法律名: 民法・商法 に関する記事一覧

記事:風評被害と不法行為のイメージ画像
法務ニュース

風評被害と不法行為

narisawa (2017/10/31 17:00)

消費者庁は10月11日、第10回の食品中の放射性物質等に関する意識調査をおこない、風評被害の消費者意識に関する調査結果を報告しました。風評被害は企業に重大な損失を与える可能性が高く、企業にとっても無視できない事柄のひとつと考えられます。今回は、企業が風評被害を被って民法の不法行為に基づく損害賠償をした場合に、どのような対応をとるべきか、主張内容や認定額について見ていきながら考えてみたいと思います。

記事:【特集】第1回目 社員の犯罪予防策と発覚後の対応についてのイメージ画像
法務NAVIまとめ

【特集】第1回目 社員の犯罪予防策と発覚後の対応について

moriyama (2017/10/12 15:00)

昨今、企業において、社員や役員の犯罪による不祥事が話題となっております。では、社員や役員が犯罪を起こした場合に企業の法務担当者はどのように対応すべきなのでしょうか。そこで、今回から、「社員が犯罪を行った場合の企業の対応」というテーマで全3回の特集記事をお送りしたいと思います。初回は、「社内での犯罪予防手段と発覚後の対応」についてご紹介いたします。

記事:大企業に相次ぐ不祥事とカビ型行為のイメージ画像
法務ニュース

大企業に相次ぐ不祥事とカビ型行為

akaishisawa (2017/10/11 12:00)

昨今、大企業による、検査の偽装やデータの改ざんといった不祥事が相次いでおり、これらの問題に共通するのは、組織内で、不正行為が、長期間にわたって恒常化し、広範囲に蔓延している点です。弁護士の郷原信郎氏は、こうした時間的・場所的な拡がりを持った不正行為を、カビ型行為と呼び、日本の企業不祥事の特質として指摘しています。今回は、この日本の企業不祥事の特質としてのカビ型行為について、ご紹介したいと思います。

記事:債権法改正~債務不履行責任(民法415条)のイメージ画像
契約法務

債権法改正~債務不履行責任(民法415条)

matsu (2017/09/27 12:00)

平成29年5月26日、「民法の一部を改正する法律案」及び「民法の一部を改正する法律の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律案」が国会で可決成立し、長年議論されてきた債権法改正が現実のものとなりました。本稿では、企業法務においても最もなじみの深い条文の一つともいえる民法415条(債務不履行責任)の改正についてまとめていきたいと思います。

記事:与信管理まとめのイメージ画像
法務NAVIまとめ

与信管理まとめ

akaishisawa (2017/09/19 19:00)

与信管理というと、法務担当者には縁のないことのように感じる方もおられるかもしれませんが、法務担当者も、審査法務部という形や、倒産対応・債権管理業務等を通じて、与信判断に関わることが考えられるとともに、一般的な法務としても、契約書審査を行うと同時に、取引先の企業審査の体制を整えることも重要と考えられますので、今回は、与信管理業務についてご紹介したいと思います。