法律名: 民法・商法 に関する記事一覧

記事:ペイペイで不正請求被害、関係者の法律関係についてのイメージ画像
法務ニュース

ペイペイで不正請求被害、関係者の法律関係について

oisi (2019/01/24 12:00)

スマートフォンを使った決済サービス「ペイペイ」で、クレジットカードが不正に利用される事件が世間を騒がせました。ペイペイは昨年の12月4日~13日まで総額100億円を還元するキャンペーンを実施しており、その際クレジットカード情報が不正に取得され、利用されたとみられています。今回は不正請求がなされた場合の法律関係を中心に検討したいと思います。

記事:ネットの風評被害への対応のイメージ画像
法務ニュース

ネットの風評被害への対応

maekawa (2018/11/27 23:18)

誰でも簡単にネットから、企業等の口コミを自由に書くことができるため、企業の評判を上げるような良い書込みだけでなく、企業の評判を貶めるような悪い書込みも増えました。悪い噂は真実でなくともあっという間に広がり、企業の評判や信用をおとすなど風評被害が生じるおそれが大いにあります。そのような風評被害についてどのように対策をすべきか、みていきたいと思います。

記事:内部監査へのAI導入のリスク対応についてのイメージ画像
法務ニュース

内部監査へのAI導入のリスク対応について

oisi (2018/10/25 12:00)

相次ぐ会計不祥事を受けて、監査法人が人工知能(AI)を監査の現場で活用する動きが広がっています。日本の四大監査法人がAIの活用に取り組みだしたのは、ここ2、3年のことであり、会計の異常値を検出するAIシステムの導入などによって不正会計の兆候を見抜いたり、公認会計士の負担を減らす業務支援に使われたりしています。
今回はAIの導入によって内部監査がどのように変化するかを踏まえた上で、AI導入のリスク認識と対応についてみていきたいと思います。

記事:民法改正により約款規定制定 その内容は!? のイメージ画像
法務ニュース

民法改正により約款規定制定 その内容は!? 

yoshimura (2018/10/04 12:00)

現代社会において、よく事業者側が提示する「利用規約」というものがあります。いわゆる約款と言われるものですが、この約款については民法上の規定が無く明確なルール下で運用されていませんでした。そこで、2020年から施行される民法の債権法改正によって「定型約款」が規定されました。

記事:契約電子化のメリット・デメリットについてのイメージ画像
法務NAVIまとめ

契約電子化のメリット・デメリットについて

arai (2018/09/28 12:00)

電子契約サービスの「ホームズ」を運営するリグシーは米最大手のドキュサインと提携し、海外企業に契約の締結依頼を配信できる国際サービスを開始します。契約をweb上で行うサービスは様々登場していますが、「紙に印鑑」の文化が根付く日本企業にとっては、電子契約への移行は心理的なハードルが高く、普及には至っていないというのが現状です。そこで本稿は、契約に携わる法務部員の皆様において、電子契約を導入するか否かを考える際の指標となるべく、契約電子化のメリットとデメリットをお伝えしようと思います。