法律名: 下請法 に関する記事一覧

記事:セブンイレブン勧告に見る下請法違反のリスク対応のイメージ画像
法務ニュース

セブンイレブン勧告に見る下請法違反のリスク対応

mir21 (2017/09/28 12:00)

2017年7月21日、セブンイレブン・ジャパンが、下請事業者76社に対し、本来支払うべき金額から2億2746万円を不当に減額していたとして、公正取引委員会による下請法違反の勧告を受けました(同法4条1項3号、減額事例)。
 下請法違反で公正取引委員会から勧告を受け、その事実が公表された場合には、企業の信用が低下するといった損失が生じます。このようなリスクを、法務担当者が未然に防ぐために、ここでは下請法のルールや対応策について記載していきたいと考えています。

記事:独占禁止法コンプライアンスまとめのイメージ画像
法務NAVIまとめ

独占禁止法コンプライアンスまとめ

matsuhashi (2017/08/04 17:40)

事業者団体は、多くの業界に存在し、情報の交換や会員事業者に対する教育など、経済社会の発展に広く貢献しています。しかし、直近10年で独占禁止法違反となり、公正取引委員会からの排除措置命令又は警告は29件にも及び未だ数多くある状況です。そこで、独占禁止法コンプライアンスが重要となります。

記事:アニメーション制作事例に適用 ~下請法に関する運用基準改正まとめ~のイメージ画像
法務NAVIまとめ

アニメーション制作事例に適用 ~下請法に関する運用基準改正まとめ~

moriyama (2017/02/03 20:30)

公正取引委員会は、2016年12月14日に下請代金支払遅延等防止法(下請法)に関する運用基準を改正し、アニメーション制作に関する事例が新たに追加されました。それを受け、一般社団法人 日本アニメーター・演出協会は、同年12月19日に下請法の運用基準が改正されたことについて、声明を発表しました。ここでは、アニメーション制作会社の企業法務担当者が留意しておくべき、ポイントをまとめました。

記事:下請法違反でファミリーマートに勧告のイメージ画像
法務ニュース

下請法違反でファミリーマートに勧告

yamazaki (2016/09/06 12:00)

 コンビニ大手のファミリーマートが、売れ残った商品の代金を負担させるなどのいわゆる「下請けいじめ」を繰り返し、納入業者20社に対して合わせて6億5000万円を不当に支払わせていたとして、公正取引委員会から8月25日、勧告を受けました。そこで、今回は下請法について取り上げたいと思います。

記事:情報サービス会社がヤマダ電機を提訴、下請法違反についてのイメージ画像
法務ニュース

情報サービス会社がヤマダ電機を提訴、下請法違反について

mhayashi (2016/08/24 12:56)

家電量販大手「ヤマダ電機」から販売用パソコンの初期設定を委託されていた岐阜市内の情報サービス会社が、契約外の業務を強いられた上、その旨を指摘後に一方的に委託契約を解除されたとしてヤマダ電機を相手取り約7100万円の損害賠償を求める訴えを5日岐阜地裁に提起していたことがわかりました。今回は下請法が禁止する不当な利益の提供要請について見ていきます。