ノークレームノーリターンの法的根拠と改正情報

1.はじめに

 現在、ネットショッピングをする際に出品者コメント欄に「ノークレームノーリターンでお願いします。」と書かれていることがある。このコメントの法的意味は何なのか。そして、今回改正される民法改正によってどのように内容が変化していくのかを見ていきたいと思います。

2.ノークレームノーリターンの現行民法による法的意味

 民法には、売買契約をする際、「この商品には多少○○の部分に傷がございます」との説明があったとしても、買主は「思ったより傷が大きい」と思った場合、解除や損害賠償を求めることが出来る規定があります。このことを、「瑕疵担保責任」といいます。この瑕疵担保責任の規定の中には、瑕疵担保責任を負わない旨の特約をすることが出来る規定があります(民法572条)。
 すると、「ノークレームノーリターンでお願いします」との意味は、買主が「思ったよりも傷が大きい」と思っても苦情や返品が出来なくなってしまうということです。
 もっとも、①出品者が出品物の全部又は一部が他人に属すること、数量が不足していること、出品物の瑕疵があることについて売主が知っているにもかかわらず、これを告げないで取引した場合や②商品等の説明が不十分である場合で取引の重要な事項に錯誤がある場合には、民法上の規定によって返品をすることが可能となります。
 以上が民法上のノークレームノーリターンの法的意味です。

経済産業省「電子商取引に関する論点」(ⅰ.83参照)

3.現行の特別法による民法の修正

 さらに、民法の規定以外にも民法上の「瑕疵担保責任」について損害賠償義務の全部免除条項を無効とすると定めた消費者契約法や、欠陥については広告上の表示義務を定めた特定商品取引に関する法律があります。このような規定が、今回の民法改正によってどのように変化されていくのかを説明します。

4.改正民法の内容~民法上の瑕疵担保責任の改正~

 まず、この瑕疵担保責任は、民法改正によって多きく変化します。詳細は、下記のリンクを載せますが、物の瑕疵という考え方を改めて、「契約の内容」に応じて売主が担保責任を負うかで判断されるようになります。

改正民法「瑕疵担保責任の内容」

 では、瑕疵担保責任を負わない旨の特約をすることが出来る規定がどのように変わったのか見ていきます。
 改正民法では、民法572条に規定されていて、その内容は、売主は買主の追完請求・減額請求・損害賠償並びに解除権の行使について責任を負わない旨の特約をすることが出来ると規定されています。但し、担保責任を免れることが出来ない場合も規定しており、これは、瑕疵という考え方は変わっているものの改正前(現民法)と同様に、出品者が出品物の全部又は一部が他人に属すること、数量が不足していること、出品物の契約内容が適合しないことについて売主が知っているにもかかわらず、これを告げないで取引した場合です。注意点としては、上記の錯誤部分ですが、錯誤規定についても民法改正によって内容が変更されているので、確認しておく必要があります。

錯誤について⇒改正民法「錯誤の内容」

5.改正民法による消費者契約と特定商品取引に関する法律への影響

(1)消費者契約法について
 消費者契約法は、民法改正の影響をうけて、内容が改正されます(消費者契約法は、民法改正に向けて2019年6月に一度改正され、その後に民法改正とともにもう一度消費者契約法が改正されます。本記事は、民法改正とともに改正される消費者契約法の内容です)。現在の消費者契約法(改正前)は、8条1項5号に「目的物に隠れた瑕疵があるとき・・・事業者の責任の全部を免除する条項」が無効となるとの規定がされています。しかし、改正消費者契約法では、この8条1項5号が削除され8条2項に新たに規定されました。その内容は、改正民法の瑕疵担保責任と同じ「契約の内容」という文言が使われ新たに新設されました。

(2)特定商取引に関する法律について
 特定商取引に関する法律については、11条5号と特定商取引に関する法律施行規則8条5号に規定され、そこでは、「商品に隠れた瑕疵がある場合の販売業者の責任についての定めがあるときはその内容を広告上に表示しなければならい。」として、改正民法に合わせた文言は使われていません。この点については、今後の動向に注意が必要です。

6.おわりに

 ノークレームノーリターン条項についての法的意味と改正の状況について見ていきました。改正民法においては、担保責任の考え方が変わるため注意が必要となります。また、消費者契約法についても改正があるので、その点、注意が必要となります。法務担当者としては、今後の動向について注意しておく必要があります。

関連業務タグ:
関連法律タグ:
 
