マイナンバーに関わる禁止行為・罰則まとめ

はじめに

マイナンバー制度は、個人や法人に番号を割り当てて行政の効率化を図る趣旨の下でスタートしました。行政が効率化すれば、私たちの利便性も向上します。とはいうものの、個人情報が流出する不安は当然あります。そのため、マイナンバー法ではマイナンバーの取扱いについて、禁止行為とその違反への罰則を設けています。そればかりでなく、個人情報保護法に比べ重い罰則が設けられています。それだけマイナンバー流出による個人へのダメージが大きいのです。そのため、個人番号を取り扱う事務を行う方は細心の注意が必要です。そこで、マイナンバーに関わる禁止行為・違反への罰則を確認していきましょう。ちなみに、マイナンバーに関わる禁止行為・罰則はマイナンバー法に記載されています。
マイナンバー法(行政手続における特定の個人をl識別するための番号の利用等に関する法律)
関係法令一覧
個人情報保護法(個人情報の保護に関する法律)
個人情報保護法とは(個人情報保護委員会)

禁止行為・罰則

禁止行為・罰則の内容を列挙したいと思います。罰せられる主体には大きく3つあり、行為の主体によって禁止行為・罰則が異なります。主体に関わりがないもの、事業者の従業員、国の職員によるものです。そこで、以下では事業者を中心に禁止行為・罰則を確認していきます。
PDFファイル:番号法逐条解説(内閣府大臣官房番号制度担当室)
マイナンバー制度における罰則(北区)

マイナンバー制度での規制と罰則は?(TKCグループ)

行為の主体に限定のないもの

まず、行為の主体に限定のないものから見ていきましょう。主体に限定のないは、他人のマイナンバーを悪質な手段により取得する点に焦点を当てるからです。民間事業者の従業員が行った場合は両罰規定の適用を受けます(77条)。すなわち、違反者が属する会社も罰せられる可能性が出てきます。というのは、違反行為が業務として行われるとき、法人自体を罰する規定がなければ違反行為への抑止力として不十分だからです。
●詐欺行為等による情報取得(70条)
欺く行為、暴行、脅迫、窃取、不正アクセス、建造物への侵入により個人番号を取得した場合です。これは、個人番号の取得という場面では、行為態様次第では誰であっても違法性をみとめるものです。刑罰は3年以下の懲役もしくは150万円以下の罰金です。なお、詐欺罪や暴行罪、脅迫罪等の刑事罰の適用もあります。
●通知カード及び個人番号カードの不正取得(75条)
「偽りその他不正な手段」により通知カード、個人番号カードを取得した場合です。70条の適用対象にはないが、「不正」と認められる場合に処罰されます。例えば、他人になりすましてカードを取得する場合が挙げられます。刑罰は6か月以下の懲役もしくは50万円以下の罰金です。刑事罰の適用もあります。

民間業務としてマイナンバーを扱う場合

次に民間事業者に関わる禁止行為・罰則について見ていきます。69条の場合を除き、会社も罰せられる可能性があります(77条)。なお、マイナンバーの提供などが業務として認められる場合も当然にあります(提供についての19条等)。以下の行為を行う場合は法律上の根拠を今一度確認することをおすすめします。
●特定個人情報ファイルの不正提供(67条)
従来の個人情報に個人番号が組み合わさったもの(特定個人情報ファイル)を提供した場合です。ここで言うファイルには複製されたものや加工されたものも含まれます。また、紙媒体だけでなく、メールやインターネットでの「提供」も罰せられます。マイナンバー単体での提供に比べ、重い刑罰となっています。具体的には、4年以下の懲役もしくは200万円以下の罰金です。
●個人番号の不正提供、盗用(68条)
マイナンバーを単体で提供・盗用した場合にも処罰されます。特定個人情報ファイルほど情報は多くありませんが、他の情報とあわせると個人の利益を害するおそれが高いからです。刑罰は3年以下の懲役もしくは150万円以下の罰金です。
●情報提供ネットワークシステムに関する秘密漏えい(69条)
情報ネットワークシステムを運営する事業者(25条参照)の従業員に適用される可能性のある規定です。罰則は3年以下の懲役もしくは150万円以下の罰金です。
●命令違反(73条)
事業者がマイナンバーに関わる法令に反している場合、特定個人情報保護委員会から勧告・命令がなされます(51条)。この委員会による命令に違反した場合に処罰する規定です。刑罰は2年以下の懲役もしくは50万円以下の罰金です。
●検査忌避等(74条)
特定個人情報保護委員会から報告や資料の提出等を求められることがあります(52条)。この報告等を求められた場合に、検査拒否や虚偽報告等行った場合の罰則です。刑罰は、1年以下の懲役もしくは50万円以下の罰金です。

国の機関の職員の行為

最後に国の機関の職員に関する禁止行為・罰則については、職権を乱用した文書の収集(71条)や特定個人情報保護委員会の委員等による秘密の漏洩(72条)が定められています。国の機関の職員が行う行為には法人の両罰規定はありません(77条)。

