公正取引委員会、セブンイレブンを下請法違反により是正勧告 

公正取引委員会は、セブン-イレブン・ジャパンに対し、下請法4条2項3号の下請代金の減額の禁止の規定に違反する行為が認められたので、先月21日、同法第7条第2項の規定に基づき、同社に対し勧告を行いました。

1 違反の事実

 セブン-イレブン・ジャパンは、おにぎりやサンドイッチなどの「デイリー商品」や、レトルト総菜、パン、デザート類、ペットボトル飲料などの「セブンプレミアム」といったPB商品の製造を下請け業者に委託し、各店舗で販売しています。
 公正取引委員会の報道によると、同社は少なくとも2015年9月~16年8月、製造委託業者に対し、本社から各店舗に配信する電子カタログの制作費用などを「商品案内作成代」名目で負担させたほか、新規や改装オープンする店舗のセールの際の値引き分を「新店協賛金」として支払額から差し引いていました。不当な減額は、76業者に対して約2億3千万円にのぼっていました。これらの事実が,下請法4条2項3号に違反したとして,同法7条2項に基づき,同社に対し勧告を行いました。

2 下請法4条2項3号について

 同法4条2項3号は,下請事業者に責任がないのに,発注時に定められた金額(発注時に直ちに交付しなければならない書面に記載された額)から一定額を減じて支払うことを全面的に禁止しています。値引き,協賛金等の減額の名目,方法,金額の多少を問わず,また,下請事業者との合意があったとしても,上記規定に違反します。

3 下請法4条2項3号に違反した事例

 公正取引委員会の報道によれば,他にも上記規定に違反している事例があります。
(1)株式会社タカタに対する件
 自動車部品の製造業等を行っている株式会社タカタは,シートベルトの製造委託をしている下請事業者に対し,コストダウンの要請を行い,「一時金」等として,総額約2億4976万円を下請代金から減額をしていました。
(2)山崎製パン株式会社の件
 フランチャイズシステムによるコンビニエンスストア事業を行っている山崎製パン株式会社は,食料品等の製造委託をしている下請事業者に対し,山崎製パンが自社商品の販売促進のための費用として徴収した金銭及び,箸・フォーク代等として,総額約4622万円を下請代金から減額していました。
(3)株式会社久世の件
 食料品等の卸売業等を行っている株式会社久世は,食料品,調味料,洗剤等の製造委託をしている下請事業者に対し,積極的な拡販を図るためのとして一定期間負下請代金の総額に応じて徴収した金銭総額5043万円を下請代金の額から減額していました。

4 最後に

 上記の事例を見る限り,下請法4条2項3号の射程範囲は広く,これは,親事業者と下請事業者との力関係が関係しているものと考えらます。親事業者としては,下請事業者に責任がないにもかかわらず,みだりに下請代金の減額をするべきではないでしょう。

関連業務タグ:
関連法律タグ:
 
[著者情報] hara

詳細情報はありません。

このニュースに関連するセミナー

法務ニュース コンプライアンス 下請法
第87回MSサロン(名古屋会場)
2017年09月13日(水)
19:00 ~ 21:00
2,000円
名古屋市中区丸の内
講師情報
和田圭介
愛知県春日井市出身
京都大学法学部・Duke大学LLM卒業。
2005年弁護士登録。
2013年ニューヨーク州弁護士登録。
世界最大規模の国際法律事務所であるクリフォードチャンス法律事務所を経て、
2015年、IBS法律事務所を開設。
国内外の企業法務案件を主に扱っており、国際取引・英文契約を得意としている。
大手総合商社・外資系企業の法務部への出向経験があるため、企業法務の現場の問題意識にも通じている。
セミナー(60分)の後、交流会(60分)を行います。
今回のセミナー内容は、 「製造業のための民法(債権法)改正実務対応」です。
申込・詳細はコチラ
法務ニュース コンプライアンス 下請法
第86回MSサロン(大阪会場)
2017年09月06日(水)
19:00 ~ 21:00
2,000円
大阪府大阪市北区
講師情報
溝上絢子
2004(平成16)年10月
大阪弁護士会に弁護士登録、なにわ共同事務所入所

2008(平成20)年4月~2011(平成23)年9月
大阪大学高等司法研究科(ロー スクール) 非常勤講師
セミナー(60分)の後、交流会(60分)を行います。
今回のセミナー内容は、 「取引基本契約を締結する際の下請法をめぐる留意点」です。
詳細はコチラ (申込は、終了しています。)
法務ニュース コンプライアンス 下請法
第88回MSサロン(東京会場)
2017年09月26日(火)
19:00 ~ 21:00
2,000円
東京都新宿区
講師情報
田中 誠
キリンホールディングス株式会社グループ法務担当主幹
兼キリン株式会社法務部主幹

1985年3月 中央大学法学部法律学科 卒業
1985年4月 麒麟麦酒株式会社(現キリンホールディングス㈱)入社
1990年10月~2004年3月 同社総務部法務課2004年4月~2012年4月 同社不動産事業部門配属後、同社不動産関連子会社に出向
2012年4月 キリンホールディングス株式会社グループ法務担当 兼 キリン株式会社法務部に異動、現在に至る
セミナー(60分)の後、交流会(60分)を行います。
今回のセミナー内容は、 「上場会社株主総会の最近の実務」です。
申込・詳細はコチラ

あわせて抑えておきたい関連記事

公正証書は恐ろしい!未公開株購入で財産差し押さえ被害相次ぐ。... 公正証書は恐ろしい!未公開株購入で財産差し押さえ被害相次ぐ。 一昨年の12月、証券会社社員を名乗る男から持ちかけられた未公開株の購入話に乗ってしまった都内70代男性が、「未公開株代金の支払いがなければ財産を差し押さえる」との内容の公正証書を勝手に作られ、その財産を差し押さえられていたことがわかった...
中小企業円滑化法 利用後も倒産した企業8ヶ月で100件超... 概要  平成21年12月に施行された中小企業金融円滑化法、平成23年1月から8月までの間に、この制度を利用した企業のうち、101件が倒産したことが帝国データバンクの調べで明らかになった。倒産した企業の負債総額は、732億3900万円。倒産した原因は、販売不振が70%と一番多く、景気状況の悪化を物語...
株式公開買い付けで非公開化へ 事案の概要  国内最大級のゴルフ場運営会社、アコーディア・ゴルフは29日、プライベート・エクイティ(PE)ファンドのMBKパートナーズによる買収を受け入れ、株式を非公開化すると発表しました。アコーディアはMBKの下で、これまで積極的な株主還元に充てていた現預金を大規模な設備投資に振り向け、ゴル...