法律名: 消費者契約法 に関する記事一覧

記事:消費者契約法の改正点完全網羅のイメージ画像
企業

消費者契約法の改正点完全網羅

yuichi (2017/07/12 15:00)

6月3日に改正消費者契約法が施行されて約1ヶ月が経過しました。
今回の改正では、特に認知症などで判断能力の低下した高齢者を保護するものとなりました。これに伴い、従来は違法でなかった契約が今後は違法となる場合が出てきました。
そこで今回は、新しい消費者契約の改正点について、あらためて確認したいと思います。

記事:消費者契約法の差止め、取消しの対象となる「勧誘」の意義と、不実告知のイメージ画像
法務ニュース

消費者契約法の差止め、取消しの対象となる「勧誘」の意義と、不実告知

kawashima (2017/06/28 12:00)

消費者契約法の「勧誘」の意義については、「特定の者に向けた勧誘」に限られるのか、「不特定多数の者に向けた広告」をも含むのか裁判例で争いがありました。クロレラ差止請求事件最高裁判決(最判平成29年1月24日)では、消費者契約法12条の「勧誘」の意義について、後者であると判断されました。
以下では、「勧誘」に加え、差止請求の要件となる不実告知(消費者契約法4条1項1号)についても、考察を加えます。なお、消費者契約法については、以下、単に「法」と記載します。

記事:消費者団体がNTTドコモを提訴(消費者契約法10条)のイメージ画像
法務ニュース

消費者団体がNTTドコモを提訴(消費者契約法10条)

chisaka (2017/01/26 20:30)

NTTドコモの通信サービス契約の約款が、「ドコモの一方的な意思表示で無制限に変更でき、消費者契約法に違反している」として、埼玉県の消費者団体(NPO法人「埼玉消費者被害をなくす会」)がNTTドコモを相手取り、こうした約款による契約の差し止めを求める訴訟を25日に東京地裁に提訴しました。

記事:最高裁が初判断、消費者契約法の規制対象についてのイメージ画像
法務ニュース

最高裁が初判断、消費者契約法の規制対象について

mhayashi (2017/01/25 13:06)

消費者団体が健康食品会社「サン・クロレラ販売」に対し新聞折込チラシが景表法、消費者契約法に違反するとして差止を求めていた訴訟の上告審で24日、最高裁は広告も消費者契約法の規制する勧誘行為に該当するとの初判断を示しました。今回は消費者契約法の規制について見ていきます。

記事:消費者団体の指摘によりジャニーズファンクラブ規約改訂へのイメージ画像
法務コラム

消費者団体の指摘によりジャニーズファンクラブ規約改訂へ

mhayashi (2016/11/25 16:51)

芸能事務所ジャニーズ所属タレントのファンクラブ会員規約が消費者団体からの指摘を受けて来年にも見直されることがわかりました。会員規約には事務所側の都合により一方的に改訂できることや退会となった会員は損害賠償等が一切できないなどと規定されておりました。今回はこのような規定の消費者契約法上の問題について見ていきます。