法律名: 労働法 に関する記事一覧

記事:東京高裁が直接の相手以外へのパワハラを認定のイメージ画像
法務ニュース

東京高裁が直接の相手以外へのパワハラを認定

mhayashi (2017/10/20 15:57)

医療機器メーカーの販売子会社で働いていた50~60代の女性4人が代表取締役の男性からパワハラを受けていたとして損害賠償を求めていた訴訟の控訴審で東京高裁は18日、会社と男性に660万円の支払いを命じていました。パワハラの直接の相手だけでなく、その部下に対してもパワハラの成立を認めています。今回はパワハラの要件について見ていきます。

記事:東京地裁が未払い給与1億円支払命令、解雇無効についてのイメージ画像
法務ニュース

東京地裁が未払い給与1億円支払命令、解雇無効について

mhayashi (2017/10/17 16:30)

プレデンシャル生命保険(東京)に懲戒解雇されていた男性社員が処分を不服として未払賃金支払いなどを求めていた訴訟で東京地裁は13日、解雇は無効であるとして約1億240万円の支払いを命じていました。今回は懲戒解雇が無効となる場合について見ていきたいと思います。

記事:【特集】第2回目 社員の犯罪と解雇についてのまとめのイメージ画像
法務NAVIまとめ

【特集】第2回目 社員の犯罪と解雇についてのまとめ

moriyama (2017/10/13 12:00)

前回から「社員が犯罪を行った場合の企業の対応」というテーマで全3回にわたって特集記事をお送りしております。第2回目となる今回は、「社員の犯罪と解雇についてのまとめ」と題して、解雇にフォーカスを当てていきます。具体的には、社員が犯罪を行ってしまった時に、企業が解雇できるのはどのような場合なのかを見ていきたいと思います。

記事:【特集】第1回目 社員の犯罪予防策と発覚後の対応についてのイメージ画像
法務NAVIまとめ

【特集】第1回目 社員の犯罪予防策と発覚後の対応について

moriyama (2017/10/12 15:00)

昨今、企業において、社員や役員の犯罪による不祥事が話題となっております。では、社員や役員が犯罪を起こした場合に企業の法務担当者はどのように対応すべきなのでしょうか。そこで、今回から、「社員が犯罪を行った場合の企業の対応」というテーマで全3回の特集記事をお送りしたいと思います。初回は、「社内での犯罪予防手段と発覚後の対応」についてご紹介いたします。

記事:元従業員らが「アート引越センター」を提訴、給与天引きの可否についてのイメージ画像
法務ニュース

元従業員らが「アート引越センター」を提訴、給与天引きの可否について

mhayashi (2017/10/11 16:08)

引っ越し大手「アート引越センター」(大阪市)の元従業員ら3名が10日、未払い残業代など計376万円の支払を求め横浜地裁に提訴していたことがわかりました。顧客の荷物を破損させた場合、従業員の給与から天引きされていたとのことです。今回は従業員の過失等により顧客に損害が生じた場合、給与から天引きが可能かについて見ていきます。

記事:取得率が5割を下回る、「年次有給休暇」についてのイメージ画像
法務コラム

取得率が5割を下回る、「年次有給休暇」について

mhayashi (2017/10/10 11:03)

「過労死等防止対策白書」の2017年版が厚生労働省により発表されました。それによりますと、年次有給休暇の取得率は平成11年の50.5%を最後に現在にいたるまで50%を下回る状況が続いております。平成16年の46.6%から若干持ち直してはきていますが依然低い水準を維持しております。今回は年次有給休暇について概観していきます。

記事:正社員のはずが契約社員扱いで雇い止め、労働条件についてのイメージ画像
法務ニュース

正社員のはずが契約社員扱いで雇い止め、労働条件について

mhayashi (2017/09/27 16:26)

正社員として採用通知を受けたが契約社員扱いで解雇されたとして京都市の男性(39)が12日、断熱材などを扱う「ティエムファクトリ」(京都市)に対し正社員としての地位の確認と未払賃金など815万円の支払いを求め京都地裁に提訴していました。正社員として募集し契約社員として雇用できるのか、正社員を契約社員とすることができるのか。今回は労働条件について見ていきます。