関連業務タグ:
関連法律タグ:
 
[著者情報] ishizaki

詳細情報はありません。

このニュースに関連するセミナー

法務NAVIまとめ コンプライアンス 個人情報保護法
第89回MSサロン(名古屋会場)
2017年11月14日(火)
19:00 ~ 21:00
2,000円
名古屋市中区丸の内
講師情報
和田圭介
愛知県春日井市出身
京都大学法学部・Duke大学LLM卒業。
2005年弁護士登録。
2013年ニューヨーク州弁護士登録。
世界最大規模の国際法律事務所であるクリフォードチャンス法律事務所を経て、
2015年、IBS法律事務所を開設。
国内外の企業法務案件を主に扱っており、国際取引・英文契約を得意としている。
大手総合商社・外資系企業の法務部への出向経験があるため、企業法務の現場の問題意識にも通じている。
セミナー(60分)の後、交流会(60分)を行います。
今回のセミナー内容は、 「モノづくり企業のためのIoT法務入門」です。
詳細はコチラ (申込は、終了しています。)
法務NAVIまとめ コンプライアンス 個人情報保護法
第91回MSサロン(東京会場)
2017年11月22日(水)
19:00 ~ 21:00
2,000円
東京都新宿区
講師情報
近内京太
2006年の弁護士登録以来、丸の内総合法律事務所にて、企業の法律顧問業務のほか、M&A、株主総会、危機管理、海外取引、企業関係訴訟、その他の企業法務全般を取り扱う。
2003年京都大学法学部、2016年ワシントン大学ロースクール(LLM)卒。2017年ワシントン州司法試験合格。2011年1月~2012年6月預金保険機構、2016年8月~2017年7月米国シアトルのShatz Law Group勤務。
趣味は、ロングトレイルを中心にランニング全般。
[近時の著作]
「自動運転自動車による交通事故の法的責任~米国における議論を踏まえた日本法の枠組みとその評価[上]・[下]」(国際商事法務44巻10号1449頁・11号1609頁) (2016)
American Bar Association, Section of International Law, Regional and Comparative Law: Asia Pacific, 51 The Year In Review 579 (2017)
セミナー(60分)の後、交流会(60分)を行います。
今回のセミナー内容は、 「民法(債権法)改正の概要と約款取引について企業のとるべき対応」です。
詳細はコチラ (申込は、終了しています。)
法務NAVIまとめ コンプライアンス 個人情報保護法
第90回MSサロン(大阪会場)
2017年11月15日(水)
19:00 ~ 21:00
2,000円
大阪府大阪市北区
講師情報
井関勝守
CPJAPAN綜合特許事務所 所長弁理士

知的財産に関する実務経験約18年。
2001年弁理士登録。

国内企業のみならず、多くの海外企業の案件に関わり、権利化業務に留まらず、知財紛争に関する支援や、産学連携を含む技術移転の支援、知財に関する交渉、契約、知財情報の分析、知財を活用した事業戦略・海外展開に向けた相談業務など多面的な業務を経験する。
また、発明推進協会の模倣被害アドバイザー、中小機構の経営支援アドバイザー、中小企業等外国出願支援事業の審査員(大阪府)、大阪府「ものづくりイノベーションプロジェクト」評価協力員等の公的な業務にも選任され、これまで関わってきた。
セミナー(60分)の後、交流会(60分)を行います。
今回のセミナー内容は、 「知的財産を含む契約における特有の留意事項~自社事業を円滑に進めるために~」です。
詳細はコチラ (申込は、終了しています。)

あわせて抑えておきたい関連記事

株式買い付け(TOB)の手順まとめ はじめに  株式公開買付けとは、ある株式会社の株式等の買付けを、「買付け期間・買取り株数・価格」を公告し、不特定多数の株主から株式市場外で株式等を買い集める制度のことで、TOBと呼ばれます。  今回は公開買付けが強制される場合を説明し、その後の公開買付けの流れについてまとめてみます。 公開買...
【法務NAVIまとめ】会社法改正点(平成26年6月改正)... 1、会社法一部改正  平成26年6月、コーポレートガバナンスの強化及び親子会社に関する規律等の整備を図るために会社法の改正がなされました。 2、コーポレートガバナンスの強化 (1) 監査等委員会設置会社制度の創設  この制度は、3人以上の取締役からなりその過半数を社外取締役とする監査等委員会が監...
【法務NAVIまとめ】企業も直面するSNSトラブル... 企業とSNS 近年、業務に関わる情報などをSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)に書き込み、企業を巻き込んでのトラブルに発展することが少なくありません。 過去には、職員がSNSに投稿した写真に固定資産税申告書が写り込んでいたり、従業員が有名人の来店の事実をSNSに投稿したり、技術者が新商品な...