018/10/09 10:45)

 今年の成人式直前に倒産した着物店「はれのひ」(横浜市)が従業員に賃金を支払わなかったとして横浜南労基署に書類送検されていた問題で、横浜地検は5日、不起訴処分としていたことがわかりました。従業員らの労基署への相談で発覚したものとのことです。今回は賃金不払いに対する法規制について見ていきます。

記事:手当方式による固定残業代の支払いについてのイメージ画像
法務ニュース

手当方式による固定残業代の支払いについて

sawada (2018/10/01 12:00)

固定残業代制度は、労働者の残業時間が所定の残業時間内であれば、残業代の算出をする必要がないというメリットがあります。その一方で、残業代の節約のために制度を悪用する企業が問題となっており、判例では固定残業代の有効性が否定されるケースが数多くあります。固定残業代の有効性が否定された場合は、支給した賃金の他に時間外労働分の割増賃金を支払う必要があります。今回は、そのような傾向の中で、固定残業代の有効性が肯定された事例について紹介いたします。

記事:労基法上の休憩時間規制についてのイメージ画像
法務コラム

労基法上の休憩時間規制について

mhayashi (2018/09/25 12:15)

 近年従業員、特にパートタイム従業員が労基法で定める休憩時間が十分に与えられていない、または自主的に休憩を取っていないなどの理由で労基署から是正指導を受けるケースが増えております。法規制の存在自体知らなかったという場合多いとされます。今回は労基法上の休憩時間規制について見ていきます。

記事:頭丸刈りで賠償命令、「指導」と「パワハラ」についてのイメージ画像
法務ニュース

頭丸刈りで賠償命令、「指導」と「パワハラ」について

mhayashi (2018/09/18 10:21)

 運送会社にトラック運転手として勤務していた男性(40)が社長らに頭を丸刈りにされ、土下座させられたりといったパワハラを受けていたとして会社側に賠償を求めていた訴訟で14日、福岡地裁は1541万円の支払いを命じていたことがわかりました。今回は適切な指導と違法なパワハラの基準について見ていきます。