[著者情報] yoshimura

詳細情報はありません。

※記事コンテンツを掲載したい方は、コチラ

このニュースに関連するセミナー

法務NAVIまとめ 広告法務 民法・商法
《名古屋会場》第109回MSサロン
2019年04月03日(水)
19:00 ~ 21:00
2,000円
名古屋市中区丸の内
講師情報
和田 圭介
略歴:
愛知県春日井市出身
愛知県立旭丘高校卒業
2004年 京都大学法学部卒業
2005年 弁護士登録(58期 第二東京弁護士会)
クリフォードチャンス法律事務所外国法共同事業入所
2008年 フランス系ラグジュアリーブランド日本支社(出向)
2010年 アメリカ、Duke University School of Law(法学部)LLM卒業
2010年 クリフォードチャンス香港オフィス(出向)
2011年 日系の大手財閥系総合商社のイギリス子会社の法務部(出向)
2013年 ニューヨーク州弁護士登録
2015年 IBS法律事務所開設(愛知県弁護士会に登録換え)
2017年 オリンピア法律事務所 パートナー
セミナー(60分)の後、交流会(60分)を行います。
今回のセミナー内容は、「基礎からわかる人工知能(AI)に関する法律問題」です。
申込・詳細はコチラ
法務NAVIまとめ 広告法務 民法・商法
《札幌初開催》第111回MSサロン
2019年04月18日(木)
18:30 ~ 20:30
2,000円
札幌市中央区
講師情報
岡崎 拓也
平成13年3月 早稲田大学法学部卒業
平成13年10月 司法試験合格
平成15年10月 弁護士登録(56期/札幌弁護士会)
       田中敏滋法律事務所(現在「札幌英和法律事務所」)
平成23年7月 岡崎拓也法律事務所設立
平成23年9月 社会福祉法人北海道光生会・評議員(現在、評議員のみ現任)
平成25年11月 株式会社ホクリヨウ監査役(現任)
平成27年4月 札幌弁護士会常議員会副議長
平成27年6月 フルテック株式会社監査役
平成28年4月 札幌弁護士会副会長
平成28年6月 フルテック株式会社監査等委員取締役(現任)
セミナー(60分)の後、交流会(60分)を行います。
今回のセミナー内容は、「スタートライン企業法務」です。
申込・詳細はコチラ
法務NAVIまとめ 民法・商法
《東京開催》AIによる英文契約翻訳システム T4OO事例セミナー
2019年04月03日(水)
15:45 ~ 17:15
無料
東京都新宿区
講師情報
登島 和弘
サイネオス・ヘルス合同会社
アジア太平洋地域法務責任者

1961年神戸市生まれ
中央大学法学部法律学科卒
立命館大学法務研究科修了
スタンレー電気㈱総務部庶務課法務担当を皮切りに、日本AT&T㈱(米系)契約課長、松下冷機株式会社法務室主事、
セジデム株式会社(仏系)コーポレートサービス部統括部長・法務部長兼任等、を歴任し、現職。
*企業名は当時のまま。
※日本企業・外資系企業双方で通算30年以上の企業法務・国際法務の経験を有する現役の企業法務責任者です。
AIによる英文契約翻訳システム T4OOを導入している企業の法務担当者が講師を務め、実際の活用事例をご紹介いたします。
申込・詳細はコチラ
法務NAVIまとめ 民法・商法
《東京開催》少人数法務の為の企業法務研究会
2019年03月27日(水)
19:30 ~ 20:30
無料
東京都渋谷区
講師情報
舩山 達
株式会社フルスピード(東証二部上場)
法務・総務部 部長
慶応義塾大学法学部法律学科卒
大阪市立大学大学院法学研究科法曹養成専攻修了
従業員5人のベンチャー企業に就職。2回の転職を経て現職。
少人数やノウハウの蓄積のないために業務の進め方に不安を持っている法務担当者のための意見交換会です。
今回のテーマは「契約書レビューの手法」です。
詳細はコチラ (申込は、終了しています。)
※セミナー広告を掲載したい方は、コチラ

あわせて抑えておきたい関連記事

売買契約で気を付けることまとめ はじめに  契約においては、当事者の合意によってその内容を自由に決めることができるのが原則で(契約自由の原則)、契約で定められたことに従って互いに債務を果たしていくことになります。もっとも、契約で特に取り決めをしなかった事項については何も拘束がないということにはならず、法律に規定がある場合には...
【法務NAVIまとめ】雇用形態の選択肢としての短時間正社員...  昨今のワークシェアリングや産後の女性の職場復帰の観点から、厚生労働省は、短時間正社員の制度について推奨しています。 そこで、他の雇用形態と比較しながら、短時間正社員の制度について紹介したいと思います。さまざまな雇用形態もご覧ください。 短時間正社員とは?  厚生労働省は、短時間正社員を、フルタ...
ドローンにまつわる法的規制まとめ 1 はじめに  2017年8月25日、ドローンの物流や災害現場などでの活用促進に向け、長距離飛行を制限している改正航空法の運用規定を改訂する方針を固めました。ドローンの活用に向けて、規制運用の合理化が行われています。  もっとも、ドローンの空撮ではプライバシーの問題が生じますし、航空法による規...