下請法について

1.はじめに

公正取引委員会によると、2015年度の下請法違反による取締の指導は過去最多の5980件に及ぶと発表されました。
公正取引委員会指導件数

下請法は、正式には「下請代金支払遅延等防止法」という法律であって、下請取引の公正化や下請業者の利益保護を目的とした法律です。
公正取引委員会下請法

製造業や役務提供といった内容の取引を行う企業間では、「下請けいじめ」という問題が指摘されていました。
これを防止すべく制定されたのが下請法です。
弁護士法人淀屋橋・山上合同

下請法という名の通り、この法律が適用されるのは、親事業事業者と下請事業者との間で問題が起きた場合です。
しかし下請法上、適用となる事業者や取引に関しては、少し複雑です。
そこで今回は、具体的に適用対象となる事業者や取引内容、下請法上の違反行為などについてみていきます。

2.下請法の適用範囲

①適用対象となる取引(下請法2条1項から6項)
まず下請法上、適用の対象となる取引は、物品の製造委託、物品の修理委託、情報成果物の作成委託、役務提供委託の4つです。

②適用対象となる事業者(下請法2条7項から9項)
①で列挙した内容の取引を扱う場合、取引を行う事業者が
・資本金3億円超の親事業者と資本金3億円以下の下請会社
または、
・資本金1000万円超から資本金3億円以下の親事業者と資本金1000万円以下の下請会社
であることが必要となります。必ずこの組み合わせでなくてはならない点に注意してください。
もっとも、次の場合には、情報成果物の内容がコンピュータープログラムや映画、映像番組等以外のものとされます。
・資本金が5000万円超の親事業者と資本金5000万円以下の下請会社
または、
・資本金が1000万円超から5000万円以下の親事業者と資本金1000万円以下の下請会社
このほか、以下のサイトではより詳細に説明がされてますので参考にしてください。
TRENDERSNET

③下請法上における違反行為(下請法4条)
下請法上の違反行為とは、受領拒否の禁止、下請代金支払の遅延の禁止、下請代金の減額の禁止、返品の禁止などです。
公正取引委員会下請法概要

違反行為の具体例について見ていきます。
例えば、次の事例は受領拒否に該当しうるものと考えられます。
「A社(資本金1億円)はソフトウェアの開発会社ですが、自動車をデザインするためのソフト開発の一部をB社(資本金1千億円の自動車メーカー)から受託しています。2年前にB社から受託したソフトを本年4月に完成させ、B社に納品したところ、内容は満たしているが、社内方針が変わったとの理由で採用をしないと通知がきました。」

また、返品の禁止とは次のようなものと考えられます。
「A社(資本金1億円)は、B社(資本金100億円)から製品の部品の製造を受託しています。A社が製造する部品には、B社が全数受け入れ検査を実施するものと、検査が省略されているものと2種類があります。B社は、受入検査では発見できなかった部品の瑕疵について、納品から1年を経過しても返品してきます。また、受入検査を省略しているものについても同様に返品してきます。」

違反行為において多い事案としては「買いたたき」です。
買いたたきとは、発注した内容と同種又は類似の給付の内容に対して通常支払われる
対価に比べて著しく低い額を不当に定めること、定義されています。
公正取引委員会親事業者禁止行為

買いたたきの難しいところは、他の違反行為に比べ「対価が著しく低い」というややあいまいな表現を使っている点です。「この場合は絶対に買いたたきにあたる」と言い切ることは難しいといえます。
法律事務所ミライトパートナーズ・ブログ

買いたたきに当たり得る場合の一例としては、次のようなものが該当しうると考えられます。
「A社(資本金1,000万円)は、B社(資本金1億円)が製造するペットボトルに印刷加工する仕事を受託し、長年継続的に行っています。
今回、B社からの15%の単価の引き下げに対して、A社は7%であれば対応できると提案したものの、15%下げなければ仕事を引き上げると言われ困っています。」

次のような事例もあります。
「運送業者A社(資本金500万円)は、運送業者B社(資本金1億円)から商品の配送を受託していますが、従来1日1便でしたが、今後は1日3便に増やすとの要請を受けました。A社は、従前の代金では対応できないことから、B社に対して、輸送費、人員の増加が必要であるとして、新たに見積書を提出しましたが、A社が求めた値上額の10パーセントほどしか値上げを認めてくれません。」

以上の事例は、全て中小企業庁のホームページに記載されてありますので、同ホームページをご覧ください。
中小企業庁違反行為事例

3.下請法遵守のために

下請法遵守のためには、企業自らがコンプライアンス等に下請法規定の義務を遵守することが重要となってきます。
具体的には、書面交付義務(下請法3条)、書類の作成・保存義務(下請法5条)、
下請代金の支払期日を定める義務(下請法2条の2)、遅延利息の支払義務(下請法4条の2)
という4つの義務があります。親事業者はこれらの義務を守るべく内部規定を定めるといった基本的なことを行っていくことが効果的だと思われます。
公正取引委員会下請法概要

