法律名: 民法・商法 に関する記事一覧

記事:7pay不正アクセス被害、企業に生じる危険性のあるリスクのイメージ画像
法務ニュース

7pay不正アクセス被害、企業に生じる危険性のあるリスク

koike (2019/08/28 17:00)

キャッシュレス化の波が押し寄せる中、コンビニ最大手の「セブン‐イレブン」が満を持してリリースしたキャッシュレスサービは、リリース当日に不正アクセスの被害を被り、最終的には9月末でサービスの終了が決まりました。
今回の被害から、企業に発生しうるリスクについて探ります。

記事:最高裁が初判断、再転相続と熟慮期間についてのイメージ画像
法務ニュース

最高裁が初判断、再転相続と熟慮期間について

mhayashi (2019/08/27 16:21)

 再転相続で知らない間に債務を承継していた女性が債権回収会社に対して強制執行しないよう求めていた訴訟で最高裁は9日、女性の相続放棄を認める判断を示しました。再転相続と熟慮期間に関する初の最高裁判断とのことです。今回は債務者に再転相続が生じた場合の熟慮期間について見ていきます。

記事:【改正民法】定型約款に関する規制についてのイメージ画像
法務コラム

【改正民法】定型約款に関する規制について

mhayashi (2019/08/16 16:17)

 平成29年(2017年)5月26日に成立した改正民法が令和2年(2020年)4月1日に施行されます。制定以来120年ぶりの大改正により約200項目に及ぶ変更が加えられております。今回はこれまで条文による規定が置かれていなかった定型約款に関する新設規定を見ていきます。

記事:表明保証条項の概要と機能まとめのイメージ画像
法務NAVIまとめ

表明保証条項の概要と機能まとめ

matsuo (2019/08/08 18:30)

株式譲渡や、事業譲渡といったM&A取引を行う際などを中心に、契約書に表明保証条項が設けられることがあります。表明保証は英米での契約実務に由来し、近年日本でも導入が進んでいます。表明保証条項の内容は、会社の組織に問題がないことや、財務諸表の正確性、最近ではセクハラ被害の申し立ての有無(「#MeToo」条項)など多岐にわたります。今回は表明保証条項が設けられることの多い、M&A取引を中心に解説していきます。

記事:【改正民法】債権譲渡に関する変更点のイメージ画像
法務コラム

【改正民法】債権譲渡に関する変更点

mhayashi (2019/08/07 16:43)

 平成29年5月26日に成立した改正民法が来年2020年4月1日から施行されます。明治29年に制定されて以来、約120年ぶりの大改正となっております。改正項目は約200におよび、特に債権法が大きく変更されております。今回は債権法のうちの債権譲渡に関する変更点についてみていきます。