仮差押による取引中止で最高裁が損害賠償否定

はじめに

 売掛金債権に仮差押えされたことにより百貨店との取引が中止されたとして債権者に損害賠償を求めていた訴訟で7日、最高裁は請求を棄却しました。仮差押えと損害との因果関係を否定したものとされます。今回は民事保全法の仮差押えについて見ていきます。

事案の概要

 日経新聞電子版によりますと、大阪府内の印刷会社が卸売業者に商品を納入したところ、発注通りに仕上がっていないとして代金の支払いを拒まれ、代金の支払いを求め大阪地裁に提訴していました。原告の印刷会社は卸売業者が取引先百貨店に対して有していた売掛金債権を仮差押えし卸売業者側の異議により取り消されたものの、百貨店は卸売業者との取引を中止したとされます。卸売業者側はこの仮差押えによって信用が傷つけられ取引が中止されたとして逆に印刷会社を相手取り逸失利益の賠償を求めて提訴しました。

民事保全手続きについて

 金銭の支払いや不動産の明渡しなどを求め提訴しても判決が出るまでには相当の時間を要します。場合によっては年単位の時間がかかり、その間に相手方は債権や不動産などを処分してしまい判決が出た頃には目的を達成できないといった事態も考えられます。そこで判決が出るまでに「仮」に行っておくのが民事保全手続きです。民事保全には金銭債権を保全するための仮差押え、不動産などの係争物に関する権利を保全するための仮処分、社員や取締役といった地位に関する仮の地位を定める仮処分の3種類があります。今回は仮差押えについて見ていきます。

仮差押えについて

 金銭の支払いを求める場合、訴訟と同時に、または訴訟に先立って相手方の動産や不動産、債権といった財産に対して仮差押えを行います。不動産の場合は仮差押えの登記が入り、その登記以降に売却などがされても訴訟で勝訴すればそれらは無視して競売手続きを行えます。動産の場合は執行官が占有することになります。債権の場合は第三債務者つまり債務者が預金している銀行などに送達され払い戻しが禁止されます。これにより財産の処分ができなくなり債権者は安心して訴訟を行えるということです。

仮差押えの手続き

 仮差押えはまず訴訟を行っている、またはこれから提訴する裁判所か差し押さえるべき財産の所在地の裁判所に書面で申立てます(民事保全法12条1項)。書面には申立ての趣旨、債権の内容、保全の必要性を記載して、即時に取り調べられる証拠、例えば契約書などを付けます(13条2項)。緊急を要することから証明までは不要となっております。保全命令が発令されますと、当事者双方に保全命令正本が送達され、その正本によって保全の執行を申し立てます(21条)。不動産の場合は裁判所書記官から登記所に仮差押え登記を嘱託してもらえます(47条3項)。

仮差押えされた場合の対応

 それでは逆にこちら側の財産などが仮差押えされた場合はどのように対応できるのでしょうか。まず債務者側の不服申立て手段として保全異議と保全取消があります。保全異議は保全すべき権利・債権は存在しない、あるいは弁済する資力は十分にあるので保全の必要性はないといった理由で行う不服申立てです(26条~36条)。これに対して保全取消は、一旦は保全の必要性等はあったが、その後弁済した、財産状況が改善したといった事情の変更を理由とする不服申立てです(37条~40条)。債権者側が一向に訴訟を提起しない場合や今保全されると重大な損害が生じるといった場合でも行えます。また差し押さえられたその財産の代わりに金銭を供託することによって開放してもらう制度も存在します(開放金制度 22条)。

コメント

 本件で大阪高裁は仮差押えによって取引が中止されたとして因果関係を認めていました。それに対し最高裁は仮差押えによって信用が傷つけられたとしても、それによって損害が生じたとは言えないとして因果関係を否定しました。仮差押えは商取引上の紛争で広く利用されている制度で、これを行ったことによって賠償が認められた場合は債権保全手続きに大きな影響が出かねないと言われており今回の判決は重要な意味があると言えます。以上のように保全手続きは紛争が生じた場合にはまず第一に検討すべき手続きと言えます。しかし一方で本件のように仮差押えによって紛争を抱えていることが第三者にも知られることとなります。仮差押えがされた場合には不服申立てや開放金の供託なども迅速に検討していくことが重要と言えるでしょう。

関連法律タグ:
 
