今年5月にいよいよ施行、改正個人情報保護法について

はじめに

昨年5月に改正された個人情報保護法が今年の5月30日に全面施行となります。個人情報保護の強化を図りつつデータの有効活用と取扱のグローバル化を促進することを目的とした今回の改正個人情報保護法。今回は改めてそのポイントを簡単に見ていきたいと思います。

改正の経緯

現在IT技術の進歩により企業や事業者は膨大な顧客データを蓄積し、それを加工や編集を行いネットワークによりその情報が瞬時に世界を駆け巡る状況となってきました。そういった個人情報はビジネスにおいて非常に有用なデータであると同時に、漏洩した際の個人のプライバシー侵害の危険も増大してきたと言えます。そこで個人情報の保護を図りつつ、パーソナルデータの利活用を促進し、新産業・新サービスの創出と国民の安全・安心の向上を目的として今回の改正がなされることとなりました。旧法では曖昧だった個人情報の定義の明確化や適切な保護の下での個人情報の活用の促進、個人情報保護委員会の新設、個人情報取扱のグローバル化、本人の個人情報に関する開示・訂正・利用停止請求権の明確化が図られております。以下今回の改正のポイントを見ていきます。

改正個人情報保護法のポイント

(1)個人情報定義の明確化
従来の個人情報保護法下では定義が曖昧だとされてきた個人情報の具体的な内容について明確化が図られております。具体的には①住所、氏名、生年月日等の一般的な個人情報(改正法2条1項1号)②顔画像や指紋データ、免許証番号、パスポート番号、保険証番号等の個人識別符号(同1号、2号)③人種、信条、社会的身分、病歴、犯罪歴といった要配慮個人情報(同3項)④個人情報に該当しない匿名加工情報(同9項)等が挙げられます。

(2)適切な規律下での有用性の確保
今回個人情報には該当しない匿名加工情報が新設されました。匿名加工情報とは個人情報を加工し、個人情報として復元できないようにしたもので誰のデータかわからなくなった情報を言います。個人情報ではないため本人の同意を得ずにデータとして第三者に提供することができ、ビジネスやサービスの向上等に有効活用することができます。加工の方法としては住所、氏名、生年月日等を削除したり、生年月日をよりおおまかな年代等にグルーピングする方法や一定の誤差を付加するといったものが挙げられます。ここで求められているのは通常の技術力によっては個人情報として復元できない程度の加工であって、100%復元可能性を排除するほどのものではありません。また個人情報取扱業者の個人情報の利用目的に関して、その変更にあたっては変更前と「相当の関連性」が求められましたが、その点が削除となっております(15条2項)。より柔軟に個人情報を利用することができることとなります。

(3)個人情報流通の適正さの確保
個人情報を第三者に提供するには、あらかじめ本人を同意を得ることが原則です(23条1項)。しかし従来は第三者へ提供する旨、その内容、方法等の一定の事項をあらかじめ通知するか用意に知り得る状態にしておくことによって、本人が反対しない限り同意したものとして第三者提供ができることになっておりました(同2項)。これをオプトアウトと言います。しかしこれでは本人の知らない所で自らの個人情報を第三者に提供されていることになり保護に欠けるとされてきました。そこで今回の改正ではオプトアウトの要件を厳格化しております。具体的には上記一定の事項に本人からの求めを受け付ける方法を加えた上で、個人情報保護委員会への届出が必要となります。届出がなされるとその旨が公表されることとなります。これらの手続に不適切な点がある場合には勧告や措置命令の対象となります(42条1項、2項)。

(4)データベース提供罪の新設
企業や事業者が業務上取り扱った個人情報データベースを不正な利益を得る目的で第三者に提供等をした場合には1年以下の懲役または50万円以下の罰金が課されることになります(83条)。個人情報を業者に転売等することによって利益を得ることに関し罰則が新たに規定されたということです。マイナンバー法にも同様の規定(3年以下、150万円以下)がありますがそれに比べるとまだ軽いものに留まっております。

(5)要配慮個人情報の扱い
人種、信条、犯罪歴等、本人に対する不当な差別や偏見を招くおそれのある情報として新たに要配慮個人情報が新設されました(2条3項)。具体的には先に挙げたものの他に病歴や社会的身分、犯罪被害を受けた事実、その他政令で定めるものが該当します。これらに該当する要配慮個人情報は本人の同意なく取得することが出来ず(17条2項)、オプトアウトによる第三者提供も禁止されます(23条2項)。

コメント

今回の改正の一番の主眼は規制の対象である個人情報の具体的な内容の明確化です。どのような情報が規制の対象である個人情報に該当するかがかなり具体化されました。しかし依然として曖昧なものも存在します。例えば携帯番号やメールアドレスといったものが挙げられます。経産省の個人情報ガイドラインでも携帯番号は、それ単体では個人情報には該当しませんが他の情報と合わせて個人が識別できるのであれば該当し得るとしてきました。今回の改正を踏まえてもこれらについては判然としない状況と言えます。しかし新たに新設された要配慮情報や匿名加工については今一度、社内の取扱状況等を確認し、またオプトアウト形式で第三者への提供を行っていないかを確認することが必要です。第三者提供を行っている場合は施工後に違法なデータベース提供とならないか、また個人情報保護委員会への届出を要しないかを周知し体制の整備が重要と言えるでしょう。

