東京地裁がロッテ創業者解任を有効と判断、取締役会決議の瑕疵について

はじめに

ロッテグループ創業者の重光武雄氏が取締役会で代表権を剥奪されたことを不服として決議無効確認を求めていた訴訟で東京地裁は13日、決議は有効として棄却していました。取締役会の決議に法令の定める手続違反等がある場合の有効性はどうなるのでしょうか。今回は取締役会決議の瑕疵について見ていきます。

事件の概要

判決文等によりますと、ロッテホールディングス(東京都新宿区)は2015年7月の取締役会で、創業者である代表取締役重光武雄氏(94)を代表権のない取締役名誉会長に任命する旨の決議を行いました。ロッテHDでは近年、経営権を巡り重光氏とその長男に対して副会長と重光氏の次男側が対立しておりました。今回の取締役会では重光氏に対する招集通知は取締役会の前日の深夜にメールで送られており、重光氏は出席できず、発言の機会は得られなかったとしています。重光氏はこのような招集通知は法令の定める適法な招集通知ではないとして、取締役会決議の無効確認を求める訴えを東京地裁に起こしておりました。

取締役会とは

取締役会とは、取締役の全員で構成され(会社法362条1項)業務執行に関する会社の意思決定を行うとともに、各取締役の業務執行を監督する機関を言います(同2項、416条1項)。取締役会では代表取締役の選任・解任だけでなく、株主総会の招集事項の決定や株式の譲渡承認、利益相反取引の承認、重要な財産の処分、多額の借財の決議、支配人等の選任・解任等が行われます。取締役会は特に招集権者を定款や取締役会で定めている場合を除いては各取締役が招集を行うことになります(366条1項)。招集権のない取締役でも目的を示して招集権者に招集を請求することができます(同2項)。招集に際しては取締役会の1週間前までに各取締役に対して通知をしなければなりません(368条1項)。この1週間という期間は定款で短縮することができます(同括弧書き)。なお取締役全員の同意がある場合には招集手続きは省略できます(同2項)。

取締役会決議の瑕疵

取締役会で決議がなされても、その取締役会に法令等によって定められた手続違反があった場合、その決議の効力はどうなるのでしょうか。株主総会の場合、その手続等に瑕疵がある場合は一定の要件のもとに株主総会決議取消の訴え(831条)、決議無効・不存在確認の訴え(830条)を提起することができます。決議に瑕疵がある以上、本来は無効であるはずですが、会社の最高意思決定機関の決議であり、多数の利害関係人が生じることから、法的安定性を確保するために、一定の場合にのみ無効等を主張して争うことができるとしております。これに対して取締役会決議に関しては会社法上の規定は存在しません。したがって決議に瑕疵がある場合は原則として無効となると解されております。株主総会のような制限はなく、訴えの利益がある以上、いつでも誰からでも決議無効確認の訴えを提起できると考えられております。

判例の考え方

一部の名目的取締役に対し招集通知がなされていなかった事例で、最高裁は「名目的取締役に対して通知を要しないと解すべき合理的根拠はない」とし「一部の者に対する招集通知を欠く場合には特段の事情がないかぎり、決議は無効」としています。そして「その取締役が出席してもなお決議の結果に影響がないと認めるべき特段の事情があるときは有効になる」としています(最判昭和44年12月2日)。他の事例では特別利害関係を有する取締役が存在する場合でもその者を控除せずに定足数を算定し、またその定足数は会の最初だけでなく全過程で維持されるべきとしています(最判昭和41年8月26日)。また持ち回り決議の方法でなされた決議は無効としています(最判昭和44年11月27日)。持ち回り決議とは一人が議案を書いた書面に印を押し、他の取締役に順次書面を回していくという方法です。この方法では全員が一堂に会して実質的な議論が行えないということです。

コメント

本件で東京地裁の小野寺裁判長は「重光氏への招集通知は取締役会の前日深夜にメールで送られており、適法な招集手手続ではない」と招集手続きの法令違反を認めました。その上で「他の取締役の意思は固く、重光氏が出席してもなお影響はなかった」として決議自体の有効性を認めました。これは上記最高裁判決の考え方に依拠したものと言えます。なお今回の取締役会で上程された議題は代表取締役解任についてですので重光氏は特別利害関係人に当たり決議には参加できませんが(369条2項)、定足数を算定する上での基礎には算入されることになります。取締役会は経営のトップの集まりとして株主総会よりも機動的な運営が求められますが、手続に不備がある場合は無期限で無効の訴えが提起できるなど、瑕疵の影響は小さくないと言えます。判例上結論に影響を及ぼさなければ無効判断がなされない可能性があるとはいえ、原則的には無効であるということを念頭に、招集手続きや、定足数、特別利害関係人の関与は無いか等に注意して取締役会を運営することが重要と言えるでしょう。