[著者情報] mhayashi

詳細情報はありません。

※記事コンテンツを掲載したい方は、コチラ

このニュースに関連するセミナー

法務ニュース 訴訟・行政 債権回収・与信管理 訴訟対応 民事訴訟法
《名古屋会場》第109回MSサロン
2019年04月03日(水)
19:00 ~ 21:00
2,000円
名古屋市中区丸の内
講師情報
和田 圭介
略歴:
愛知県春日井市出身
愛知県立旭丘高校卒業
2004年 京都大学法学部卒業
2005年 弁護士登録(58期 第二東京弁護士会)
クリフォードチャンス法律事務所外国法共同事業入所
2008年 フランス系ラグジュアリーブランド日本支社(出向)
2010年 アメリカ、Duke University School of Law(法学部)LLM卒業
2010年 クリフォードチャンス香港オフィス(出向)
2011年 日系の大手財閥系総合商社のイギリス子会社の法務部(出向)
2013年 ニューヨーク州弁護士登録
2015年 IBS法律事務所開設(愛知県弁護士会に登録換え)
2017年 オリンピア法律事務所 パートナー
セミナー(60分)の後、交流会(60分)を行います。
今回のセミナー内容は、「基礎からわかる人工知能(AI)に関する法律問題」です。
申込・詳細はコチラ
法務ニュース 訴訟・行政 債権回収・与信管理 訴訟対応 民事訴訟法
《札幌初開催》第111回MSサロン
2019年04月18日(木)
18:30 ~ 20:30
2,000円
札幌市中央区
講師情報
岡崎 拓也
平成13年3月 早稲田大学法学部卒業
平成13年10月 司法試験合格
平成15年10月 弁護士登録(56期/札幌弁護士会)
       田中敏滋法律事務所(現在「札幌英和法律事務所」)
平成23年7月 岡崎拓也法律事務所設立
平成23年9月 社会福祉法人北海道光生会・評議員(現在、評議員のみ現任)
平成25年11月 株式会社ホクリヨウ監査役(現任)
平成27年4月 札幌弁護士会常議員会副議長
平成27年6月 フルテック株式会社監査役
平成28年4月 札幌弁護士会副会長
平成28年6月 フルテック株式会社監査等委員取締役(現任)
セミナー(60分)の後、交流会(60分)を行います。
今回のセミナー内容は、「スタートライン企業法務」です。
申込・詳細はコチラ
法務ニュース 訴訟・行政 債権回収・与信管理 訴訟対応 民事訴訟法
《東京開催》AIによる英文契約翻訳システム T4OO事例セミナー
2019年04月03日(水)
15:45 ~ 17:15
無料
東京都新宿区
講師情報
登島 和弘
サイネオス・ヘルス合同会社
アジア太平洋地域法務責任者

1961年神戸市生まれ
中央大学法学部法律学科卒
立命館大学法務研究科修了
スタンレー電気㈱総務部庶務課法務担当を皮切りに、日本AT&T㈱(米系)契約課長、松下冷機株式会社法務室主事、
セジデム株式会社(仏系)コーポレートサービス部統括部長・法務部長兼任等、を歴任し、現職。
*企業名は当時のまま。
※日本企業・外資系企業双方で通算30年以上の企業法務・国際法務の経験を有する現役の企業法務責任者です。
AIによる英文契約翻訳システム T4OOを導入している企業の法務担当者が講師を務め、実際の活用事例をご紹介いたします。
申込・詳細はコチラ
法務ニュース 訴訟・行政 債権回収・与信管理 訴訟対応 民事訴訟法
《東京開催》少人数法務の為の企業法務研究会
2019年03月27日(水)
19:30 ~ 20:30
無料
東京都渋谷区
講師情報
舩山 達
株式会社フルスピード(東証二部上場)
法務・総務部 部長
慶応義塾大学法学部法律学科卒
大阪市立大学大学院法学研究科法曹養成専攻修了
従業員5人のベンチャー企業に就職。2回の転職を経て現職。
少人数やノウハウの蓄積のないために業務の進め方に不安を持っている法務担当者のための意見交換会です。
今回のテーマは「契約書レビューの手法」です。
詳細はコチラ (申込は、終了しています。)
※セミナー広告を掲載したい方は、コチラ

あわせて抑えておきたい関連記事

武田薬品が2兆円規模の発行検討、「社債」について... はじめに 武田薬品は製薬大手シャイアーの買収に絡み、今年度中にも200億ドル規模の社債を発行することを検討していることがわかりました。国内企業としては最大規模となります。今回は企業の資金調達方法の一つである社債について概観していきたいと思います。 事案の概要 報道などによりますと、武田薬品...
レッスンプロが信販会社を提訴、支払停止の抗弁とは... はじめに スポーツ関連会社「ゴルフスタジアム」から練習用ソフトを購入したレッスンプロ十数人が、代金の立て替え払いをした信販会社に対し、債務の不存在確認を求め東京地裁に提訴していたことがわかりました。信販会社等を間に入れた建て替え払いやローン契約において、売買契約に問題が有った場合、信販会社から...
「民法改正で変わる請負契約」 未完成でも報酬が貰える? 請負契約において、報酬は請負人が注文されたものを完成させた場合に、その対価として支払われる。現行法では、原則として注文されたものを完成させない限り、報酬の支払いを注文者に請求できない。 これに対して改正法は、特定の場合において注文者に利益が生じていたならば、その時点で注文...