元従業員らが「アート引越センター」を提訴、給与天引きの可否について

はじめに

引っ越し大手「アート引越センター」(大阪市)の元従業員ら3名が10日、未払い残業代など計376万円の支払を求め横浜地裁に提訴していたことがわかりました。顧客の荷物を破損させた場合、従業員の給与から天引きされていたとのことです。今回は従業員の過失等により顧客に損害が生じた場合、給与から天引きが可能かについて見ていきます。

事案の概要

報道などによりますと、元正社員2名と元アルバイト1名は「アート引越センター」の横浜都筑支店に勤めておりました。同社では1ヶ月の時間外労働が100時間を超えるなど長時間労働が状態化し、また残業代が一部しか支払われていないとしています。また顧客の荷物を破損させた場合、同社が顧客に支払う賠償金の一部を現場リーダーが3万円を上限に負担する制度が存在し、同意が無いまま給与から天引きされていたとのことです。また原告側の主張では「引っ越し事故積立金」の名目で1日500円分が給与から勝手に天引きされており、それを超える損害の場合は現場会議でリーダーが負担していたとのことです。原告らはこれらを含め計376万円の支払を求め提訴しました。

業務上発生した損害の負担

従業員の過失などのミスにより顧客や第三者に損害を与え、会社がその賠償をした場合に会社は従業員に対しその分の賠償請求または負担を求めることができるのでしょうか。従業員の故意または過失により損害が生じた場合、民法709条や715条3項、415条などを根拠に請求できる場合があります。715条3項は使用者が第三者に賠償した場合、被用者に対し求償することができる旨定めております。しかしこの求償権は報奨責任の見地から相当厳格に解されております。報奨責任とは使用者が被用者を使用することによって利益を得ているのであるから、それによる損害も負担すべきとの考え方です。判例でも事業の性格、被用者の業務内容、労働条件、勤務態度、加害行為の態様、それらに対する使用者の配慮等、諸般の事情に照らし損害の公平な分担という見地から信義則上相当と認められる範囲に限定しております(最判昭和51年7月8日)。他の裁判例でも全損害額の1割程度しか認めない例も多く、全額認められることはほぼ無いと言えます。

給与からの天引きの可否

では仮に従業員に損害の求償ができるとして、それを給与から天引きすることができるのでしょうか。労働基準法24条1項によりますと「賃金は、・・・労働者に、その全額を支払わなければならない。」としています。これを全額払いの原則と言います。つまり原則として給与から天引きすることはできないということです。しかしこれには例外があり、一定の場合には天引きが可能となります。

法令による例外

労働基準法24条1項但書では「法令若しくは労働協約に別段の定めが有る場合」「労働組合、・・・労働者の過半数を代表する者との書面による協定がある場合」には賃金の一部を控除して支払うことができるとしています。つまり所得税の源泉徴収や保険料の控除などは法令により認めら、また労働組合との書面による協定によりたとえば福利厚生のための積立金などが認められるということです。

判例による例外

上記法令による例外以外にも判例では、労働者の同意がある場合に、その同意が「労働者の自由な意思に基づいてされたものであると認めるに足りる合理的な理由が客観的に存在するとき」は労働基準法24条1項に反しないとしています(最判平成2年11月26日)。労働者の自由な意思による合意がある場合には天引きや相殺ができるということです。そしてそれが客観的な状況から認められる必要があります。つまり仮に労働者から書面などで同意を得たとしても、諸般の事情を考慮して自由な意思によるものではないと判断される可能性は高いということです。

コメント

本件で原告側の主張によりますと、同社では荷物に破損等が生じ顧客に賠償した場合、1件3万円を上限として自動的に現場リーダーから天引きしていたとされます。この事実が認められた場合、引越し業という業態や、常時相当の重労働と長時間労働を強いられる従業員の勤務状況を考慮すれば、損害を1件3万円という範囲であったとしても、自動的にほぼ全額負担させることは損害の公平な分担という見地からも信義則からも認められることは困難と思われます。そしてこの損害の負担制度や1日500円の積立金制度についても、労働組合かまたは労働者の過半数を代表する者と書面による協定が締結されていないのであれば、天引きは労基法24条違反ということになると言えます。以上のように、会社は従業員を使用することによって多くの利益を上げている以上、それによる損害もまた負担すべきであると考えられております。それ故に、程度にもよりますが、従業員の事故等による損害を、従業員に負担させることはほとんど認められていないのが現状です。また給与からの天引きも法令によりかなり厳しく制限されております。こういった損害に対しては、労働組合と協定を結ぶか、損害保険などの加入により備えるなどの対策を検討することが重要と言えるでしょう。

企業法務ナビよりお知らせ
本記事は、約2年1ヶ月前に投稿された記事です。法律を内容とする記事の特性上、その改正や他の特別法の施行、経過措置期間の経過、関連判例の出現などによって内容が古くなり、現在は誤りとなる可能性がありますので、ご注意下さい。
関連業務タグ:
関連法律タグ:
 
[著者情報] mhayashi

詳細情報はありません。

※記事コンテンツを掲載したい方は、コチラ

このニュースに関連するセミナー

法務ニュース 訴訟行政 労務法務 労働法
《東京会場》少人数でも課題克服!総合的法務機能 アップ講座 第6回(全8回)不祥事・紛争対応
2019年11月20日(水)
15:00 ~ 18:00
22,000円(税込)※消費税10%
東京都港区
講師情報
田代 啓史郎
TMI総合法律事務所 パートナー弁護士

