ベンチャー企業法務への転職まとめ

はじめに

ベンチャー企業について、共通する明確な定義というものはありません。
英語にすれば、Venture=冒険的な、という意味ですが、ベンチャー企業という言葉は和製英語ですので、英語圏では使用できない言葉です。
とはいえ、日本国内においては、一般的な企業(中小企業)と区別して、「ベンチャー企業」と表現されることが多いようです。
よく使われる意味でのベンチャー企業の特徴としては、設立してまだ新しい(5、6年以内)、大手が挑戦しづらい新しいビジネス領域を開拓する中小規模の会社のことをさしますので、以下ではそのように広い意味でベンチャー企業という言葉を使用していきます。
他にも、「スタートアップ企業」という表現をする場合もあります。この定義も多種多様で、使用する人によりかなり異なってきます。ただ、ベンチャー企業の中の1つの形態とされていることが多く、ベンチャー企業よりもさらに革新的に新しいことを行い、短期間で急激な成長を目指す企業というイメージで使われることが多そうです。英語表現としては、Start upは和製英語ではないので、英語圏で使用することも可能な言葉です。

ベンチャー企業のデメリットとメリット

デメリットとしては、安定していないと思われている場合が多いということがあげられます。
厳しい社会状況で先を見通しながら生き残る会社を探すことは経験のある社会人であっても難しく、突然の解雇や倒産もないとはいえません。また、ベンチャー企業では人材が不足している場合が多いため、1人にかかる負担が多くなってしまう可能性もあります。
メリットとしては、大手や中小企業と比較して、実力主義の会社が多いことがあるため、そういった風土の会社では個人の裁量が広く、新入社員・若手であっても年齢に関係なく、努力次第ではどんどん上を目指すことができる可能性が高いといえます。また規模が小さければ、会社全体の流れを個人が把握でき、役員レベルの社員を身近に感じられるということも挙げられます。

ベンチャー企業の法務の内容

ベンチャー企業の業界や規模によってかなり内容が異なるので内容は異なるため一般化することは難しいです。とはいえ、傾向として、大手・中小企業とは違い、契約書のひな型づくりから始まることが多いといえそうです。
よく使用される秘密保持契約、売買契約等についてはもちろんですが、ベンチャー企業ならではの見たこともない形態の契約についての契約書を作る機会もあります。相手方が大手企業の場合には、力関係から相手方の条件をある程度のむ必要もあるので、そういったさじ加減を見極める力・交渉能力も、大手・中小企業以上に必要とされるでしょう。
また、法務業務の流れがルーティン化されていないこともあるので、全体を把握しながら臨機応変に対応し、自ら提案したりマニュアル作りをする等の積極性も求められそうです。そして、各部門が小さいため、法務部門だけではなく、総務人事部門などの管理部門についての業務も任されることもあるため、法的知識にとどまらない幅広い知識があるとよいでしょう。
さらに、時期によっては会社のM&Aや上場を任されることもあるため、大手・中小企業ではなかなかできない経験も望めます。
おしなべて必要なのは、一部ではなく全体を俯瞰し、その時々で自分に与えられた役割を考え、法的知識・法的思考力を使用しつつも、その場その場で対応しながら実行していく力といえそうです。

最後に

ベンチャー企業への就職・転職は当然、メリット・デメリット両方あります。これらは表裏一体であるため、良い悪いと絶対的に言い切れないのが現状です。
双方の点につき、自分のこれまでの経験、これからのキャリアパス等様々なことを考慮にいれつつ考えていけば、正しい方向が見つかるはずで、自分の人生と向き合えるよい機会ともなるでしょう。

中小企業との違い
ベンチャー企業とは
ベンチャー企業の法務 AtoZ-起業からIPOまで

関連業務タグ:
関連法律タグ:
 
[著者情報] eogawa

詳細情報はありません。

このニュースに関連するセミナー

法務NAVIまとめ コンプライアンス 民法・商法
第93回MSサロン(名古屋会場)
2018年02月15日(木)
19:00 ~ 21:00
2,000円
名古屋市中区丸の内
講師情報
和田圭介
愛知県春日井市出身
京都大学法学部・Duke大学LLM卒業。
2005年弁護士登録。
2013年ニューヨーク州弁護士登録。
世界最大規模の国際法律事務所であるクリフォードチャンス法律事務所を経て、
2015年、IBS法律事務所を開設。
国内外の企業法務案件を主に扱っており、国際取引・英文契約を得意としている。
大手総合商社・外資系企業の法務部への出向経験があるため、企業法務の現場の問題意識にも通じている。
セミナー(60分)の後、交流会(60分)を行います。
今回のセミナー内容は、 「法務部員のための国際仲裁入門」です。
申込・詳細はコチラ
法務NAVIまとめ コンプライアンス 民法・商法
第92回MSサロン(大阪会場)
2018年02月06日(火)
19:00 ~ 21:00
2,000円
大阪府大阪市北区
講師情報
山口昌之
2005(平成17)年10月
大阪弁護士会に弁護士登録
なにわ共同法律事務所入所
2015(平成27)年1月
山口法律会計事務所入所
セミナー(60分)の後、交流会(60分)を行います。
今回のセミナー内容は、 「社員の不祥事に対する会社としての対処法(第2回)」です。
申込・詳細はコチラ

あわせて抑えておきたい関連記事

外国企業と契約を締結する際の注意事項のまとめ... 外国の会社契約をする際に必ず確認しておかないといけないものがあります。以下では確認すべき事項についてわかりやすく説明しているウェブサイトがございますのでご紹介します。 1 裁判管轄と準拠法 (1)裁判管轄と準拠法  国際契約ではどこの国の法律を適用し、どこの裁判所で裁判するかが重要となります。 ...
【法務NAVIまとめ】吸収合併手続まとめ... 1 吸収合併が多い理由  M&A(合併・買収)の現場では、吸収合併が圧倒的に多い。理由は単純明快で、吸収合併は新設合併に比べて、登録免許税の額が安いからだ。吸収合併では、税額が資本金増加分の1000分の1.5なのに対し、新設合併では、税額が新設会社の資本金の1000分の1.5となる(登録免許税別表...
仮想通貨まとめ 1 はじめに 2017年4月1日から改正資金決済法が施行され、仮想通貨が正式な決済手段として認められることになりました。この改正によって、単なる投資目的ではなく、仮想通貨を通貨と同じ決済手段として利用する場面が広がることが期待されます。仮想通貨の代表例は、ビットコインであり、2010年2月頃か...