カテゴリー: 訴訟・行政

記事:最高裁が上限額を超える和解を有効と判断、司法書士の業務範囲についてのイメージ画像
法務ニュース

最高裁が上限額を超える和解を有効と判断、司法書士の業務範囲について

mhayashi (2017/07/26 09:51)

過払い金を巡る債務整理で司法書士が関与できる上限額を超えた和解契約の有効性が争われていた訴訟の上告審で24日、最高裁は有効であると判断しました。上限額の判断基準とそれを超える場合はどうなるのか。司法書士の業務範囲について見ていきます。

記事:東京地裁がNHKへの提訴を「業務妨害」と認定、弁護士費用の負担についてのイメージ画像
法務ニュース

東京地裁がNHKへの提訴を「業務妨害」と認定、弁護士費用の負担について

mhayashi (2017/07/25 13:20)

NHKの受信料徴収を巡りNHKを提訴したことが業務妨害にあたるとして、NHKが政治団体に弁護士費用相当分の損害賠償を求めていた訴訟で19日、東京地裁は54万円の支払を命じていました。訴訟費用とは別扱いとなる弁護士費用。今回は弁護士費用の負担について見ていきます。

記事:最高裁で遺族側の敗訴が確定、野外ライブ落雷事故訴訟のイメージ画像
法務ニュース

最高裁で遺族側の敗訴が確定、野外ライブ落雷事故訴訟

mhayashi (2017/07/21 08:59)

野外ライブ中の落雷事故で観客が死亡し、遺族が主催会社に安全対策に不備があったとして損害賠償を求めていた訴訟の上告審で19日、最高裁は上告を棄却する決定を出しました。遺族側の敗訴が確定したことになります。今回は野外での落雷事故と安全配慮義務について見ていきます。

記事:バス運転手遺族が逆転敗訴、「労災要件」についてのイメージ画像
法務ニュース

バス運転手遺族が逆転敗訴、「労災要件」について

mhayashi (2017/07/12 16:26)

脳出血で死亡した観光バスの運転手の遺族が労災認定を求めていた訴訟の控訴審で11日、東京高裁は労災と認めていた一審長野地裁判決を取消し、敗訴を言い渡しました。一審で認められた因果関係を一転否定しました。今回は労災の一種である業務上疾病の要件について見ていきます。

記事:セコムに債務不履行認定、債務の本旨に従った履行とはのイメージ画像
法務ニュース

セコムに債務不履行認定、債務の本旨に従った履行とは

mhayashi (2017/06/20 13:55)

窃盗犯が店舗に侵入した際にセキュリティシステムの作動が間に合わなかったとして、中古ブランド品店の経営者が警備会社大手セコムと保険会社に対し賠償を求めた訴訟で東京地裁はセコムの債務不履行を認める判決を言い渡していたことがわかりました。今回は債務不履行責任の要件について見ていきます。

記事:公取委が発表、データの取り扱いと独禁法についてのイメージ画像
法務ニュース

公取委が発表、データの取り扱いと独禁法について

mhayashi (2017/06/16 17:01)

公正取引委員会は6日、「データと競争政策に関する検討会」の報告書を発表しました。IoTやAIの発達であらゆる場面で膨大なデータが解析され事業に利用されております。このような企業が行うあらゆるデータの収集活動が場合によっては独禁法に違反することもあり得るとのことです。今回は公取委が発表したデータの取扱と独禁法上の問題は外観します。

記事:レッスンプロが信販会社を提訴、支払停止の抗弁とはのイメージ画像
法務ニュース

レッスンプロが信販会社を提訴、支払停止の抗弁とは

mhayashi (2017/06/13 16:39)

スポーツ関連会社「ゴルフスタジアム」から練習用ソフトを購入したレッスンプロ十数人が、代金の立て替え払いをした信販会社に対し、債務の不存在確認を求め東京地裁に提訴していたことがわかりました。信販会社等を間に入れた建て替え払いやローン契約において、売買契約に問題が有った場合、信販会社からの支払請求を拒めるのか。今回は支払停止の抗弁について見ていきます。

記事:オリンパス元役員に590億円の賠償命令、違法配当の責任についてのイメージ画像
法務ニュース

オリンパス元役員に590億円の賠償命令、違法配当の責任について

mhayashi (2017/05/23 15:00)

巨額の粉飾決算と違法配当が行われていたことについてのオリンパス旧経営陣に対する株主代表訴訟で先月27日、東京地裁は総額約590億円の賠償を命じました。相当長期間にわたる粉飾とそれに基づく違法配当により過去2番目に高額な賠償額となっております。今回は違法配当の責任について見ていきます。

記事:イオン関連会社に仮眠分の支払命令、「労働時間」とはのイメージ画像
法務ニュース

イオン関連会社に仮眠分の支払命令、「労働時間」とは

mhayashi (2017/05/19 15:11)

警備会社「イオンディライトセキュリティ」(大阪市)の男性従業員が宿直の仮眠も労働時間に当たるとして未払い残業代の支払を求めていた訴訟で千葉地裁は17日、原告の主張を認め未払い分等約180万円の支払を命じました。今回はどのような場合に賃金支払義務が生じるのか、労働時間について見ていきます。

記事:ウーバーを独禁法違反で提訴、デジタルカルテルとはのイメージ画像
法務ニュース

ウーバーを独禁法違反で提訴、デジタルカルテルとは

mhayashi (2017/05/08 09:18)

日経新聞電子版は1日、米国でAIによる価格決定が独禁法違反に当たるとして消費者がウーバーを相手取り訴訟を提起している旨報じました。AIを利用した価格決定が新しい形のカルテルに当たらないかが問題となっているとのことです。今回はAI利用の独禁法上の問題について見ていきます。