公正取引委員会、セブンイレブンを下請法違反により是正勧告 

公正取引委員会は、セブン-イレブン・ジャパンに対し、下請法4条2項3号の下請代金の減額の禁止の規定に違反する行為が認められたので、先月21日、同法第7条第2項の規定に基づき、同社に対し勧告を行いました。

1 違反の事実

 セブン-イレブン・ジャパンは、おにぎりやサンドイッチなどの「デイリー商品」や、レトルト総菜、パン、デザート類、ペットボトル飲料などの「セブンプレミアム」といったPB商品の製造を下請け業者に委託し、各店舗で販売しています。
 公正取引委員会の報道によると、同社は少なくとも2015年9月~16年8月、製造委託業者に対し、本社から各店舗に配信する電子カタログの制作費用などを「商品案内作成代」名目で負担させたほか、新規や改装オープンする店舗のセールの際の値引き分を「新店協賛金」として支払額から差し引いていました。不当な減額は、76業者に対して約2億3千万円にのぼっていました。これらの事実が,下請法4条2項3号に違反したとして,同法7条2項に基づき,同社に対し勧告を行いました。

2 下請法4条2項3号について

 同法4条2項3号は,下請事業者に責任がないのに,発注時に定められた金額(発注時に直ちに交付しなければならない書面に記載された額)から一定額を減じて支払うことを全面的に禁止しています。値引き,協賛金等の減額の名目,方法,金額の多少を問わず,また,下請事業者との合意があったとしても,上記規定に違反します。

3 下請法4条2項3号に違反した事例

 公正取引委員会の報道によれば,他にも上記規定に違反している事例があります。
(1)株式会社タカタに対する件
 自動車部品の製造業等を行っている株式会社タカタは,シートベルトの製造委託をしている下請事業者に対し,コストダウンの要請を行い,「一時金」等として,総額約2億4976万円を下請代金から減額をしていました。
(2)山崎製パン株式会社の件
 フランチャイズシステムによるコンビニエンスストア事業を行っている山崎製パン株式会社は,食料品等の製造委託をしている下請事業者に対し,山崎製パンが自社商品の販売促進のための費用として徴収した金銭及び,箸・フォーク代等として,総額約4622万円を下請代金から減額していました。
(3)株式会社久世の件
 食料品等の卸売業等を行っている株式会社久世は,食料品,調味料,洗剤等の製造委託をしている下請事業者に対し,積極的な拡販を図るためのとして一定期間負下請代金の総額に応じて徴収した金銭総額5043万円を下請代金の額から減額していました。

4 最後に

 上記の事例を見る限り,下請法4条2項3号の射程範囲は広く,これは,親事業者と下請事業者との力関係が関係しているものと考えらます。親事業者としては,下請事業者に責任がないにもかかわらず,みだりに下請代金の減額をするべきではないでしょう。

関連業務タグ:
関連法律タグ:
 
[著者情報] hara

詳細情報はありません。

このニュースに関連するセミナー

法務ニュース コンプライアンス 下請法
第91回MSサロン(東京会場)
2017年11月22日(水)
19:00 ~ 21:00
2,000円
東京都新宿区
講師情報
近内京太
2006年の弁護士登録以来、丸の内総合法律事務所にて、企業の法律顧問業務のほか、M&A、株主総会、危機管理、海外取引、企業関係訴訟、その他の企業法務全般を取り扱う。
2003年京都大学法学部、2016年ワシントン大学ロースクール(LLM)卒。2017年ワシントン州司法試験合格。2011年1月~2012年6月預金保険機構、2016年8月~2017年7月米国シアトルのShatz Law Group勤務。
趣味は、ロングトレイルを中心にランニング全般。
[近時の著作]
「自動運転自動車による交通事故の法的責任~米国における議論を踏まえた日本法の枠組みとその評価[上]・[下]」(国際商事法務44巻10号1449頁・11号1609頁) (2016)
American Bar Association, Section of International Law, Regional and Comparative Law: Asia Pacific, 51 The Year In Review 579 (2017)
セミナー(60分)の後、交流会(60分)を行います。
今回のセミナー内容は、 「民法(債権法)改正の概要と約款取引について企業のとるべき対応」です。
詳細はコチラ (申込は、終了しています。)

あわせて抑えておきたい関連記事

京都地裁 携帯電話の中途解約金条項の使用差止請求認められず... 京都地裁(吉川愼一裁判長)は3月28日、携帯電話の利用契約を締結する際に使用している中途解約金条項は消費者契約法9条1号並びに10条に該当するとして、同条項の使用差止めを請求した事案に対して、解約金条項における金額は合理的なものであるとして、原告の請求を棄却した。 この裁判では、①解約金条項につい...
社外取締役の設置義務化、2年後に再検討へ... 事案の概要 企業統治の強化を主眼とした会社法改正案が22日、自民党法務部会で了承され今国会に提出される予定となった。 同部会が了承した改正案では、最近のみずほ銀行の暴力団員融資問題などを受けて高まっている社外取締役の設置義務化の声に配慮した形で、上場企業が社外取締役を選任していない場合、「定...
サイバーテロの横行と、いち早い対処の必要性について... 事案の概要 ニューヨーク・タイムズは、オバマ大統領がブッシュ前政権からイランのウラン濃縮施設に対するサイバー攻撃計画を継承し、作戦続行を命じていたと報じた。 イランではナタンツのウラン濃縮施設のシステムがコンピューターウイルスに感染し、遠心分離機の一部が破損した。2010年夏にプログラム上のエラ...