業務内容: 債権回収・与信管理 に関する記事一覧

記事:法定金利超の貸付けで貸金業者を逮捕、利息の規制についてのイメージ画像
法務コラム

法定金利超の貸付けで貸金業者を逮捕、利息の規制について

mhayashi (2017/10/06 16:24)

中小企業経営者らに最高で法定利息の約22倍で貸し付けを行っていたとして、警視庁は6日までに貸金業「中央サポート」(東京都文京区)の代表藤田真人容疑者(38)とその従業員らを逮捕していたことがわかりました。今回は利息に関する法令の規制について見ていきます。

記事:与信管理まとめのイメージ画像
法務NAVIまとめ

与信管理まとめ

akaishisawa (2017/09/19 19:00)

与信管理というと、法務担当者には縁のないことのように感じる方もおられるかもしれませんが、法務担当者も、審査法務部という形や、倒産対応・債権管理業務等を通じて、与信判断に関わることが考えられるとともに、一般的な法務としても、契約書審査を行うと同時に、取引先の企業審査の体制を整えることも重要と考えられますので、今回は、与信管理業務についてご紹介したいと思います。

記事:最高裁が初判断、事業実態が無かった場合の「信用保証」についてのイメージ画像
法務ニュース

最高裁が初判断、事業実態が無かった場合の「信用保証」について

mhayashi (2016/12/20 17:27)

銀行による融資後に融資先中小企業の事業実態が存在していないことが判明した場合、信用保証協会による保証は有効であるかが争われていた訴訟の上告審で19日、最高裁は保証が有効であり協会が債務を負担すべきとの判決を言い渡しました。今回は事後事業実態が無く債権回収の見込みが無いことが分かった場合の信用保証について見ていきます。

記事:回答拒否に対する賠償責任を否定、弁護士会照会制度についてのイメージ画像
法務コラム

回答拒否に対する賠償責任を否定、弁護士会照会制度について

mhayashi (2016/10/21 10:14)

転居先の住所照会につき回答を拒否した日本郵便に対して愛知県弁護士会が損害賠償を求めていた訴訟の上告審で最高裁は18日、賠償責任を否定しました。相手の氏名、名称、所在地等が不明な場合などに利用される照会制度。照会する場合もあれば逆に照会を受けることもあります。今回はそうした照会制度について見ていきます。

記事:債務者の口座を裁判所が特定、民事執行法改正への動きのイメージ画像
法務コラム

債務者の口座を裁判所が特定、民事執行法改正への動き

mhayashi (2016/09/14 17:17)

法務省は12日、債務者の銀行口座情報を裁判所が銀行等の金融機関に照会して特定できる制度の創生に向けて検討を始めました。売掛金債務や賠償金、養育費等を任意に弁済しない債務者の預金等を強制執行により差押えることを容易にするための制度です。今回は債権を強制的に実現する強制執行手続について概観します。

記事:債権回収業者の一覧公表、サービサーとはのイメージ画像
法務コラム

債権回収業者の一覧公表、サービサーとは

mhayashi (2016/08/19 13:58)

法務省は15日、現在営業を許可されている債権管理回収業者の一覧をHP上で公開しました。特別な許可のもとに法律上営業が許される債権管理回収業。どのような企業が許可を受けることができるのか、どのような債権を扱うことができるのか、債権管理回収業の概要について見ていきたいと思います。