企業法務ナビよりお知らせ
本記事は、約1年1ヶ月前に投稿された記事です。法律を内容とする記事の特性上、その改正や他の特別法の施行、経過措置期間の経過、関連判例の出現などによって内容が古くなり、現在は誤りとなる可能性がありますので、ご注意下さい。
関連業務タグ:
関連法律タグ:
 
[著者情報] mhayashi

詳細情報はありません。

※記事コンテンツを掲載したい方は、コチラ

このニュースに関連するセミナー

法務ニュース 訴訟・行政 商事法務 会社法
第99回MSサロン(名古屋会場)
2018年06月20日(水)
19:00 ~ 21:00
2,000円
名古屋市中区丸の内
講師情報
大久保 裕史
弁護士・NY州弁護士

グローバルに展開する大規模法律事務所であるクリフォードチャンス法律事務所において、国際的な企業法務を取り扱い、国内外の企業に法的助言を行う。その間に、国内大手商社法務部への出向やワシントンD.C.での勤務も経験。現在は、オリンピア法律事務所のパートナーとして、主に中部圏の企業の国際取引・海外進出をサポートしている。

略歴:
早稲田大学法学部・法科大学院卒業、
コロンビア大学ロースクール(LLM)卒業
2009年12月 弁護士登録
2010年1月~2018年4月
クリフォードチャンス法律事務所 外国法共同事業
2012年6月~2014年2月 三井物産株式会社 法務部(出向)
2015年9月~2016年7月
クリフォードチャンス・ワシントンD.C.オフィス(出向)
2016年5月 ニューヨーク州弁護士登録
2018年5月~ オリンピア法律事務所 パートナー
セミナー(60分)の後、交流会(60分)を行います。
今回のセミナー内容は、「秘密保持契約 ~ その作成・交渉の実務及び英文となった場合の留意点」です。
申込・詳細はコチラ
法務ニュース 訴訟・行政 商事法務 会社法
第98回MSサロン(大阪会場)
2018年06月13日(水)
19:00 ~ 21:00
2,000円
大阪府大阪市北区
講師情報
河端 直 根本 俊太郎
■河端 直
経歴
2013年(平成25年)11月
司法研修所入所(67期)
2014年(平成26年)12月
大阪弁護士会に弁護士登録 なにわ共同法律事務所入所

著書
野村剛司編「法人破産申立て実践マニュアル」(青林書院)(共著)
スポーツ問題研究会編「Q&Aスポーツの法律問題」(民事法研究会)(共著)

■根本 俊太郎
経歴
2004年(平成16年)4月
株式会社朝日新聞社入社(記者職)
2016年(平成28年)11月
司法研修所入所(70期)
2017年(平成29年)12月
大阪弁護士会に弁護士登録 なにわ共同法律事務所入所
セミナー(60分)の後、交流会(60分)を行います。
今回のセミナー内容は、「民法改正への対応」です。
申込・詳細はコチラ
法務ニュース 訴訟・行政 商事法務 会社法
【名古屋】システム開発におけるトラブル発生時の対応《ITビジネス法務勉強会:第2回》
2018年07月12日(木)
15:00 ~ 17:00
3,000円(税込)
名古屋市中区丸の内
講師情報
田代 洋介
略歴:
愛知県名古屋市出身
2010年 静岡大学人文学部法学科卒業
2013年 南山大学法科大学院法務研究科修了
2014年 弁護士登録(67期 愛知県弁護士会)
川上・原法律事務所入所
2017年 オリンピア法律事務所 アソシエイト
ITに関する法律を学び、ビジネスに活かしていただくためのITビジネス法務セミナーです。第2回目のテーマはシステム開発におけるトラブル発生時の対応です。
申込・詳細はコチラ
法務ニュース 訴訟・行政 商事法務 会社法
【名古屋】準拠法条項/裁判・仲裁条項《法務担当者のための英文契約セミナー:第2回》
2018年05月30日(水)
15:00 ~ 17:00
8,000円(税込)
名古屋市中区丸の内
講師情報
和田 圭介
略歴:
愛知県春日井市出身
愛知県立旭丘高校卒業
2004年 京都大学法学部卒業
2005年 弁護士登録(58期 第二東京弁護士会)
クリフォードチャンス法律事務所外国法共同事業入所
2008年 フランス系ラグジュアリーブランド日本支社(出向)
2010年 アメリカ、Duke University School of Law(法学部)LLM卒業
2010年 クリフォードチャンス香港オフィス(出向)
2011年 日系の大手財閥系総合商社のイギリス子会社の法務部(出向)
2013年 ニューヨーク州弁護士登録
2015年 IBS法律事務所開設(愛知県弁護士会に登録換え)
2017年 オリンピア法律事務所 パートナー
英文契約をこれから担当・現在担当している法務担当者の方などを対象としたセミナーです。第2回目のセミナー内容は準拠法条項/裁判・仲裁条項です。
申込・詳細はコチラ
法務ニュース 訴訟・行政 商事法務 会社法
【名古屋】国際取引契約(英文契約)審査の基礎《法務担当者のための各分野の重要法務セミナー:第2回》
2018年05月29日(火)
15:00 ~ 17:00
8,000円(税込)
名古屋市中区丸の内
講師情報
大久保 裕史
弁護士・NY州弁護士

