法律名: 労働法 に関する記事一覧

記事:就活セクハラを防止するために企業が取るべき措置のイメージ画像
法務ニュース

就活セクハラを防止するために企業が取るべき措置

hkishi (2020/02/14 12:00)

就職活動中の学生が、志望企業等の社員からセクハラ被害を受けるケースが報道されております。このようなケースが明るみに出た場合、企業の社会的信用が損なわれたり、慰謝料を請求されるなどの法的問題に発展したりすることも想定されます。そこで、就活セクハラの事例、リスク、そして企業が就活セクハラを防止するために取るべき措置を紹介いたします。

記事:定年が70歳までに、高年齢者雇用確保への動きのイメージ画像
法務ニュース

定年が70歳までに、高年齢者雇用確保への動き

mhayashi (2020/02/06 12:00)

政府は4日、70歳までの就業機会確保を努力義務とする高年齢者雇用安定法などの改正案を閣議決定していたことがわかりました。定年延長や再雇用、業務委託などの選択肢も盛り込むとのことです。今回は高年齢者の雇用確保に関する制度の現状と改正の動きについて見ていきます。

記事:ウーバーイーツ配達員が団体交渉要求、「労働者」該当性についてのイメージ画像
法務ニュース

ウーバーイーツ配達員が団体交渉要求、「労働者」該当性について

mhayashi (2019/12/10 12:00)

飲食宅配代行サービス「ウーバーイーツ」が配達員への基本報酬を引き下げたことを受け、配達員でつくる労働組合は団体交渉を求めましたがウーバーイーツ側は拒否していたことがわかりました。配達員は「労働者」には当たらないとしています。今回は労働組合法上の労働者性について見ていきます。

記事:出張中の過労死で逆転認定、心疾患等の労災要件についてのイメージ画像
法務ニュース

出張中の過労死で逆転認定、心疾患等の労災要件について

mhayashi (2019/12/06 12:00)

クレーン車販売会社の営業担当の男性が出張先のホテルで休止したことについて労災と認めなかった労基署の判断を労働者災害補償保険審査官が取り消していたことがわかりました。審査請求で逆転認定されることは異例とされます。今回は心疾患等による過労死の労災認定基準について見ていきます。

記事:育休後の雇い止めで原告敗訴、裁判例から見るマタハラのイメージ画像
法務ニュース

育休後の雇い止めで原告敗訴、裁判例から見るマタハラ

mhayashi (2019/12/04 12:00)

育休取得後に契約社員にされ、その後雇い止めされたのはマタハラに当たるとして東京都内の女性(38)が勤務先に慰謝料などを求めていた訴訟の控訴審で東京高裁は28日、マタハラを否定し原告側の請求を棄却する判決を出していたことがわかりました。今回はマタハラについて裁判例から見ていきます。