関連業務タグ:
関連法律タグ:,
 
[著者情報] mhayashi

詳細情報はありません。

このニュースに関連するセミナー

法務コラム 法務ニュース コンプライアンス 個人情報保護法 法改正
第91回MSサロン(東京会場)
2017年11月22日(水)
19:00 ~ 21:00
2,000円
東京都新宿区
講師情報
近内京太
2006年の弁護士登録以来、丸の内総合法律事務所にて、企業の法律顧問業務のほか、M&A、株主総会、危機管理、海外取引、企業関係訴訟、その他の企業法務全般を取り扱う。
2003年京都大学法学部、2016年ワシントン大学ロースクール(LLM)卒。2017年ワシントン州司法試験合格。2011年1月~2012年6月預金保険機構、2016年8月~2017年7月米国シアトルのShatz Law Group勤務。
趣味は、ロングトレイルを中心にランニング全般。
[近時の著作]
「自動運転自動車による交通事故の法的責任~米国における議論を踏まえた日本法の枠組みとその評価[上]・[下]」(国際商事法務44巻10号1449頁・11号1609頁) (2016)
American Bar Association, Section of International Law, Regional and Comparative Law: Asia Pacific, 51 The Year In Review 579 (2017)
セミナー(60分)の後、交流会(60分)を行います。
今回のセミナー内容は、 「民法(債権法)改正の概要と約款取引について企業のとるべき対応」です。
詳細はコチラ (申込は、終了しています。)
法改正
《緊急セミナー:名古開催》改正債権法に基づく契約書作成実務
2017年11月24日(金)
14:30 ~ 17:30
15,000円(資料代・消費税を含む)
名古屋市中区栄
講師情報
滝川 宜信
(行政書士滝川ビジネス契約コンサルティング代表〔特定行政書士〕・明治学院大学非常勤講師)
◆中央大学大学院法学研究科博士後期課程中退
◆㈱デンソー法務部課長~部長および名古屋大学大学院法学研究科客員教授、明治学院大学法科大学院教授(会社法・商法担当)、株式会社トーカン顧問を歴任。
・この間、中部経済連合会法規委員会専門委員長、経団連経済法規委員会企画部会委員・消費者部会委員、名古屋工業大学・名城大学法学部・中京大学法学部・南山大学法学部・法科大学院の非常勤講師を歴任。
◆日本私法学会会員、金融法学会会員
◆主な著書
『取引基本契約書の作成と審査の実務(第5版)』(単著・㈱民事法研究会)、『実践企業法務入門(第5版)』(単著・㈱民事法研究会)、『業務委託(アウトソーシング)契約書の作成と審査の実務』(単著・㈱民事法研究会)、『M&A・アライアンス契約書の作成と審査の実務』(単著・㈱民事法研究会)
『内部統制対応版企業コンプライアンス態勢のすべて〔新訂版〕』(共著・きんざい)、『リーディング会社法〔第2版〕』(単著・㈱民事法研究会)、『企業法務戦略』(共著・㈱中央経済社)、『社外取締役のすべて』(共著・東洋経済新聞社)など
改正民法施行は、2020年1月または4月と見込まれていますが、今から契約書の準備をすることが必要です。
本セミナーでは、『取引基本契約書の作成と審査の実務』など契約書の審査と実務シリーズ(民事法研究会・刊)の著者が、企業法務の担当者を対象に、直接、わかり易く丁寧に解説します。
滝川宜信・著『業務委託(アウトソーシング)契約書の作成と審査の実務』(民事法研究会・刊)に掲載の請負契約書ひな型・委任契約書ひな型に基づき具体的に条文の変更例を示し解説します。
東京開催(10月)の満員の盛況を受け、このたび名古屋開催を決定しました。
※変更例および主旨は、他の契約にも応用が可能です。
※本セミナーは、本年7月19日に、名古屋・愛知県弁護士会ホールで行った内容をバージョンアップし、3時間で解説するものです。
詳細はコチラ (申込は、終了しています。)

あわせて抑えておきたい関連記事

立場の弱い労働者は、企業に対し、どう対策すべきか... 事案の概要  厚生労働省が6月14日に発表した「平成23年度 脳・心臓疾患および精神障害などの労災補償状況まとめ」によると、精神障害による労災請求件数が3年連続で過去最高の1272件となった。 それぞれのデータを世代別に見ると40〜50代の数字が目立つのだが、ワークルールや就労に関する法令知識に明...
最高裁で遺族側の敗訴が確定、野外ライブ落雷事故訴訟... はじめに 野外ライブ中の落雷事故で観客が死亡し、遺族が主催会社に安全対策に不備があったとして損害賠償を求めていた訴訟の上告審で19日、最高裁は上告を棄却する決定を出しました。遺族側の敗訴が確定したことになります。今回は野外での落雷事故と安全配慮義務について見ていきます。 事件の概要 報道な...
社員教育はどこまで許されるのか。JR西日本の日勤教育への賠償命令を期に考える。... 日勤教育でJR西日本に賠償命令  先月7月27日、JR西日本の運転士など250人余りが、ミスをした際に課せられる社内の日勤教育で不当な扱いを受けたと訴えた裁判で、大阪地方裁判所は61人の原告について「草むしりをさせるなど行き過ぎた内容があった」として、合わせて620万円の賠償をJRに命じた。この判...