2003年 一橋大学法学部法律学科卒業
2004年 最高裁判所司法研修所入所
2005年 第一東京弁護士会登録 TMI総合法律事務所勤務
2013年 デューク大学ロースクール卒業(LL.M.)
2013年 ロサンゼルスのクイン・エマニュエル・アークハート・サリバン法律事務所勤務
2014年 ニューヨーク州弁護士資格取得
2014年 TMI総合法律事務所復帰
2017年 パートナー就任

主催・協力
レクシスネクシス・ジャパン株式会社/ビジネスロー・ジャーナル
技術革新やグローバル化が進み、ビジネスを取り巻く環境や法規制が大きく変わってきています。
部員が1人ないし数人というような中小規模の法務部では、この流れを常にフォローアップするには人的に限界があるため、各法分野の専門家とのネットワークを作り、タイムリーに外部に依頼できる体制を構築することが不可欠です。
本講座は、そのような法務部の方を対象に、最新の法律実務を解説するとともに、どのように法務機能を充実していったらよいかを一緒に議論していく講座です。
詳細はコチラ (申込は、終了しています。)
労務法務 労働法
《東京会場》メンタルヘルスの問題が発生した場合における適切な事後対応 ~最新の裁判例を踏まえて~
2019年12月09日(月)
13:30 ~ 16:30
22,000円(税込)
東京都港区
講師情報
上田 潤一 荻野 聡之
■上田潤一
アンダーソン・毛利・友常法律事務所/パートナー弁護士

01年東京大学法学部卒業
04年弁護士登録
12年米国Vanderbilt University卒業(LL.M.)
13年ニューヨーク州弁護士登録、英国University College London卒業(LL.M.)
労働法、社会保険・労働保険・年金に関連する法律、会社法、個人情報保護法等の法分野に関する業務を中心に、労働案件、一般企業法務の案件、紛争案件等を取り扱っている。
著作に『仕事でよく使う・すぐに応用できるビジネス契約書作成ガイド』(共著)(清文社、2017)、『実務Q&Aシリーズ 懲戒処分・解雇』(共著)(労務行政、2017)等がある。

■荻野聡之
アンダーソン・毛利・友常法律事務所/アソシエイト弁護士

03年東京大学法学部卒業
06年東京大学法科大学院卒業(法務博士(専門職))
08年弁護士登録
労働法、危機管理、事業再生等の法分野に関する業務を中心に取り扱っている。
著作に『企業のための労働実務ガイド1 Q&Aと書式 解雇・退職』(共著)(商事法務、2013)、『労使双方の視点で考える 27のケースから学ぶ労働事件解決の実務』(共著)(日本法令、2015)、『M&Aにおける労働法務DDのポイント』(共著)(商事法務、2017年)等がある。

主催・協力
レクシスネクシス・ジャパン株式会社/ビジネスロー・ジャーナル
働き方改革が進行する近年においても、メンタルヘルスに問題を抱える従業員は、依然として増加傾向にあり、企業においても対応に苦慮する場面が増えています。

メンタルヘルスの問題は長期化するケースも少なくないため、そのようなケースでは、企業は、メンタルヘルスに不調を抱えた従業員に対して、長期間に渡り継続的な対応を行う必要があります。
企業の事後対応も、メンタルヘルスの問題が発覚した時点、休職命令の発令時点、休職期間中、復職時点、労働契約の終了時点における各局面で、それぞれ検討すべき問題が異なります。

また、メンタルヘルスに不調を抱える従業員に対する対応を企業が誤ってしまうと、問題の解決を遅らせるだけではなく、症状の悪化等により問題が深刻化する可能性も否定できません。
そこで、企業としては、メンタルヘルスの問題が発生した場合には、対応を誤らないよう適切に対応することが、問題を長期化、深刻化させないため、特に重要になっています。

本セミナーでは、企業側弁護士としてメンタルヘルス案件の対応経験が豊富な講師が、実務上のノウハウを交えて、企業側で具体的にどのように対応すればよいかの手順を局面ごとに分けて、わかりやすく解説いたします。
詳細はコチラ (申込は、終了しています。)
※セミナー広告を掲載したい方は、コチラ

あわせて抑えておきたい関連記事

民法大改正!-日本経済に与える影響とは何か... 事案の概要  本年度3月11日に民法­ついて改正の中間試案が出され、この試案に対するパブリックコメント(意見公募)が6月17日に締め切られた。経団連をはじめ様々な業界団体から意見が一通り出揃ったとといえる  わが国の民法は120年前のはるか昔に制定され、現代の経済の実態とそぐわない部分が多くなって...
ダウンロードよりダウンロード支援が違法?... 事件の概要  日本コロムビア株式会社を始めとするレコード会社30社及び音楽出版会社1社は、YouYubeからの動画ダウンロード支援サイト「TUBEFIRE」を運営する株式会社ミュージックゲートに対して、前記会社等が権利を有するビデオクリップなどの動画及び音源ダウンロードサービスの停止並びに損害...
デート商法などが取消対象へ、消費者契約法改正への動き... はじめに 内閣府消費者委員会は4日、消費者の恋愛感情や不安感などにつけ込んで高額商品を購入させるといった契約も取消の対象とする消費者契約法の改正をするべきとの報告書をまとめました。合理的な判断ができない状況下での契約から消費者を保護する必要があるとのことです。今回は現行の消費者契約法とデート商...