グローバルに展開する大規模法律事務所であるクリフォードチャンス法律事務所において、国際的な企業法務を取り扱い、国内外の企業に法的助言を行う。その間に、国内大手商社法務部への出向やワシントンD.C.での勤務も経験。現在は、オリンピア法律事務所のパートナーとして、主に中部圏の企業の国際取引・海外進出をサポートしている。

略歴:
早稲田大学法学部・法科大学院卒業、
コロンビア大学ロースクール(LLM)卒業
2009年12月 弁護士登録
2010年1月~2018年4月
クリフォードチャンス法律事務所 外国法共同事業
2012年6月~2014年2月 三井物産株式会社 法務部(出向)
2015年9月~2016年7月
クリフォードチャンス・ワシントンD.C.オフィス(出向)
2016年5月 ニューヨーク州弁護士登録
2018年5月~ オリンピア法律事務所 パートナー
各弁護士が日常の実務経験の中でご質問を受けることの多いトピックについてのセミナーです。今回のセミナー内容は国際取引契約(英文契約)審査の基礎です。
申込・詳細はコチラ
法務ニュース 訴訟・行政 商事法務 会社法
【名古屋】債権保全・回収《初めての法務部から不祥事対応まで 基礎セミナー:第3回》
2018年06月06日(水)
14:00 ~ 17:00
10,000円(税込)
名古屋市中区丸の内
講師情報
川上 敦子 石井 大輔
■川上 敦子
略歴:
大阪教育大学附属高等学校卒業
1980年 京都大学法学部卒業
1982年 弁護士登録(34期 愛知県弁護士会)
青山法律事務所入所
1988年 川上法律事務所パートナー
2010年 川上・原法律事務所に名称変更
2017年 オリンピア法律事務所 パートナー

■石井 大輔
略歴:
静岡県三島市出身
静岡県立沼津東高校普通科卒業
2011年 同志社大学法学部法律学科早期卒業
2014年 名古屋大学法科大学院未修コース修了
2015年 弁護士登録(68期愛知県弁護士会)
川上・原法律事務所入所
2017年 オリンピア法律事務所 アソシエイト
新規配属法務担当者の方・実務対応はしているものの不安がある法務担当者の方などを対象としたセミナーです。第3回目のテーマは債権保全・回収です。
申込・詳細はコチラ
※セミナー広告を掲載したい方は、コチラ

あわせて抑えておきたい関連記事

悪質な自転車運転者に対し講習受講を義務化へ... 昨今の自転車通勤ブームと自転車事故の現状 昨今の健康思考の高まりや、CO2排出量削減等のエコ活動推進を意識して、これまでの電車・自動車通勤から、自転車通勤に切り替えるビジネスパーソンが増えているようです。名古屋市役所では自動車通勤の場合は1000円の手当のところ、自転車通勤者には4000円を支給す...
金融庁が証券会社12社に対して情報管理体制の点検を命令... 概要 大手証券会社の営業職の従業員が、機関投資家への営業の手段として、投資部門等から得た他企業の増資に関するインサイダー情報を漏らしていた問題について、金融庁は、証券会社12社に対して情報管理体制の点検を命じた。 各証券会社は、上場企業の公募増資(新株の発行等)の実務を行う投資部門と、株式等を...
職歴情報売買で逮捕 【ハローワーク横浜】... 【お詫び】この度、ニュース内の使用画像において、他の企業様が所有される画像を無断で利用し、関係者の方に多大な迷惑をかける結果となりました。大変申し訳ございませんでした。該当画像を削除させていただきました。 事案の概要  ハローワーク横浜の職員が、雇用保険の被保険者の職歴情報を外部に漏らし、情報提...