4.最後に

以上見てきましたが、下請法を遵守し、親事業者、下請事業者ともに仕事をしやすい環境を作っていくことが大切です。
企業の事業内容によって下請法の適用の有無はありますが、適用のある企業の皆様は、一度下請法の条文やその外観を見ておくと良いと思います。

企業法務ナビよりお知らせ
本記事は、約1年4ヶ月前に投稿された記事です。法律を内容とする記事の特性上、その改正や他の特別法の施行、経過措置期間の経過、関連判例の出現などによって内容が古くなり、現在は誤りとなる可能性がありますので、ご注意下さい。
関連業務タグ:,
関連法律タグ:
 
[著者情報] obara

詳細情報はありません。

このニュースに関連するセミナー

法務ニュース 労務法務 危機管理 下請法
第89回MSサロン(名古屋会場)
2017年11月14日(火)
19:00 ~ 21:00
2,000円
名古屋市中区丸の内
講師情報
和田圭介
愛知県春日井市出身
京都大学法学部・Duke大学LLM卒業。
2005年弁護士登録。
2013年ニューヨーク州弁護士登録。
世界最大規模の国際法律事務所であるクリフォードチャンス法律事務所を経て、
2015年、IBS法律事務所を開設。
国内外の企業法務案件を主に扱っており、国際取引・英文契約を得意としている。
大手総合商社・外資系企業の法務部への出向経験があるため、企業法務の現場の問題意識にも通じている。
セミナー(60分)の後、交流会(60分)を行います。
今回のセミナー内容は、 「モノづくり企業のためのIoT法務入門」です。
詳細はコチラ (申込は、終了しています。)
法務ニュース 労務法務 危機管理 下請法
第91回MSサロン(東京会場)
2017年11月22日(水)
19:00 ~ 21:00
2,000円
東京都新宿区
講師情報
近内京太
2006年の弁護士登録以来、丸の内総合法律事務所にて、企業の法律顧問業務のほか、M&A、株主総会、危機管理、海外取引、企業関係訴訟、その他の企業法務全般を取り扱う。
2003年京都大学法学部、2016年ワシントン大学ロースクール(LLM)卒。2017年ワシントン州司法試験合格。2011年1月~2012年6月預金保険機構、2016年8月~2017年7月米国シアトルのShatz Law Group勤務。
趣味は、ロングトレイルを中心にランニング全般。
[近時の著作]
「自動運転自動車による交通事故の法的責任~米国における議論を踏まえた日本法の枠組みとその評価[上]・[下]」(国際商事法務44巻10号1449頁・11号1609頁) (2016)
American Bar Association, Section of International Law, Regional and Comparative Law: Asia Pacific, 51 The Year In Review 579 (2017)
セミナー(60分)の後、交流会(60分)を行います。
今回のセミナー内容は、 「民法(債権法)改正の概要と約款取引について企業のとるべき対応」です。
詳細はコチラ (申込は、終了しています。)
法務ニュース 労務法務 危機管理 下請法
第90回MSサロン(大阪会場)
2017年11月15日(水)
19:00 ~ 21:00
2,000円
大阪府大阪市北区
講師情報
井関勝守
CPJAPAN綜合特許事務所 所長弁理士

知的財産に関する実務経験約18年。
2001年弁理士登録。

国内企業のみならず、多くの海外企業の案件に関わり、権利化業務に留まらず、知財紛争に関する支援や、産学連携を含む技術移転の支援、知財に関する交渉、契約、知財情報の分析、知財を活用した事業戦略・海外展開に向けた相談業務など多面的な業務を経験する。
また、発明推進協会の模倣被害アドバイザー、中小機構の経営支援アドバイザー、中小企業等外国出願支援事業の審査員(大阪府)、大阪府「ものづくりイノベーションプロジェクト」評価協力員等の公的な業務にも選任され、これまで関わってきた。
セミナー(60分)の後、交流会(60分)を行います。
今回のセミナー内容は、 「知的財産を含む契約における特有の留意事項~自社事業を円滑に進めるために~」です。
詳細はコチラ (申込は、終了しています。)

あわせて抑えておきたい関連記事

企業内紛争解決手段としてのADR  従来の企業内個別労働紛争機関は, 労働組合を主とした集団的労使関係を前提に構築されてきました。 しかし労働組合の組織率が 20%を切る現在, 労働組合のない企業、労働組合の苦情処理制度に頼ることのできない企業が増えています。 1 企業内紛争解決の限界  労働者の不平・不満は労使間の自主的な解決...
株価続落の本当の原因は? 東電の株価の大幅な続落は、もちろん福島第一原子力発電所の被災に伴う損失拡大に基づくものであろう。しかしながら、原因はそれだけであろうか。態度のはっきりしない記者会見が東電自身に株価続落という2次災害をもたらしたと筆者は考える。 どの企業にも、予想を超えるトラブルが発生する可能性がある。その場合、...
インサイダー取引規制強化 事案の概要 インサイダー取引規制を強化する議論が金融審議会の作業部会で進んでいる。現状では、重要情報を知った上場企業の役員・社員ら(会社関係者)や、会社関係者から直接情報を得た者が、公表前に有価証券を売買するとインサイダー取引となる。 これに対し重要情報を漏らす行為自体は規制の対象外だった。しか...