法律名: 民法・商法 に関する記事一覧

記事:東京地裁が質店に返還命令、民法の即時取得についてのイメージ画像
法務コラム

東京地裁が質店に返還命令、民法の即時取得について

mhayashi (2019/05/16 16:08)

 造幣局が元職員が盗んで質入れした金貨や記念メダルの返還を質店に求めていた訴訟で東京地裁は13日、質店側に返還を命じる判決を出していたことがわかりました。元職員には既に懲役5年の判決が確定しております。今回は民法の即時取得制度と盗品の扱いについて見ていきます。

記事:ペイペイで不正請求被害、関係者の法律関係についてのイメージ画像
法務ニュース

ペイペイで不正請求被害、関係者の法律関係について

oisi (2019/01/24 12:00)

スマートフォンを使った決済サービス「ペイペイ」で、クレジットカードが不正に利用される事件が世間を騒がせました。ペイペイは昨年の12月4日~13日まで総額100億円を還元するキャンペーンを実施しており、その際クレジットカード情報が不正に取得され、利用されたとみられています。今回は不正請求がなされた場合の法律関係を中心に検討したいと思います。

記事:ネットの風評被害への対応のイメージ画像
法務ニュース

ネットの風評被害への対応

maekawa (2018/11/27 23:18)

誰でも簡単にネットから、企業等の口コミを自由に書くことができるため、企業の評判を上げるような良い書込みだけでなく、企業の評判を貶めるような悪い書込みも増えました。悪い噂は真実でなくともあっという間に広がり、企業の評判や信用をおとすなど風評被害が生じるおそれが大いにあります。そのような風評被害についてどのように対策をすべきか、みていきたいと思います。

記事:内部監査へのAI導入のリスク対応についてのイメージ画像
法務ニュース

内部監査へのAI導入のリスク対応について

oisi (2018/10/25 12:00)

相次ぐ会計不祥事を受けて、監査法人が人工知能(AI)を監査の現場で活用する動きが広がっています。日本の四大監査法人がAIの活用に取り組みだしたのは、ここ2、3年のことであり、会計の異常値を検出するAIシステムの導入などによって不正会計の兆候を見抜いたり、公認会計士の負担を減らす業務支援に使われたりしています。
今回はAIの導入によって内部監査がどのように変化するかを踏まえた上で、AI導入のリスク認識と対応についてみていきたいと思います。